Android Weekly Topics

2014年6月第2週 Chromecastの実力はいかに?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ようやく登場した「Chromecast」

米国で発売されていたChromecastが,日本でも5月28日から発売になりました。

登場までに,10ヵ月程度の時間がかかりましたが,この間にChromecastは,何度かアップデートが行われ,対応アプリも増えました。日本のユーザは,待ったぶんだけ,⁠使える」製品が手にできたとも言えます。

Chromecastの販売価格は,4,600円前後です。

米国では,$35とセンセーショナルな価格で販売されたので,国内の販売価格には落胆した方もいるかもしれません。期間は限られますが,Google Playで使える600円のクーポンをGoogleが配布しているので,これを入手すれば,実質4,000円で手にできます。$35には,およびませんが,納得ではないでしょうか。

Chromecastは,スマホやPCと組み合わせて使う製品です。

これ単体で見ると素材に過ぎず,デベロッパたちが力添えをする必要があります。これゆえに,誤解しやくすく,とっかかりの悪い製品と一蹴することもできますが,アイデア次第では,世界が驚くようなアプリを世に送り出すことができる可能性を持っています。Apple TVと比較されることもありますが,これとは性格の異なる製品です。Chromecastは,Googleのカラーがよく出た製品と言えます。

PCで使うにはGoogle Chromeが必要

ChromecastをPCとの組み合わせで使う場合は,Google Chromeが必須で,これに機能拡張「Google Cast」をインストールします。

Google Castは,Google Chromeで開いているタブのどれかをテレビに映し出すか,PCの画面全体をテレビに映し出せます。後者は,テスト的に実装されている機能です。使ってみると,カーソルを動かして,テレビのカーソルが動きだすまで,若干のタイムラグがありますが,HDMI端子のあるモニタがあれば,PCの画面を簡単に映し出すことができるので,これだけでも十分価値があるという方もいるはずです。

Androidで使うには対応アプリ次第

Androidとの組み合わせで使うには,対応アプリが必要で「YouTube」「dビデオ」などが登場しています。動画をテレビに映し出すアプリ以外では,写真をテレビに映し出す「Dayframe」もPlayストアで公開されています。

アプリ次第で,Chromecastの可能性がぐっと広がります。その重要な役割を持つアプリが探せる「CastStore for Chromecast」が公開されています。Playストアで探すよりも使いやすいので,Chromecastをお持ちの方は使ってみてはいかがでしょうか。

さて,Android 4.4.1では,画面のキャスト機能が追加されました。

これは,Miracastを使った画面キャストでした。うまく動作しないとも報告もありますが,最近公開されたAndroid 4.4.3では,Chromecastが接続先として表示されるようです。いずれは,Chromecastを使って,Androidの画面をテレビに映し出せるようになるはずです。

HPからAndroidノートが登場

ノートPCタイプのAndroidは,でると言われ続けていて登場していませんでしたが,HPから14インチのディスプレイを持つ『HP SlateBook』が発売になりました。価格は$429で,米国での発売です。

HP SlateBook

HP SlateBook

HP SlateBookの仕様を簡単にご紹介しておきます。

14インチ1920×1080ドット液晶(10点タッチ)⁠Nvidia Tegra 4 プロセッサ(4コア1.8GHz)⁠2GB RAM,16/32/64GB 内蔵ストレージ,802.11b/g/n WiFi,Bluetoothとなっています。本体サイズは,約34.4×24×1.6cm,約1.69kg。バッテリ駆動時間は,最大9時間。搭載OSは,Android 4.3でGoogle Playにも対応しています。

14インチと大きな画面を持つ以外は,不満なく使えるスペックを持つAndroid端末です。ディスプレイとキーボードが分離するタブレットタイプは,数多くありますが,ノートPCタイプは意外に少なく,メジャーブランドでは,HPのSlateBookがはじめてのはずです。

SlateBookは,Chromebookが競合製品となるはずです。

Google同士の製品で競合するのは,皮肉なものですが,Androidは多くのアプリがリリースされているのでライトに使いたい層には,よい選択になる可能性があります。個人的には,12インチくらいのサイズであれば,一台欲しいと思うのですが,皆さんはいかがでしょうか。

今週は,このあたりで。また,来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入