Androidメモアプリでライフハック

第3回 Catch NotesとAK Notepad~ポップに情報をキャッチしよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,Catch Notesというメモアプリを紹介します。Catch Notesは,ざっくり言えばEvernoteのようなアプリです。しかし,筆者にとってはEvernoteより使いやすいメモアプリで,HT-03AではCatch Notesをメインに使っています。

図1 Catch Notesのメイン画面

図1 Catch Notesのメイン画面

ポップなメモアプリ

Catch Notesの特徴の第一は動作の軽さが挙げられるでしょう。まず,アプリの起動が速いのがいいですね。筆者はせっかちな性格で,アプリの起動やメモの参照にもたもたするとストレスを感じます。Catch Notesは非力なHT-03Aでもストレスを感じさせない動作の軽さです。

アプリがサクサク動くかはメモアプリ選択のうえで重要な要素です。筆者が必要とする情報はテキスト中心なので,高機能なメモアプリよりシンプルでサクサク動くメモアプリの方が使いやすいのです。それがEvernoteではなくCatch Notesをメインに使う理由です。

また,ホーム画面に「New Note」⁠新規メモ作成)のショートカットを置くこともできます。それにより,新規メモ作成が素早く行えます。

図2 ホーム画面からワンタップで新規メモ作成画面が起動できる

図2 ホーム画面からワンタップで新規メモ作成画面が起動できる

図3 シンプルな新規メモ作成画面

図3 シンプルな新規メモ作成画面

新規メモ作成画面にはタイトル欄がありません。本文1行目をタイトルとみなせばいいと思います。

タグについては頭に「#」をつけるとその言葉がタグになります。⁠#work」という感じです。⁠#仕事」という風に日本語もタグにすることが可能です。

Catch NotesはUIも洗練されています。美しいアプリで,つい使いたくなります。メモがたまれば,ますますCatch Notesが役に立ちます。ここでもメモタノ!という感覚が重要です。使いにくいアプリでは結局使わなくなってしまうことでしょう。使って楽しいアプリが結果メモライフの役に立つというわけです。アナログツールと同様にアプリの「手触り」⁠textureは重要な要素だと思います。

Catch Notesでメモを探す時は,全文検索機能もしくはタグでの絞り込みなどを使います。メモ一覧画面を上下にフリックでたどるのも気持ちいいです。この際,メモに関連した画像を添付しておくと一覧画面で目的のメモを見つけやすくなります。目立たせるだけであれば,メモの内容に関係ない画像でもいいかもしれません。

図4 画像を添付するとメモ一覧画面でサムネイル表示される

図4 画像を添付するとメモ一覧画面でサムネイル表示される

また,Catch NotesはクラウドサービスのCatch.comとメモの同期ができます。しかし,筆者は以前,同期を試みた時にデータが消えてしまったりして苦労したため,それ以来同期機能は使っておらず,HT-03A側のローカルでのみメモを保存しています。Catch.comを使わない理由としては,メモ自体に個人情報を入力していること,テキストレベルのメモであれば常に携帯しているHT-03Aで見ることができれば十分だからです。

バックアップ機能としては,メモの内容をテキスト形式でエクスポートする機能があります。リストアできるわけではないため,あくまで最低限のバックアップになります。しかし,エクスポート機能を使えば前回述べたテキスト形式メモ術が活かせます。あるいは,Catch.comとの同期をとればそれでバックアップになりますね。

著者プロフィール

アキヅキダイスケ(あきづきだいすけ)

大学事務職員。本当に使える仕事術を渉猟するうちにライフハックの森に迷い込み,GTDという生涯の友と出会い,文房具に恋して現在にいたる。最近はトラベラーズノートからモレスキンに心が移っている。文学の研究者としては道を大きく踏み外した感あり。「シリアル・ポップな日々」というブログを,AndroidケータイHT-03Aにて更新中。ツイッターは@akizukidです。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/akizukid/
twitterhttp://twitter.com/akizukid

コメント

コメントの記入