アナログツールでライフハック:Hipster PDA時々モレスキン,のちトラベラーズノート

第2回 いつでもどこでもHipster PDA

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ふっと思いついたアイデアや,やるべきことを頭で覚えておくのは危険です。忘れてしまう恐れと,忘れないように注意を記憶に向け続けるストレスがあります。そこで常にペンとメモ帳を携帯しておけば便利です。ドラマ「ガリレオ」の湯川学はなぜペンとメモ帳を持ち歩かないんでしょうか。

技術評論社から2006年に出版されているLife Hacks PRESSには「いつでもどこでも文房具」(53ページ)という記事があります。この記事では様々なメモ帳やペン,腰リールという一風変わった方法まで紹介されています。筆者が現在愛用しているのは,同じく「Life Hacks PRESS」で取り上げられているHipster PDAにペンポッドというボールペンをとりつけたものです。

Hipster PDAとは何か

Hipster PDAとは何か。「Life Hacks PRESS」の38ページにわかりやすい解説がありますが,本家本元の43 Foldersを覗いてもいいでしょう。43 Foldersの記事は英語のため,若干わかりにくいかもしれませんが,Hipster PDAはそれでも実践できるシンプルなシステムとなっています※1)。

またブログのはてなダイアリーでは,筆者がキーワード作成した「Hipster PDA」があります。「Hipster PDA」を含む日記の大半が筆者のブログになっています。あまりHipster PDAの使用者がいないのでしょうか?

Hipster PDAを簡単に説明しますと,

  • 情報カードを適当な枚数準備する
  • それらをダブルクリップでまとめる

これだけでHipster PDAは完成です。あとはこれを常時持ち歩いて,必要なことをメモしてPDAのように活用すればいいのです。コピーの裏紙などを利用した手作りメモ帳を使っている人はたくさんいるでしょうが,これにHipster PDAと名前をつけたのがミソでしょう。

またこれは私の事情ですが,Hipster PDAはザウルスなどの,いわゆるPDAに比べて子どもの関心をひかないのがありがたいところです。3歳の息子の前でザウルスを取り出そうものならすぐに奪い取られてしまいますが,Hipster PDAだと全く無関心です。ブログを更新したり,この連載原稿を作成する作業はどうしてもザウルスSL-C1000を使う必要がありますが,息子がいる時にとりあえず思いついたことはHipster PDAにメモしておくようにしています。

※1)
写真投稿サイトのFlickrで「hipsterpda」と検索するとHipster PDAを画像で見ることができます。本当に人それぞれです。

情報カードに何を使うか

Hipster PDAで使用する情報カードに何を使うかということですが,これは手に入る環境や好みで様々かと思います。筆者はコクヨのシカ-30を使っています。表が7mm罫線,裏が5mm方眼になっています。ほかにも,レイメイ藤井のツァイトベクターシリーズの情報カード(表裏5mm方眼)を使っています。こちらはコクヨに比べて紙が薄く,ややコストが高めです。台紙の厚紙を利用してHipster PDAにセパレーターとして挟んでいます。書いたカードと未使用のカードとを区別するためですね。

情報カードの大きさについて,43 Foldersのオリジナルでは5×3インチ(日本では125mm×75mm)を使うようですが,たとえば名刺サイズ(91mm×55mm)でもいいかと思います。筆者は最初名刺サイズの情報カードを使っていましたが,スペースがさすがに小さいと感じて5×3サイズに変えました。名刺サイズの利点としては,グッズが充実しているところでしょうか。日頃使っている名刺入れに忍ばせておくことなどが可能です。

5×3サイズのポイントは,Yシャツの胸ポケットに入る最大の大きさだということです。これは夏場,スーツの上着を脱いでクールビズの職場で働いている筆者には重要な点でした。この点で幅90mmのモレスキンは胸ポケットに入らず大きすぎるということになります。夏場はモレスキンだと常時携帯できません。

ちなみに私の使い方では情報カード※2は一時的なメモ用で基本は使い捨てです。ちょっともったいない気もしますがロディアと比較してもそれほどコストが高くないでしょう。

  • ツァイトベクター 125×75mm 50枚 147円
  • ロディアNo.11 約90×74mm 80枚 189円

またロディアと比較して情報カードは,

  • 紙に厚さがある安定感
  • 裏表使いやすい

などのメリットがあります。筆者もロディアを胸ポケットに入れていた時期がありますが,たとえばGTDでいうプロジェクトリストのように長期間携帯したいリストの扱いに困りました。

※2)

情報カードを使った情報管理システムとしてはPoICというものがあります。シンプルかつ完成度の高いシステムです。このシステムでは,一時的なメモに測量野帳というポケットノートを使い,保存に情報カードを使います。ちょうど情報カードにメモし,モレスキンに転記して保存する筆者のシステムと逆になっています。直接導入はしていないものの,考え方など刺激になることが多いので私も参照しています。ちょうど連載がありますのでそちらを見てください。参考PoIC : 情報カードの積み重ね

著者プロフィール

アキヅキダイスケ(あきづきだいすけ)

大学事務職員。本当に使える仕事術を渉猟するうちにライフハックの森に迷い込み,GTDという生涯の友と得,文房具に恋をして現在にいたる。今の恋人はトラベラーズノートだが,モレスキンにも未練あり。文学の研究者としては道を大きく踏み外した感あり。「シリアル・ポップな日々」というごった煮ブログを,絶滅危惧種に指定されているPDAザウルスSL-C1000にて更新中。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/akizukid/

コメント

コメントの記入