新春特別企画

新年だから試してみよう! Windows 8でクラウド活用(後編)――Windowsストア アプリ「SkyDrive」と「フォト」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

新春クイズ その3

SkyDriveは無償で7GB使えます……と,昨日の回で紹介しました。追加容量なしでストレージの容量が7GBの場合,7GBの上限を1byteを超えてもファイルを保存できない? 保存できる?

画像

答えは最後です!

Windowsストア アプリ

今日は,Windowsストア アプリでクラウド活用ということで,SkyDriveアプリとフォトアプリです。ふたつともWindows 8にプリインストールされています。

図1 SkyDriveアプリ

図1 SkyDriveアプリ

図2 フォトアプリ

図2 フォトアプリ

Windowsストア アプリは,Windows 8からの新しい種類のアプリです。これまでのアプリと同じくマウスやキーボードで操作できますが,タッチ操作がひとつの特徴です。また,タブレット端末の利用が想定された仕組みになっています。タブレット時代のこれから活躍の場面が増えてくるでしょう。

Windowsストア アプリは,アプリ間の連携の機能や,検索や設定の呼び出しなど共通のインターフェースが用意されていることも重要な特徴です。このポイントをチェックしつつSkyDriveアプリを中心にみていきましょう。

SkyDriveアプリ

最初は,Windowsストア アプリのSkyDriveアプリです。MicrosoftアカウントでWindowsにログオンしている場合,サインイン操作することなくSkyDriveのフォルダー・ファイルにアクセスできます。

実はSkyDriveアプリ単体ではできることは少なく,ファイルのダウンロードやアップロードなどの基本的な操作が,主な機能という感じです。

SkyDriveアプリと連携

Windowsストア アプリのSkyDriveアプリの本領は,アプリ間の連携と言えるかもしれません。SkyDriveアプリをインストールしているだけで,ほかのアプリからSkyDriveのクラウドストレージを活用できるようになります。

SkyDriveアプリは,Windowsストア アプリならではの機能がたくさん実装されていていますので,順にチェックしていきましょう。

SkyDriveから共有・SkyDriveへ共有

ひとつめは,共有機能です。Windowsストア アプリで何かしらの共有操作を行う場合,共有チャームを使います。

SkyDriveの写真を共有してみましょう。チャームを表示して「共有」をタップします。すると,写真を共有できるアプリ一覧が表示されます。ここでPeopleを選択すると,Facebookに投稿などもできるというわけです。

図3 共有先のアプリを選択

図3 共有先のアプリを選択

チャームは画面右から出現するメニューのこと。タッチ操作の場合は,画面右端から左へスワイプ。キー操作の場合,Windows+Cキー。

SkyDriveへ共有する方法も確認します。写真などを扱うアプリで共有チャームを見て,SkyDriveが一覧に現れるアプリを探してみてください。Bingアプリもそのひとつです。SkyDriveを選択すると次のように,SkyDriveへアップロードできます。

図4 共有チャームの表示

図4 共有チャームの表示

図5 SkyDriveへ共有

図5 SkyDriveへ共有

アプリ コントラクトと共有コントラクト

少し開発の話です。この共有は,SkyDriveアプリとその他のアプリの双方が,共有機能を実装している必要があります。Windowsストア アプリの対話的な操作を実現するため,アプリに要件を定義するコントラクトという仕組みがあります。今回の場合は,何かしらのコンテンツを共有するための共有コントラクトをアプリが利用している必要があります。

共有コントラクトによる対話は,コンテンツを送り側と受ける側で異なる実装が必要なのはもちろん,コンテンツのデータ形式によって実装方法も変わります。

コンテンツのデータ形式は,リンク(URL)やファイル,画像データ(ビットマップ)などがあります。アプリ間で対応しているデータ形式が異なると共有できません。そのため,ユーザー視点では写真を共有するという同じような動作でも,アプリの組み合わせによって共有できたり・共有できなかったりします。

コントラクトについては,アプリ コントラクトと拡張機能 (Windows ストア アプリ) (Windows)も参照してみてください。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入