Android Weekly Topics

2013年11月第3週 Android 4.4 "KitKat"配信スタート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Android 4.4 "KitKat"の配信が開始しました

11月13日から,Nexus 10とNexus 7向けにAndroid 4.4 "KitKat"の配信がはじまりました。

Nexus 7は,2013年モデルはもちろんのこと,2012年モデルも対象に入っています。いずれも,Wi-Fiモデルが対象で,SIMフリーモデルは,後日,アップデートを実施する(スケジュールは未発表)とアナウンスされています。

早速,筆者も2013年モデルのNexus 7を,Android 4.4 "KitKat"にアップデートして,新しいOSを堪能しています。

ARTを試すことができるのは,Nexus 5とNexus 7(2013)のみ

前回Android 4.4 "KitKat"には,Dalvikに変わるアプリ実行環境としてARTが試験的に搭載されており,これに切り替えることができるとご紹介しました。

これは,Android 4.4 "KitKat"にアップデートしたすべての端末で試すことができるワケではなく,Nexus 10と2012年モデルのNexus 7は,ARTに切り替えられず,新しいアプリ実行環境を試せません。

ARTは,CPUのアーキテクチャが関係しますが,対象外のNexus 10と2012年モデルのNexus 7は,ARMv7-Aアーキテクチャです。対象となったNexus 7(2013)は,同じアーキテクチャなので,CPUアーキテクチャーの違いが理由ではないようです。試験的な実装のために,2013年に発売された端末のみを対象としたということかもしれません。

ARTへの切り替えは,⁠設定][開発者向けオプション]にある,⁠ランタイムを選択]「ART」を選択します。開発者向けオプションが見当たらない場合は,⁠設定][タブレット情報]にある「ビルド番号」を,7回タップしてください。

ARTのパフォーマンスは?

さて,気になるARTのパフォーマンスです。

ARTは,実験的な実装とされているので,ベンチマークを取るのは不公平かもしれませんが,AnTuTu BenchmarkとQuadrant StandardをDalvikとARTで実行した結果をご紹介します。

 AnTuTu Benchmark

20452Dalvik
20783ART

AnTuTu Benchmark on Dalvik

AnTuTu Benchmark on Dalvik

AnTuTu Benchmark on ART

AnTuTu Benchmark on ART

 Quadrant Standard

5410Dalvik
8024ART

Quadrant Standard on Dalvik

Quadrant Standard on Dalvik

Quadrant Standard on ART

Quadrant Standard on ART

Quadrant Standardのスコアは,大きな差が出ています。かたやAnTuTu Benchmarkのスコアは,誤差と言っても良いほどの結果です。

DalvikとARTでは,Javaで書かれたコードの実行方法が違うために,処理速度に違いがでるワケですが,AnTuTu Benchmarkの計測処理部は,ネイティブコードで書かれているため,実行速度に差が出なかったのかもしれません。

Quadrant Standardは,大きな違いがあり,トータルスコアは1.48倍の差が出ています。CPU,Mem,I/O,2D,3Dの計測項目のうち,CPUのスコア差が大きく,Dalvikが14001なのに対して,ARTは,27587となっており,1.97倍,およそ二倍の差があります。Quadrant Standardの計測処理部は,Javaで書かれているのか,ARTの効果がわかりやすくでる結果です。CPU以外のスコアは,誤差程度の違いです。

ARTは,素晴らしい結果を残していますが,筆者が試している限りでは,Quadrant Standardを実行すると,初回の起動では固まってしまい,ベンチマークが終了しないトラブルに遭遇しました。まだ,安定性に関しては,まだ改善の余地を残しているのかもしれません。

2014モデルのNexus 7もASUSが製造する?

最後は,2014年モデルのNexus 7もASUSが製造するかもしれないという話題です。

この話題が出たのは,11月13日に開かれたASUSの2013年Q3決算説明会の中で,同社のCEOであるJerry Shen氏が「Googleとの協議を続けている」と発言したことが発端となっています。

そつがない端末をAUSUが製造することは,過去二作で十分証明しています。

2014年モデルのNexus 7の製造も担当することになれば,同じフォームファクタの端末を3回続けて製造することになり,成熟の極み,集大成の端末となるはずです。期待のかかるモデルになることは間違いありませんが,筆者は,軽さと・薄さに,さらなる磨きがかかることを期待しているのですが,皆さんはいかがでしょうか?

2013年モデルが,7月末に発売されたので,2014年モデルも同じ頃になるのでしょうか?楽しみです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入