新春特別企画

2011年のOpenOffice.org/LibreOffice

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

激動の2010年

OpenOffice.orgにとって2010年は,激動の年でした。

1999年,ドイツのオフィススイート・メーカーであるStarDivisionがSun Microsystemsに買収され,当時販売していたStarOffice 5.2を無償ダウンロードできるようにしました。2000年10月13日,StarOfficeのソースコードを公開し,これがOpenOffice.orgになりました。すなわち,2010年はOpenOffice.orgが誕生して10周年でした。

OpenOffice.org 1.0がリリースされたのは2002年5月であり,これを元にStarSuite 6.0(StarOfficeは日本ではNECの登録商標であり,日中韓ではStarSuite)が発売されました。

以後ライセンスや標準ファイルフォーマットの変更などさまざまな変化がありましたが,順調にバージョンアップを重ね,ユーザを増やしていきました。しかし2009年4月20日,OracleによるSun Microsystemsの買収が発表されたことが,一番大きな変化といっていいでしょう。2010年1月27日に買収が完了し,OpenOffice.orgはOracleのプロダクトとなりました。これにあたってOracleはOverview and Frequently Asked Questionsというドキュメントを公開し,OpenOffice.orgの継続と発展を約束しました。StarOffice/StarSuiteはOracle Open Officeという名前になって販売が継続されています(ただし,日本では現在のところStarSuiteのまま販売されており,Oracle Open Officeにするためには無償のアップデートが必要)⁠

そして突如9月28日に,The Document Foundationの創設とOpenOffice.orgからフォークしたLibreOffice開発開始が宣言されました。主要メンバーはOpenOffice.orgのコミュニティメンバーや開発者やNovellなどの企業で,CanonicalやFree Software Foundationをはじめ多くの企業やコミュニティに賛同を得ました。OracleにこのFoundationへの参加を促し,OpenOffice.orgという商標を寄贈するように求めましたがOracleはこれを拒否しThe Document Fondationが独立して開発していく旨の発表を行いました

以前よりNovellはGo-OOというOpenOffice.orgのパッチ集を開発しており,これをOpenSUSEやDebian/Ubuntuなど多くのLinuxディストリビューションで適用していました。また,Windows版を「OpenOffice.org Novell Edition」としてサポート付きで販売しています。LibreOfficeは,OpenOffice.orgとこのパッチ集をベースとして,開発が始まりました。

2010年12月下旬執筆時点において,OpenOffice.org 3.3とLibreOffice 3.3のリリースに向けてRelease Candicateの開発が進行中です。年内あるいは年明け早々にはリリースされるのではないでしょうか。一方,Oracle Open Office 3.3は12月15日にリリースされました。同時にOracle Cloud OfficeというGoogleドキュメントやMicrosoftのOffice Web AppsのようなWebブラウザで各ドキュメントを編集するWebアプリケーションもリリースされましたが,無償で使えるものではないので,目にする機会はあまり多くなさそうです。

OpenOffice.orgとLibreOfficeの2011年

これまで述べてきたとおり,OpenOffice.orgとLibreOfficeをめぐる状況はめまぐるしく変わっているので,2011年の予測をする,というのはとても困難です。

まずOpenOffice.orgから離脱した開発者を含むコミュニティメンバーが多数おり,開発に支障をきたすような事態が起きているのか,という疑問があります。現にOpenOffice.org 3.3はRC8まで進むということがありました。OpenOffice.orgは,RC(リリース候補)1を出し,リリースの妨げとなる重大な不具合(RC Bugといい,主としてクラッシュバグ)があるかどうかをテストします。もし見つかった場合はすべてのRC Bugを修正後にRC2を出し,またテストする……ということを繰り返し,これ以上RC Bugが見つからない場合にそのRCをリリース版とする,という工程を経てリリースされています。これが8まで行くというのは前代未聞ですが,現状ではOracle Open Officeのリリースと同期していないので急ぐ理由がなく,クオリティの向上を図っている,と考えるのが妥当かと思います。リソースの分散によるデメリットはないとは言いませんが,少なくとも短期的は今後も安定してリリースされ,安心して使うことができると考えて差し支えないでしょう。なお,現状3.4まではリリースが予定されています。

LibreOfficeの開発予定については,具体的なロードマップは今のところなさそうです。前出のTDF offers preview of future product and technology developmentsではコードのクリーンアップとリライトを行うことが示されていますし,Ixionという名前のCalcの新しいエンジンを搭載することも示唆されています。Development/Crazy Ideasは規模の大きなものから小さなものまで言及されており,また実現性を疑問視せざるを得ないものもあり,どう判断していいものかわかりません。

ただ1ついえるのは,コードのクリーンアップは確実に進んでいますし,今後も継続するでしょう。端的な例として,OpenOffice.orgには未だにMac OS 9でビルドするためのコードが残っていたりします。これは2000年の段階ですでに使いようのないものですが,未だに残っています。一方,LibreOfficeではすでに削除されています。クリーンアップすればするほど見通しのいいソースコードになり,新しい参加者の状況把握が簡単になるのは論を俟ちません。これはOpenOffice.orgとLibreOfficeの違いの象徴といえるかもしれません。

OpenOffice.orgとLibreOffice,どっちを選ぶ?

まず大前提ですが,現段階でOpenOffice.orgを使用している場合,このまま継続して使用するのがいいでしょう。すなわち,現在OpenOffice.org 3.2.1を使用している場合,OpenOffice.org 3.3がリリースされたら,そちらを利用するのがいいのではないかということです。OpenOffice.orgとLibreOfficeが3.3のうちは機能的には大きな違いはありませんし,LibreOfficeはリリース体制も万全とは言えません。こればかりは経験がものをいうところです。もちろん,新しいものに興味があるとか,業務で使用しない場合は,是非ともLibreOfficeを試してみてください。当然両者は同じ環境にインストールできます。

3.3のマイナーバージョンアップがあったとしても,少なくとも2011年の間は,一方的にどちらを選択するべきかを断定することはできないので,自分の意志で選択する必要がありそうです。ただしLinuxディストリビューションに搭載されるのは,今後LibreOfficeになっていく予定です。Red Hat,OpenSUSE,Ubuntu,DebianがLibreOfficeを選択するのであれば,ほかのLinuxディストリビューションも追随すると考えるのが自然であり,OpenOffice.orgを選択する必然性がありません。

Windowsなどほかのプラットフォームでは,自分がよく使う機能をピックアップし,OpenOffice.orgとLibreOfficeで実際に動作させてみて,より意図したとおりに動く方を選択するのもひとつの手です。例えばVBAの互換性は(Novellの貢献により)LibreOfficeのほうが高かったりなど,得手不得手があります。

2011年中は難しいでしょうが,いずれは落ち着くところに落ち着く,と筆者は考えています。もちろん,それがどこでなのか,という問題はありますが。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOfficeにも若干関わっている。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入