Android Weekly Topics

2014年7月第3週 Android Wearが出荷開始,しかし,トラブルもアリ!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Android Wearが出荷開始になりました

Googleのスマートウォッチ「Android Wear」が発売になりました。

発売されたのは2つで,LG G Watchが7月4日に出荷,Samsung Gear Liveが2日後の7月7日に出荷されました。私は,6月28日にLG G Watchを注文しており,7月4日に香港から出荷され,7月7日に受け取りました。

ともに,Google Playストアから購入でき,原稿執筆時点(7月12日)では,在庫ありで,1から2営業日以内で出荷となっています。

今回登場した,LG G WatchとSamsung Gear Liveは,似たハードウェアスペックで,違いが分かりづらいので以下にスペックを列挙しておきます。

 LG G Watch

サイズ37.9×46.5×9.95mm
重さ63g
画面サイズ1.65インチ,280×280(240dpi)
バッテリ400mAh
その他バンドが22mmで交換できる
価格22,900円

 Samsung Gear Live

サイズ37.9×56.4×8.9mm
重さ59g
画面サイズ1.63インチ,320×320(278dpi)
バッテリ300mAh
その他心拍数モニタあり
価格22,000円

大きな違いではありませんが,バッテリ容量がG Watchが400mAhで,Gear Liveよりも100mAh多くなっています。G Watchは,前日に充電しておけば,1日は余裕で使えるので,Gear Liveは若干下回る程度で使えるはずです。

他,画面解像度が異なり,G Watchが280x280,Gear Liveは320x320となっています。Gear Liveのほうが,ひとまわり解像度が高くなっていますが,大差はない言っても良いはずです。

G WatchでGMailの通知を受けた様子

G WatchでGMailの通知を受けた様子

Android Wearで有償アプリが使えないトラブル発生

無難な滑り出しに見えるAndroid Wearですが,有償アプリが使えないトラブルがAndroid Policeによって報告されました。トラブルの内容は,Android Wearに対応した有償アプリをインストールしても,Android Wear側にアプリがインストールされないというものです。

具体的には,Android Wear用のアプリを,スマホアプリ内のassetディレクトリに配置すると,Playストアの転送ロックメカニズムがこのディレクトリが読み込めないために,有償アプリをインストールできないトラブルが発生します。

7月8日に,Android Developers Blogに対策方法が公開されています。

その方法として,res/rawディレクトリにAndroid Wear用アプリを配置することを推奨しています。よくある出始めの不具合とも言え,Androidアプリを開発するデベロッパであれば,この程度では動じないはずです。

Playストアには,Android Wearの有償アプリを見かけます。

これらのアプリが,先の対策を行っているのか分かりません。開発者が対策をうたっていればよいのですが,ないときは,アプリの更新日が7月8日以降であるかが,ひとつの指標になるはずです。また,Android Wear対応の有償アプリを検討している方は,Android Developers Blogをチェックしておいた方が良いでしょう。

対応したアプリが検索できる「Wear Store」

最後は軽めです。Android Wearに対応したアプリを探し出せるアプリ「Wear Store」が公開されています。Playストアでは,Android Wearに対応したアプリが見つけづらいので,Android Wearを購入した方は,使ってみてはいかがでしょうか。

今週は,このあたりで。また,来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入