今こそ!勉強会

第2回 勉強会を体感する―参加の仕方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

第2回目の今回は参加するという視点から,勉強会について開催します。勉強会とはいったいどういうものなのか,皆さんも本記事を参考にぜひご参加ください。

勉強会に参加しよう!

それでは,実際に勉強会に参加してみましょう。

勉強会の探し方

勉強会を探すには以下のサイトやサービスを参考にすると良いでしょう。

  • IT勉強会カレンダー
  • コミュニティの公式サイト
  • mixiのコミュニティ
  • Twitter
  • メーリングリスト

まず,一番情報量が多いのはid:hanazukinさんがGoogleカレンダーで公開されている『IT勉強会カレンダー』です。

IT勉強会カレンダー

IT勉強会カレンダー

こちらには日本各地で開催されている勉強会の情報が網羅されています。もちろん,ここにすべてが載っているわけではありません。他にも言語やオープンソースコミュニティーのオフィシャルサイトやmixiのコミュニティなどでもアナウンスされていることがあります。その他にもTwitterで勉強会の開催を呼びかけていたりもしています。

勉強会を見つけた瞬間が出会いのきっかけ

参加してみたいテーマの勉強会を見つけたら,たとえ知らない人ばかりの勉強会であっても,「勉強会を見つけた瞬間が出会いのチャンス」となるわけです。積極的に参加することを心がけましょう。

参加前に知っておくと得するポイント

申し込みが締め切られていたら

実際に参加して見たい勉強会があってもキャンセル待ちや追加募集がある勉強会もあります。各勉強会によって違うので,定期的にサイトを見に行くことをお勧めします。

いち早く情報を手に入れるには

気になる勉強会を見つけたときに,満席や期限過ぎといた理由で参加できないこともあります。そうならないためには,各種IT系RSSを購読したり,コミュニティのメーリングリストを購読することをお勧めします。

また,主催者や中心メンバーがわかればTwitterなどでFollowしたり,BLOGを購読しておくと勉強会の開催時期がわかることもあるので便利です。

いざ勉強会に参加!

場所を確認する

まず,遅れずに参加するために開催場所を確認しておきましょう。とくに初めて行く場所は地図の印刷やGoogleマップでの確認などをしておいたほうが良いです。

参加をBLOGなどで宣言する

BLOGをお持ちでしたら,ぜひ参加宣言してみましょう。ネット上で,参加者の顔ぶれを共有することができます。また,逆の見方をすれば,他に参加する方の情報を得ることができますので,初対面の方でもBLOG上で予備知識を入れておけるため,話しやすくなります。

話すテーマについて情報を調べる

話すテーマについては,何かしら予備知識として予習しておくことをお勧めします。ただし,予習と言っても発表者のBLOGを読んだり,そのテーマのおおまかな部分を眺めるくらいでかまいません。テーマについて少しでも知っておくことで,発表中に楽しく聞くことができます。

名刺を準備する

実際の会場では,初めてお会いした方と名刺を交換します。そのとき,会社の名刺をお渡ししても問題ありませんが,オリジナルの個人名刺を用意するのもいいでしょう。

個人名刺は普通のものでかまいませんが,他人とチョット違った名刺を用意するのであればMOOポケッターでminiカードタイプの名刺を作るのも良いかもしれません。

名刺に入れる情報は,勉強会が終わった後でもあなたを知ったり連絡が取れるようにすることが目的なので,以下のような情報を入れておくことをお勧めします。

画像

また,会社の名刺にこのような内容を追加しておくと,勉強会が終わってもより強いリレーションを築くことができます。

著者プロフィール

鈴木達文(すずきみちやす)

オープンソースカンファレンスやPHPユーザー会にて活動中。主に裏方や懇親会・宴会を担当。最近はいろいろな所に出て行って飲み会幹事を担当。人との出会いを楽しんでいます。

口ぐせは『まだまだ』。好きな事は、知ること・出会うこと・楽しむことです。

コメント

コメントの記入