「開発スタイル」開発法 ―仕事に合わせて,自分に合わせて―

Appendix エンジニアよオープンになろう

2008年6月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

はじめに

エンジニアとしてのスキルアップには,技術力の向上が欠かせません。では,どうやって技術力を向上すればいいでしょうか。

ここでは開発スタイルとは少し離れて,エンジニアがエンジニアとしてスキルアップするためにどういうことが大事なのかを考えてみたいと思います。

大きな勘違い→「技術に慣れる=技術力が上がる」

筆者は採用面接でいろんなエンジニアの方とお会いする機会があるのですが,同じ分野,同じ勤続年数のエンジニアでも技術力に雲泥の差があることが,しばしばあります。なぜこのように差がついてしまうのでしょうか。この差には明らかな傾向があって,技術力の低いエンジニアは会社の中の技術しか知らないのに対し,技術力の高いエンジニアは外からたくさんの情報を得ています

会社内でのやり方だけをマスターするというのは技術に慣れているだけで,理解できるようにはなってません。技術を中からしっかり理解しないと応用力がなくなり,少しパターンが変わっただけで対応できなくなります。このままではどんなに長い期間働いていても,いつまでたっても技術力が向上しません。自分の技術力を向上させる1つの方法が,オープンな活動を行うことなのです。

オープンな活動とはどのような活動のことを指すのでしょうか。代表的なものには,ブログ,OSS,勉強会,コミュニケーションツールがあります。以下では,順番に説明していきます。

ブログを書く

ブログはおそらくほとんどの方が知っているかと思います。日々の勉強記録を書き綴ってもいいですし,ちょっとしたメモ置き場にしてもかまいません。見ているユーザが少なくても気にしなくて大丈夫。継続することが最も重要です。

ブログを書くことを続けていくと,少しずつ周りからの反応が返ってくるようになります。外の人からの刺激をもらうことで,新しい気づきがあり,自分の技術力も少しずつ向上していくでしょう。

OSSに参加する

OSSとはオープンソースソフトウェアの略で,ソースコードが公に解放されているソフトウェアのことを指します。 OSSの参加者には,純粋に技術が好きで,仕事としてではなく趣味で開発に参加されている方が多くいます。このようなOSS開発者の技術力は非常に高く,ソースコードも公開されているので,ソースコードを読むだけでも非常に勉強になります。

まずは自分の興味のあるOSSに開発に参加してみるといいでしょう。参加するといっても,別にプログラムを書く必要はなく,たとえばドキュメント書きなどは慢性的に不足しているので,手伝うと非常に喜ばれます。 OSSの開発に参加することで,自分自分の技術力の向上につながりますし,何より技術の発展に寄与することにもなります。自分の作ったものが,世界中のたくさんの人に使われるのは技術者冥利に尽きます。

勉強会に参加する

各地でさまざまな技術に関する勉強会が開催されています。まずは自分の興味のある分野から参加してみましょう。勉強会で取り上げられる内容も非常に参考になるのですが,勉強会の後に開催される懇親会にもできるだけ参加することをおすすめします。実際にいろんな方と話をすることで,いろいろ新しい知識を得ることがたくさんあります。

Googleカレンダーを使ったIT勉強会カレンダーというのがあります。ほぼすべてのIT勉強会が網羅されてるのではないかというぐらい充実した内容になっています。ここで参加したい勉強会を探してみましょう。

画像

コミュニケーションツール

エンジニアはいろいろなツールを使ってコミュニケーションをとっています。これらのツールを使って,他のエンジニアといろいろ情報交換しましょう。コミュニケーションツールはいろいろありますが,いくつか代表的なものを紹介しておきます。

twitter

最近はやっているのが,twitterという海外のサービスです。 twitterは何気ないことをつぶやくという,一見何がいいのかよくわからないサービスですが,twitterによるコミュニケーションが非常に活発に行われています。筆者もtwitterをかなり活用しています。最初はよくわからなくても,自分と分野が近そうな方をフォローしてみましょう。少しずつ楽しさがわかってくるかもしれません。

SBM(ソーシャルブックマーク)

Web上にブックマークを登録することができるサービスをSBM(ソーシャルブックマーク)と呼びます。日本だとはてなブックマークがメジャーです。自分が気になった記事や,おもしろそうな記事をブックマークしているユーザをお気に入りに登録したりしてみましょう。他の人のブックマークを見ることで,いろいろな情報を得ることができるようになります。

まとめ

エンジニアとしてスキルアップするには下を見ていてはだめです。外の世界にはスキルの高いエンジニアがたくさんいます。上を見て,日々の技術力の向上を怠らないようにしましょう。

著者プロフィール

尾藤正人(びとうまさと)

ウノウ株式会社,CTO。広島市立大学大学院在学中にVine Linux SPARC版の開発を行う。2002年4月,HDEに入社。2003年度未踏ユースプロジェクトに採択され,「みかん - サーバ自動選択型FTPサーバの開発」を行う。退職後,シリコンバレーに語学留学のため渡米。2004年12月,帰国してウノウに参画。写真共有サイト「フォト蔵」を開発中。

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->