新春特別企画

LibreOffice/Apache OpenOfficeの2014年の推移と2015年の展望

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。こうして5年連続でLibreOfficeとOpenOffice.org/Apache OpenOfficeの記事をお届けすることができました。最初の頃はApache OpenOfficeが存在しなかったことを考えても,5年という歳月の長さを感じます。

昨年のLibreOfficeとApache OpenOfficeを一言で表現するのであれば,開発状況に決定的な差が現れた,となります。では,具体的に見ていきましょう。

注意
本稿で記述している日付はJSTであったりUTCであったり,はたまたほかのタイムゾーンであったりするため,最大で1日程度の差があることをご了承ください。また,多数リンクがありますが,中にはご覧になっている時点でリンク切れのものもあるかもしれません。あらかじめご了承ください。そのほか,行き交うメールの量が膨大すぎて全部に目を通せないため,見落としているものもあるかもしれません。何かお気づきの点があればコメントいただけますと幸いです。

2014年のLibreOffice

まずはLibreOfficeから見ていきます。

リリース状況

予定どおりであったりなかったりするものの,たくさんのリリースが行われました。一覧表は次のとおりです。開発版は含まず,あくまでリリース版のみです。

リリース日 バージョン
1月30日 4.2.0
2月11日 4.1.5
2月20日 4.2.1
3月13日 4.2.2
4月10日 4.2.3
4月29日 4.1.6
5月8日 4.2.4
6月20日 4.2.5
7月30日 4.3.0
8月5日 4.2.6
8月28日 4.3.1
9月25日 4.3.2
10月31日 4.3.3
10月31日 4.2.7
11月14日 4.3.4
12月12日 4.2.8
12月18日 4.3.5

一昨年が15回のリリース,昨年は上記のとおり17回のリリースと,リリースの回数が増えています。10月31日に2バージョンを同時リリースしているのは偶然ではなく,意図的に行われたものです。

ほかにも特徴的なことが2つありました。その1つが4.2.0と4.2.1のリリース間隔が非常に短いことです。4.2.1は中間(intermediate)リリースで,予定にはありませんでした。不具合修正が進んだことから4.2.1をリリースし,4.2.1としてリリース予定だったのを4.2.2としてリリースするに至りました。これ以降,バグハンティングセッションと称してX.Y.0のリリース前のテストを広く呼びかけるようになりました※1)。このようなことが再び起きないように,可能な限り事前に不具合を発見するよう配慮していることが窺えます。

もう1つ特徴的なのは4.2.8のリリースです。X.Y.8がリリースされたのは今回が初めてです。4.2ブランチは11月19日でサポート終了の予定でした。リリースを決定したミーティングの議事録を読むと※2),Calcの不具合修正が主な理由です。しかしセキュリティの修正も含まれており,今から考えるとリリースされてよかったと思います。

例外はあるものの※3),原則としてLibreOfficeは2つのバージョンを並行してリリースしています。マーケティングの都合なのか,新しいほう(マイナーバージョンの低いほう)「最新版」(原文では"Fresh"),古いほう(マイナーバージョンの高いほう)「安定版」(原文では"Stable")と称するようになりました。個人的な感想では定着するのかやや疑問ですが,機能が多いほうがいいのか,枯れているのがいいのか,そのバージョンの見極めの目安とすればいいのではないでしょうか。

※1
正確には4.2でも行われていましたが,スケジュールにより余裕を持って,複数回行われるようになりました。
※2
HTMLになるとタブが消えるので極めて読みにくいですが。
※3
本稿が公開されたタイミングがまさにこの例外の時期で,新バージョン(今だと4.4)のリリース直前は現行バージョン(4.3)しかリリースしません。前のバージョン(4.2)はすでにサポートが終了しています。

開発状況

最新の開発状況はLibreOffice 4.4.0リリース時に公開されるはずです。直近のまとまった資料としては9月に行われたLibreOffice Conference 2014のキーノートでのスピーチがあります。残念ながらスライドは公開されていませんが,YouTubeに動画があります。これを見ると,現在のWindows版/Mac OS版のアクティブユーザーは8,000万人程度とのことです。それはいいのですが,開発者の伸び率もコミット件数も鈍化が見られます。あくまで9月現在の話であり,その後どの程度盛り返したのか,あるいは逓減しているのかは今後の情報を待ちたいところです。

2月には解決したバグが15,000件を超えたという報告とがありました。現在は20,000件を超えたようで,10ヶ月で5,000件以上というのは凄まじいと言っていいでしょう。

WindowsでLibreOfficeをビルドしたことがある方はよくご存知だと思いますが※4),Linuxなど他のプラットフォームと比べてビルドに時間がかかっていました。しかし,makeにパッチを当てることによってビルド時間が短縮されたという報告がありました。MicrosoftがVisual Studio Community 2013を公開したこともあり,LibreOfficeのビルドに挑戦するいいチャンスだと思います※5)。

LibreOfficeの開発者になるためにはメーリングリストにライセンス(LGPL/MPL)に承諾する旨の内容を投稿する必要があるのですが,これを見ていると日本人と思しき氏名の方が4名見つかりました。今年はもっと増えることを期待しています。

開発状況については,LibreOffice開発者の安部さんのブログも実に興味深いです。

※4
そんな人はほとんどいないのはわかっていますが……。
※5
これまで公開されていたExpressでは,Windows版LibreOfficeのすべての機能をビルドすることはできませんでした。そのようなFLOSSアプリケーションはいくつかあります(VirtualBoxなど)。そもそも全くビルドできないものもあります(Mozcなど)。例で挙げたものがこのバージョンでビルドできるかはまた別の話ですが,LibreOfficeはできるはずです。

Document Liberation Project

Document Liberation Projectが開始されました。このプロジェクトの趣旨を一言で表現するのに,アナウンスの翻訳のタイトル「読めなくなった昔の文書を,もう一度よみがえらせよう」がわかりやすいでしょう※6)。

ただし,レガシーなファイルフォーマット以外もサポートしています。プロジェクトの内容を見るとなかなか興味深いです。MacWrite Pro※7のファイルが読めるようになったことによる感謝を表すバグ報告がなされるくらいには,困っていた人がいたようです。

※6
もちろん中身を読むともっとよくわかります。
※7
筆者はこのようなソフトがあったことすら知りませんでした。クラリスワークスはWindowsで使用していましたが。

日本での動き

日本でのコミュニティ活動も活発に行われていますが,人材不足なのは否めません。大きなイベントとしてはLibreOffice mini Conference 2014 Tokyo/Japanが開催されました。ほかにも各地でたくさんのイベントが開催されました。

メーリングリストに参加するとイベント情報を知ることもできますので,興味がある方は参加してみてはいかがでしょうか。開発は無理だし翻訳も難しいけど何かしたい,という場合は,イベントの主催者に回ってみるのもいいでしょう。手を動かすのは好きだけど,イベントはやりたくないという人も中にはいます※8)。

www.libreoffice.orgがリニューアルされたことにより,ja.libreoffice.orgも新たに翻訳されました。日本語でAsk LibreOfficeも開始されました。すべてボランティアで,やはり限界もあります。たくさんの方の手助けが必要です※9)。

※8
もちろん筆者のことです。
※9
個人的には英語でバグ報告できる人がもっと増えたらいいなと思っています。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

バックナンバー

新春特別企画

  • LibreOffice/Apache OpenOfficeの2014年の推移と2015年の展望

バックナンバー一覧

コメント

  • ありがとうございます

    ずっと迷っていたのですが、こちらの記事を読んでLibreに決めました。といっても最新版ダウンロードで表示される危険警告にびびって安定版を選んでる始末、リリースが活発というよりも、報告されたバグが修正されていっている様子を知るというのは情弱な私にとって大きなポイントです。とても参考になりました。どうもありがとうございます。

    Commented : #1  匿名で失礼します (2015/03/12, 20:58)

コメントの記入