今こそ!勉強会

第1回 勉強会大集合に見る「勉強会のスタイル」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2008年に入り,OSSをはじめ各種IT関連の分野で勉強会の開催や参加が盛り上がっています。本連載では,現在の勉強会のスタイルについて考察し,参加の仕方から運営の方法,ノウハウについて紹介します。

いま,勉強会がブーム

皆さんは勉強会に参加したことがありますか?

「勉強会」と一言で言ってもさまざまなものが挙げられます。

  • 社内勉強会
  • 社外研修
  • 有料/無料セミナー
  • カンファレンス
  • 仲間内で集まる勉強会

など「セミナー」「カンファレンス」などという言い方までを含めると,本当に多種多様な種類の会があります。そのような状況の中,ここ最近,IT技術者による技術やサービスをテーマにした勉強会が盛んに行われているのをご存知ですか?

これはid:hanazukinさんがGoogleカレンダーで公開されている『IT勉強会カレンダー』というサイトです。これをご覧になっていただいてもわかるとおり,土日に限らず平日の夜など,非常にたくさんの勉強会が開催されています。

こうした背景をふまえて,本連載では,4回に渡って勉強会に『参加すること』そして『主催すること』をご紹介していきます。

勉強会大集合の開催

先の10月4日に開催されたOSC 2008 Tokyo/Fallにて,id:hyoshiokことよしおかひろたかさんが主宰となり,

「『空前の勉強会ブーム』なのはなんでなのだろう?」

という素朴な疑問から,過去に勉強会を開催したことのある方々を集め,勉強会を開催したことのない人たちが開催したくなる目的で勉強会大集合というセッションを開催いたしました。当日は12の勉強会主催者が集まりました。

まず始めに,わんくま同盟の初音さんの発表にて,勉強会を開催をするにあたっての流れが紹介され,その後,各勉強会主催者あるいはスタッフによるライトニングトークで各勉強会の歴史や特徴が発表されました。

後半はid:hyoshiokさんをモデレーターとして迎え,勉強会を開催するために敷居となる部分をどのように低くし解決していくか,開催することのメリットなどをパネルディスカッションで話し合いました。

この勉強会大集合は,明確な答えを出すことを目的としていたのではなく,聴講した方たちがこの内容を試してみたり,今後勉強会を開催していきたいと思っている方々に開催する見通しをつけてもらうことを意識して開催されました。

勉強会を運営すること

自分は運営という立場でこの会のお手伝いをいたしましたが,参加したことのない勉強会の運営スタッフの方が多数集まり,運営方法について伺いました。そこで,各運営者に共通していたことは運営者が一番楽しむことでした。参加者側から見ると運営している人って「何で大変なことを引き受けるの?」という疑問を持つ方もいらっしゃるようですが,運営側から見ると運営しなければわからない楽しみや喜びがあるように思えます。

自分もこの勉強会大集合を裏で手伝い,終わった後には今までの苦労を忘れ,何物にも換えられない満足した気分になれました。本連載では,こういう気持ちを少しでもたくさんの方に感じてもらえればと思っております。

また,勉強会大集合のその後についてですが,今後はGoogle Groups内にMetaConというグループを作り活動を公開していきます。どなたでもご参加できますので,ご興味のある方はぜひご覧ください。

それでは,実際に「勉強会に参加すること」「勉強会を開催すること」について,簡単に紹介します。

勉強会に参加する

いきなり勉強会を開催すると言っても,勉強会に参加したことがなければいくら必要なことがわかったとしても成功しません。なのでまずは勉強会に参加し,その雰囲気や流れを知ることから始めましょう。

では勉強会に参加するにはどうしたらいいのでしょうか。

まず勉強会を探しましょう

探し方としては,先ほどもご紹介した「IT勉強会カレンダー」を参照し探すのが簡単です。その他にもプログラム言語やオープンソースのコミュニティならば公式サイトにその様な情報が載っている場合もありますのでご覧ください。

勉強会に申し込みましょう

参加してみたい勉強会が見つかったら申し込み手続きをしましょう。申し込み方法は各勉強会ごとに違うので申し込み方法をご確認ください。もし,勉強会のテーマに興味がなかったとしても,自分が勉強したい言語やサービスであれば,同じことに興味を持った人たちが集まるので参加してみてはいかがでしょうか。

勉強会に参加

会場がわからなければ,事前に会場の地図を用意し遅れないように参加しましょう。

発表を聞いてわからないことは積極的に質問しましょう。

自分のわからないことは,実は他の人もわからないことがあるので,あなたが聞くことで他の人の勉強にもなります。また発表者も,「聞いていて何がわからないか」というフィードバックが受けられるので,質問することは悪いことではありません。

懇親会にはできるだけ参加しましょう

勉強会が終わったあと懇親会があればできるだけ参加しましょう。懇親会では発表した講師や参加者たちが和気藹々とした雰囲気で会話を楽しみます。話題は勉強会で話したことだけではなく,仕事やプライベートでの話題など,いろいろなことで盛り上がります。

聞いた内容でわからないことがあったけど,みんなの前で質問できなかったことなどは,講師の近くに座り質問するといいでしょう。

帰ってきてから

帰ってきて満足して終わるのではなく何を学んだかアウトプットしましょう。あなたがアウトプットすることは,主催者や講師は今日の内容がどのように受取られたか,ということのフィードバックになります。そのため,勉強会に参加したときには,ぜひblogなどで感想や学んだことをアウトプットしましょう。

勉強会に参加することについては第二回で詳しくご紹介いたしますのでそちらをご覧ください。

著者プロフィール

鈴木達文(すずきみちやす)

オープンソースカンファレンスやPHPユーザー会にて活動中。主に裏方や懇親会・宴会を担当。最近はいろいろな所に出て行って飲み会幹事を担当。人との出会いを楽しんでいます。

口ぐせは『まだまだ』。好きな事は、知ること・出会うこと・楽しむことです。

コメント

コメントの記入