新春特別企画

新年だから試してみよう! Windows 8でクラウド活用(中編)――クラウドストレージ「SkyDrive」活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新春クイズ その2

今回紹介するクラウドストレージのSkyDriveにWebブラウザーからアップロード可能なファイルのサイズは300MBまで……と,ヘルプ センターに書いてあります。では,300MBぴったり+1byteのファイルはアップロードできる? できない?

画像

答えは最後です!

クラウドストレージ「SkyDrive」

今日と明日は,エンドユーザー向けのクラウドストレージ サービスSkyDriveを中心に紹介します。SkyDriveは,以前からあるサービスですが,Windows 8時代では,これまでよりも重要な役割を担うサービスです。

SkyDriveは,https://skydrive.comのWebサービスを中心とし,各デバイスやプラットフォーム向けにSkyDriveアプリが提供されています。今日はSkyDriveのWebサービスを中心にみて,明日はWindows 8アプリをみてみましょう。

図1 SkyDrive.com

図1 SkyDrive.com

SkyDrive.comは,タッチでも操作しやすいWindows 8ライクなデザインに昨年から変わっています。

Windows 8では,Microsoftアカウント(旧Windows Live ID)でWindowsにログオンできるようになりました。これを利用していると,SkyDriveにサインイン操作不要ですばやくアクセスでき(シングル サインオン機能)⁠便利に使えます。

さて,SkyDriveを次の項目にわけて紹介します。

  • ストレージとWebアプリ
  • デバイス間の同期
  • ファイルの共有

それでは,順にみていきましょう!

ストレージの機能

容量

SkyDriveの容量は,7GBまで無償で使え,容量の追加購入もできます。現在の容量のプランは,20GB・50GB・100GBの追加で,年間800円・2000円・4000円です。使用している容量は,容量の管理からわかります。

図2 容量の管理

図2 容量の管理

最大でも100GBの追加のため,RAW画像の保管などには向いていません。プレゼン資料などの文書や,友人間で共有する写真のストレージといった目的で使うのが良さそうです。

2012年4月以前は無償で25GBまで利用できました。対象ユーザーのみ現在も25GBまで無償で使えます。

ファイル操作

フォルダー・ファイルの作成やコピー,ファイルのアップロードやダウンロードなど一連のファイル操作がWebブラウザーからできます。

Webブラウザーと思って操作すると気付きづらいかもしれませんが,コンテキストメニューや,ドラッグ&ドロップによるフォルダーやファイルの移動,Webブラウザーへのファイルのドロップでアップロードといったこともできます。

図3 コンテキストメニュー

図3 コンテキストメニュー

また,ごみ箱もあるので,誤って削除した場合も元に戻せます。

グループとアカウントのリンク

ここで簡単な容量アップを紹介しておきます。⁠グループ」機能を使えば,別途グループ用のストレージ1GB分が使えます。

図4 グループの作成

図4 グループの作成

また,複数のMicrosoftアカウントを所有していれば,アカウントごとにSkyDriveが使えます。Microsoftアカウントの設定でアカウントをリンクしていれば,アカウントの切り替えも簡単です。

図5 アカウントの切り替え

図5 アカウントの切り替え

Microsoftアカウント設定の「アクセス許可」⁠-リンクアカウントの管理から。

ただし,これらの方法は,WebブラウザーでSkyDriveにアクセスする場合に有用です。この後に紹介するSkyDriveアプリの同期では,グループや複数アカウントに対応していません。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入