新春特別企画・2008年を展望する!

2008年のネットコミュニケーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

2008年は,きっと何かが変わる!

2007年,gihyo.jpでTwitterに関する連載をさせていただきながら,Twitterを通じていろいろなネット上の動きを見てきました。その中で私が感じたのは「ネット上のコミュニケーションのあり方の変化」です。わくわくするような感覚が私の中にあります。

同じ感覚を過去にも持ったことがあります。2004年,SNSが登場したときです。本名をネット上に晒す?友達関係を可視化する?……疑問符がいっぱいな中で,手探りでネット上の人間関係を作っていましたが,何かが変わる!という期待も大きくありました。実際にSNSの登場はいろいろな人とのつながりを生み出し,そこからさまざまなムーブメントが起こったと思っています。

2007年の「ミニブログ」「マイクロブログ」の登場は,そのときと同じように,ネットでのコミュニケーションのあり方を変える一つのきっかけになると思っています。2008年は,きっと何かが変わる!と私は思います。

誰かがひっぱるのではなく,みんなが動かす

これまでは,新しく登場したWebサービスの情報は,そういうものを追いかけているブロガーの記事などから知ることが多かったと思いますが,2007年に登場したWebサービスの存在は,私はほとんどTwitterで最初に知ったような気がします。Twitterでは,そのサービスの魅力も欠点もリアルタイムで伝わってきます。発言力のある誰かの1人のレビューよりも大勢の人の声を聞く方が自己評価がしやすく,「使ってみようかな」と心が動きやすいように思いました。

これはWebサービスに限った話ではなく,ターゲットとなるものはいろいろあると思います。今後,「誰かの言葉」ではなく「みんなの動き」によってネットそのものが動かされるという現象が,もっとあちこちで起こってくるのではないかと思っています。

「伝える」から「伝わる」コミュニケーションへ

Blogでは,言葉で自分の言いたいことを伝えるということが前提にありますが,TwitterやTumblrのようなサービスでは必ずしもそれは前提ではなく,「態度」だけでコミュニケーションが取れている感覚があるように思います。Twitterは,日々つぶやかれる「What's are you doing?」への答えの積み重ねを見ているだけで,存在を近くに感じたりする。Tumblrにいたってはその人オリジナルの言葉さえ存在せず,引用した文章や写真だけでその人の思いや主張が見えてくる。発信側が何かを伝えるというよりは,受信側が何かを感じ取るようなやりとりがあちこちに見られたように思うのです。そんな「言葉じゃなくてフィーリング」という感じのコミュニケーションが,今後はもっと増えていくのかなという気がしています。

ネット上でのコミュニケーションスキルは,少しずつ上がっている

上に書いたような変化というのは,今のところあくまでもネット上でのコミュニケーションスキルが非常に高い人に限られていると思います。おそらく全体的に見ると「ネット上で,文字で何かを伝える」ということ自体もまだまだ技術的に難しいと感じている人が多いはずです。BlogやSNSの登場でやっとその敷居が少し下がり,さまざまな属性の人がインターネット上で発言できるようになってきたかな?……というところだと思います。

最近,一部で「Blogは終わった」といった意見も出ているようですが,こういう意見が出たということはきっと,TwitterやTumblrでコミュニケーションを楽しんでいる層も,最近Blogでのコミュニケーションに目覚めた層も,それぞれネット上でのコミュニケーションスキルが上がってきているということなのかなと思います。前者にとっての「終わり」が,後者にとっての「始まり」になりつつあるのかもしれません。

シンプルだからこそ,どんな形にもなる

最近登場しているWebサービスは操作がシンプルなものが目立ちます。これはいろいろな楽しみ方の可能性を秘めていると思います。Twitterでは,おそらく開発者が意図していないような使い方が数多く登場していますし,Tumblrは,日本のユーザーと海外のユーザーとで使い方が異なっていたりするようです。私は,それが小さな子どもたちが身の回りのものを使って遊びを工夫するのに似ていると思います。大人には思いつかないような発想で遊ぶ子どもたちが生きる知恵を身につけていくように,与えられたシンプルな環境からいろいろな楽しみ方を模索するユーザーたちによって,そういったWebサービスはもっともっと磨かれていくのだと思います。

2008年も,gihyo.jpの新連載を通じてこれからのTwitterを見ていくのと同時に,Tumblrの連載も共著でスタートします。2007年に芽生えたものが,今年は花を咲かせるのかな?とても楽しみです!本年も,どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの記入