新春特別企画

LibreOfficeの2015年振り返りと2016年

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もこうしてお届けできたのが何よりもめでたいことですが,それはさておき,LibreOfficeにとっては昨年は非常に素晴らしい年であり,今の段階ですでに今年はさらに素晴らしい年になることが見込まれています。

一方,昨年まで詳細にお伝えしたApache OpenOfficeは,今年は語ることが多くはありません。今のところは好転しそうな兆しもないため,扱いを縮小することにしました。

それでは,一年に一度まとめてお届けするLibreOffice情報が皆様のお役に立つことを期待して,ご挨拶とさせていただきます。

注意
本稿で記述している日付はJSTであったりUTCであったり,はたまたほかのタイムゾーンであったりするため,最大で1日程度の差があることをご了承ください。また多数リンクがありますが,中にはご覧になっている時点でリンク切れのものもありえます。こちらもあらかじめご了承ください。そのほか,行き交うメールの量が膨大すぎて全部に目を通せないため,見落としているものもあるかもしれません。何かお気づきの点があればコメントいただけますと幸いです。

2015年のLibreOffice

リリース状況

LibreOfficeは,昨年もたくさんのリリースが行われました。以下が一覧です。開発版は含んでおらず,あくまでリリース版のみです。

リリース日 バージョン
1月29日 4.4.0
2月20日 4.3.6
2月26日 4.4.1
4月2日 4.4.2
4月25日 4.3.7
5月7日 4.4.3
6月30日 4.4.4
7月30日 4.4.5
8月7日 5.0.0
8月27日 5.0.1
9月23日 5.0.2
10月3日 4.4.6
10月3日 5.0.3
12月10日 4.4.7
12月17日 5.0.4

リリースの回数はおおむね予定どおりで大きなズレはなかったため,15回となりました。1月にリリースされた4.4は12月31日でサポートが切れるため,あらためてそのアグレッシブさを実感します。

なお,5.0というバージョニングは大きな理由があるわけではなく,マーケティング的な理由によるものです※1)。

※1
現に設定ファイルは4のままです。Linux版のユーザーは.config/libreoffice以下を覗いてみてください。

LibreOffice OnlineとCODE

3月25日,LibreOffice Onlineが発表されました発表の翻訳)。OSDN Magazineなどで話題になったため,ご存知の方も多いのではないでしょうか。

技術的な詳細はLibreOffice Onlineが登場間近,魅力的な新機能も続々をご一読いただきたいのですが,簡単にまとめるとLibreOfficeはそのまま動作させ,サーバーとクライアントでその描画をがんばるという仕組みで,よく考えられているなと感心します。

12月15日には,CollaboraとownCloudがCODE(Collabora Online Development Edition)を発表しましたCollaboraの発表ownCloudの発表)。

これまた簡単にまとめると,LibreOffice OnlineをownCloudのプラグインとして使用しています。CollaboraはCODEのデモを配布しているため,筆者も動かしてみました。CODEの画面図2と,同じファイルをLibreOfficeで表示した場合図3を比べてみると,「LibreOfficeはそのまま動作させ,サーバーとクライアントでその描画をがんばる」という意味がよくわかるのではないかと思います。ちなみに現在のCODEでは日本語の入力はできませんでした。

図1 CODEのファイル表示画面。ownCloudそのままである

画像

図2 CODEで筆者によるサンプルドキュメントを表示したところ

画像

図3 サンプルドキュメントをLibreOfficeで表示したところ

画像

各地で採用が進む

採用事例には事欠かない一年になりました。大きな事例をいくつかピックアップします。

イギリス政府がODF形式の利用を推進すると発表したのは昨年ですが,それを受けガイドを公表しました。とても読み応えのあるドキュメントです。

イタリア国防省がLibreOfficeに移行する旨の発表もありましたComputer Weeklyの記事)。15万台とはかなりの大規模移行です。

台湾政府は3年をかけてODF形式に移行するとのことですブログ記事)。また,台湾の宜蘭県ではLibreOfficeに移行するとのことですブログ記事)。

採用とは少し異なりますが,ミュンヘン市はThe Document Foundationのアドバイサリーボードに就任しました。深くLibreOfficeにコミットメントしていく意思を感じます。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。

コメント

コメントの記入