特集

「開発スタイル」開発法 ―仕事に合わせて,自分に合わせて―

ソフトウェア開発のスピードや品質を決定づける大きな要因として「開発スタイル」が注目されつつあります。たとえば,受託開発なら段階を踏むやり方,社内システムなどの場合はまず「動くものを見せる」やり方等々…。しかし,これらは使う場を間違えると,かえってスムーズな開発を妨げることになります。特集では,業務に合った開発スタイルの違いを紹介しながら,これまであまり語られることのなかった「開発スタイル」の実像に迫ります。

 

  • Appendix エンジニアよオープンになろう
    • はじめに
    • 大きな勘違い→「技術に慣れる=技術力が上がる」
    • ブログを書く
    • OSSに参加する
    • 勉強会に参加する
    • コミュニケーションツール
    • まとめ

    2008年6月16日:尾藤正人

  • 第3章 テスト志向開発編
    • ソフトウェア開発でありがちな失敗
    • 品質を重視した開発スタイル
    • ゴール地点から逆に辿って考えよう
    • 品質を保つためのツールを導入しよう
    • どんな開発手法でもリスクとコストの判断が重要
    • 仕様責任者を立ててみよう
    • 要件・要望と開発手法を見定めて品質をコントロールしよう

    2008年6月16日:山本健

  • 第2章 ベンチャー開発編
    • clippにみるウノウの自社サービス開発
    • 少人数体制での迅速な意思決定
    • 社内のリソースを活用して幅広く意見を取り入れる
    • まとめ

    2008年6月16日:五十川匡

  • 第1章 受託開発編
    • はじめに
    • ウォーターフォール型開発モデル
    • スパイラル型開発モデル
    • 実際の運用
    • ドキュメントとコミュニケーションの大切さ
    • 細かいイテレーションへ
    • まとめ

    2008年6月16日:山岡広幸

 

ピックアップ

APIゲートウェイとサービスメッシュの違い

APIゲートウェイとサービスメッシュの,それぞれの概要とユースケースを紹介し,いずれを使用するかの判断の指針となるチートシートを提供しています。

LightningChart® Traderによるテクニカル分析と証券取引アプリケーションの開発

証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化するLightningChart® Traderのビルドイン機能について紹介します。

福岡を,もっとエンジニアが働きやすい街へ!~第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワードレポート

2020年1月31日と2月1日に開催された『第一回エンジニアフレンドリーシティ福岡アワード』表彰式で表彰された,4団体と2企業の取り組み,受賞者のコメントをお伝えします。

コードの安全性・安定性を高める開発サイクル~テスト管理の効率を上げ,脆弱性診断を自動で行う~

本連載では,連載「業務を改善する情報共有の仕掛け」を受けつつ,安全性・安定性を加えた開発サイクルについて考えていきます。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->