エンジニアのための「失敗学」のススメ

第1回 「失敗学」とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第1回の今回は,「失敗学」および本特集の概要について説明したいと思います。

「成功体験」の限界

昨今の書店の店頭には,「成功する秘訣」を記した書籍が山のように積まれています。

これらの書籍では多くの場合,成功した人にとって「印象的な成功要因」が語られていますが,成功した人にとってことさら言及するまでも無いと思える「常識」や,幸運な「偶然」については言及されませんから,「成功事例」をなぞったとしても,成功を再現できるとは限りません。

例:

登山家の書いた著書だけを頼りにヒマラヤに登頂しようとしたならば,遭難するのは火を見るよりも明らかです

また,「成功事例」をなぞることで成功を再現できた場合,往々にしてマニュアル化・定型化(ソフトウェアで言うなら,フレームワーク化・ライブラリ化)が進められますが,そういったことが徹底された場合,原理・原則や背景に対する理解は時と共に薄れやすくなりますから,前提とする条件が突然変化した際には対応できない,といった事態に陥りがちです。

例:

普段から整備されたメインストリートしか通ったことがない人は,事故や渋滞を迂回しようと入り組んだ脇道にそれた途端,方角を見失ったり一方通行の制約を受けるなどして,簡単に迷ってしまいます

「成功」への到達を強く意識するあまり,特効薬としての成功要因を求め勝ちですが,「成功」の陰で積み重ねられた無数の「失敗しないための対策」や,あるいは「失敗」した際の「根本的な原因」/「適切な対応」といったものに光を当てよう,というのが失敗学の考え方です。

「責任」よりも「原因」

失敗学では,失敗の要因は10の要因に分類されています。

表1 失敗の10大要因

 要因概要
1 未知 既知の対策が通用しない未知の領域に由来すること
2 無知 知識の欠落により既知の対策を実施できないこと
3 不注意 本来防げていたものが注意力の低下により防げないこと
4 不遵守 本来守るべき約束・習慣・規則が守られないこと
5 誤判断 判断における基準・手順・検討項目等に誤りがあること
6 調査・検討不足 判断に用いる情報の量や質,判断そのものの深さが不十分なこと
7 制約条件の変化 前提としている事柄が想定外の変化をすること
8 企画不良 計画自体に無理があること
9 価値観不良 内部の価値観が周囲の価値観と著しく乖離してしまうこと
10 組織運営不良 組織が正常に運営されていないこと

ここに挙げた各要因ごとに失敗経験を挙げだしたなら,誰もが枚挙に暇がないのではないでしょうか?

失敗学の提唱者である畑村洋太郎氏が「千三つ」(成功するのは1,000回のうち3回)という言葉を度々使用しているように,失敗学では「失敗はありふれたもの」というのが大前提となっていますから,無闇に失敗を恥じることはありません。

とくに,新たな知見をもたらしてくれることから,「未知」に起因する失敗は良い失敗とみなされています。

また,個人レベルで見れば「無知」も一種の「未知」ですから,「よい失敗」にこそ分類されていませんが,「無知」による失敗よりも,それを恐れて挑戦をしないことに対して注意を喚起しています。

つまり失敗学では,失敗は「忌避」するものではなく,その先の成功のために「利用」するものなのです。

ただし注意して欲しいのは,失敗学における「良い失敗」「失敗はありふれている」という考え方は,「失敗は良いもの」「失敗しても構わない」という考え方とは異なります「無闇に失敗を恥じる」必要は無いと言いましたが,「恥ずかしい失敗」というものが無いわけではありません。

また,たとえ失敗学的には「良い失敗」であっても,それによってもたらされる被害に対する免責が成立するわけでもありません。「原因」「責任」のうち,失敗学で扱うのは「原因」についてのみである,というだけです。

著者プロフィール

藤原克則(ふじわらかつのり)

Mercurial三昧の日々が嵩じて, いつの間にやら『入門Mercurial Linux/Windows対応』を上梓。凝り性なのが災いして,年がら年中アップアップな一介の実装屋。最近は仕事の縁が元で,OpenSolarisに入れ込む毎日。

コメント

コメントの記入