エンジニアが身につけたい基本スキル2008

第3章 技術スキルの磨き方

2008年5月15日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

効率よく技術スキルを磨くには

エンジニアとしてレベルの高い仕事をするためには,技術スキルを磨く必要がああります。しかし一概に技術スキルを磨くといっても,無駄の多い学習方法をしていては,時間がいくらあっても足りないでしょう。技術スキルの修得には時には遠回りも必要ですが,基本的にはできるだけ効率よくスキルを身につける方法を知っておく方がよいでしょう。ここでは,技術スキルの修得を高めるいくつかのコツについて説明します。

情報収集の重要性

第一線で活躍するエンジニアの方々にスキル向上のコツを伺うと,間違いなく上位にランクされるのが情報収集力です。スキルを身につけるということはすなわち知らなかった事を知るということに他なりません。そのためには,一にも二にも情報収集が重要,ということになります。質の高い,活きた情報を如何にして入手するかが大きく左右すると言ってもいいでしょう。

重要な情報源

活きた情報を入手するには,いくつかの情報源の特性を理解して,上手に使い分ける必要がああります。以下,主立った情報源について,その特長を見てみましょう。

書籍

書籍は常にスキルアップにおいて重要な役目を果たしています。特に系統立った知識を身につけたいのであれば,優良な教科書を1冊は持っていたいものです。また,辞書代わりとなる,いわゆるリファレンス本のようなものを手元に置いておくことで,情報へのアクセス速度は格段に向上します。

また目先を変えれば,ぜひ読んでおきたい古典的な名著というものも存在しています。『コンピュータの名著・古典100冊』では,読んでおきたい名著を紹介してくれています。このリストに挙がっている書籍から,何冊か興味を持ったものを読んでみてはどうでしょうか。

いずれにしても重要なのは,できるだけ書店に足を運んで,実際の書籍をめくってみることでしょう。最近では大規模な書店も増えてきているので,いろいろな書籍を見比べてみて,自分に合った1冊を探してみてください。

図1 書籍の情報アクセスパターン

雑誌

雑誌は,書籍などでは追い切れない新しい動きについて解説してくれたり,コンパクトにまとまった情報を提供してくれる,より実用向きの情報源といえます。

雑誌の場合,連載などを読み続けることで自然と知識がついてくることが期待できるので,ある程度の期間をかけて読み続けることが重要です。可能であれば年間購読などを行って,定期的に手元に届くので自然と読み続ける,という習慣をつけていくことをお勧めします。雑誌にはそれぞれの傾向があるので,自分が身につけたいと思うスキルに沿った雑誌を選ぶとよいでしょう。

図2 雑誌の情報アクセスパターン(年間購読の場合)

Web

Webの情報も,最近では非常に重要な情報源となりつつあります。連載記事からブログ,Wikiなど,その情報の種類も多様です。Webには非常にたくさんの情報があるため,多くの場合検索エンジンを活用して必要な情報を見つけ出す必要がありますが,適切な情報を見つけ出すには,ある程度前提となる知識が必要となります。基礎を学びたい初級者にとっては,体系だった情報が少ないという点で,Webはあまりお勧めできません。

図3 Webの情報アクセスパターン

著者プロフィール

宮原徹(みやはらとおる)

株式会社びぎねっと 代表取締役社長。2006年12月より日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長も兼任。オープンソースカンファレンスをはじめ,各種オープンソース関係のイベントをサポートするイベント屋さんでもある。イベントの大小を問わず,お気軽にご相談ください。

URLhttp://begi.net/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->