Android Weekly Topics

2016年8月第1週 Cyanogenがリストラに関して声明を発表,CyanogenMod開発はどうなる?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Cyanogenがリストラに関して声明を発表

先週のニュースで,Cyanogen, Inc.が大規模なリストラを実施中とお伝えしました。

この報道に対してCyanogen, inc.のCTOでありCyanogenModの生みの親でもあるSteve Kondik氏がCyanogenModのブログで声明を公開しました。

リストラに関しては,公開されたエントリでは触れていませんが,憶測として書かれたCyanogenModの開発中止や縮小はいっさいなく,引き続き開発を続けるとしています。また,アプリ開発へ事業をシフトするのではないかとも書かれましたが,こうした事実はないと明言し,引き続きCyanogenModの開発を続けて,パートナーシップも積極的に進めると書かれています。

CyanogenModは,オープンソースで開発が進められているので,突然,開発がストップすることはないと考えられますが,今回の声明によりCyanogen, Inc.がCyanogenModの開発を続けていくことが確認されました。

CyanogenModとは?

せっかくなので,CyanogenModがどういったものかをご紹介しておきます。

CyanogenModは,Cyanogen,Inc.が開発するAndroidのカスタムROMです。

これの生みの親はSteve Kondik氏で,Samsung Mobileにソフトウェアエンジニアとして働いているころ,自身のサイドプロジェクトして開発を進めていました。同氏は,Samsung MobileでGALAXY S4の開発に関わるなどして活躍していたようですが,2年足らずで退社して,Cyanogen, Inc.を立ち上げて,現在はCTOの役職に就いています。

初期のCyanogenMod

初期のCyanogenModは,標準のAndroidに満足できないユーザやメーカサポートが切れた端末で最新のAndroidを動かしたいユーザたちが好んでインストールしていました。パワーユーザが中心だったこともあり,ある程度のスキルを持ったユーザでないと自身が持つ端末に導入できないような状況でした。

また,当時のCyanogenModは,ユーザの利益のためと考えて,フリーディストリビューションに含まれていないGmail,Google Maps,YouTubeなどのGoogle AppsをCyanogenModに含めて配布していました。これをライセンス違反としてGoogleからCyanogenModの配布停止命令を受けたこともあり,ユーザからは敵対するような動きもありましたが,Googleとの話し合いによりGoogle Appsを外してCyanogenModの配布を再開するなどの騒ぎもありました。

Cyanogen, Incの設立

2012年12月には,ベンチャーキャピタルから700万USドルの出資を受けて「Cyanogen, Inc.」が設立されました。会社組織となってからは,CyanongenModをベースに独自アプリやテーマを追加した「Cyanogen OS」がWileyfoxやZUK, YUなど特定の端末に組み込まれて販売されており,技術的な知識がないユーザでも端末を購入すればすぐに使える状況が整っています。

CyanogenModは,中国のAppleと呼ばれたXiaomiのMIUIもベースにしていたり,OPPO N1やOnePlus Oneに組み込まれて販売されていたこともありました。OPPO N1は,通常にColor OSに変えてCyanogenModを組み込んで「OPPO N1 CyanognenMod Edition」として公式通販サイトから販売していました。OnePlusの方は,CyanogenがインドのMicromaxと提携してインド進出を阻まれる形になったために,OnePlus 2からはCyanogenModの組み込みを取りやめて,独自にAndroidをカスタマイズしたOxygen OSを自社の製品に組み込んでグローバル展開を進めています。このように,Cyanogenを巡った悲喜こもごももありました。

現在のCyanogenMod

Cyanogen, Inc.の設立当初は,CyanogenModをAndroid端末に簡単に導入することを目的としていました。しかし,現在は特定メーカにCyanogen OSを提供したり,Microsoftと提携してCortanaをCyanogen OSに組み込むなど,AndroidのカスタムROMメーカの枠をこえた仕事をしています。

Firefox OSなきあとWindows 10 Mobileがその座に着くと思われた第3のOSですが,これはCyanogen OSであると言っても良いのかもしれません。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入