Androidケータイの歩き方

第54回 Eee PCでAndroid 3.2を動かしてみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ネットブックでAndroidが動く!

世の中はAndroid 4.0ですが,今回はAndroid 3.2の話題です。なぜ,ひと世代前のOSを引っ張り出して来たかの理由をご説明します。

Android 3.2のソースコードは,公開されていませんでしたが,Android 4.0のソースコードとともに公開されました。これをx86 CPUへAndroid OSを移植しているプロジェクト「Android-x86 Project」が,早々に移植作業を行い成果を公開しています。その成果には,ネットブック向けも含まれています。ネットブックを入手して使っていたものの,いまは部屋の隅に置いたままという方は,再活用のチャンスです。また,スマートフォンやタブレットではないAndroid OSが,どのような物か知りたい方も多いはずなので,数回にわたり,ネットブックへのインストールからその使用感をご紹介します。

早速,インストール方法からご紹介して行きます。

まずは,USBメモリの準備

まずは,Android-x86 Projectサイトからisoイメージをダウンロードします。

筆者は,Eee PC 1000Hにインストールするので「android-x86-3.2-RC2-eeepc.iso」をダウンロードします。原稿執筆時点では,2回目のリリース候補であるRC2ですが,新しいバージョンがリリースされている可能性があるので,「RC2」の部分を読み替えてダウンロードしてください。

USBメモリへの書き込みは「UNetbootin」を使います。「UNetbootin」は,Windows, Linux, Mac OS X用がダウンロードできるので,お使いの環境にあったものをダウンロードします。筆者は,Macを使っているので,説明もMac版を使って進めます。

「UNetbootin」を起動する前に,ISOイメージを書き込むUSBメモリをMacに挿し込みます。USBメモリがマウントされたのを確認してから「UNetbootin」を起動します。

ソフトが起動したら,[Diskimage]を選択して,プルダウンリストから「ISO」を選択します。次に[...]をクリックすると,ファイル選択のダイアログが表示されるので,先でダウンロードしてisoイメージを選択します。

これで,準備は完了なので[OK]をクリックします。

UNetbootinでUSBメモリにiosイメージを書き込んでいる様子

UNetbootinでUSBメモリにiosイメージを書き込んでいる様子

USBメモリにファイルがあると,上書きの確認ダイアログが表示されるので,[Yes to All]をクリックして続行します。「Downloading Files」「Extraction and Copying Files」「Installing Bootloader」「Installation Complere, Reboot」で処理が進み,終了すれば画面右下に[Exit]ボタンが表示されるので,クリックします。

これで,USBメモリの準備が終了です。5分程度で終わる簡単な作業だったはずです。USBメモリをアンマウントしてMacから取り出します。

次はBIOSの設定

Eee PCにUSBメモリを差し込んで電源を入れます。グレーの背景に「ASUS Eee PC」と書かれた画面が表示されたら,F2を押してBIOSの設定画面に入り,USBメモリから起動する設定を行います。

[Boot]タブの[Hard Disk Drives]を選択して,次の画面で[1st Drive]にUSBメモリに指定します。ESCキーで前の画面に戻り,[Exit]タブの[Exit & Save Changes]を選択します。「Save configuration changes and exit now?」と保存と終了の確認ダイアログが表示されるので[Ok]を選択します。これで,USBメモリから起動できるようになります。

Eee PCのBIOSで,USBメモリを起動ディスクに指定している様子

Eee PCのBIOSで,USBメモリを起動ディスクに指定している様子

ネットブックにインストール

起動して,しばらくするとブートメニューが表示されます。

WindowsがインストールされたHDDとは共存できないので,HDDにインストールせず,お試しする場合は[Run Android-x86 without installation (MDPI)]を選択します。今回は,別途HDDを用意してインストールするので,[Install Android-x86 to harddisk]を選択します。

ブートメニュー。HDDにインストールしないで起動してみることができる

ブートメニュー。HDDにインストールしないで起動してみることができる

コンソール画面が表示された後,インストール先のパーティションを選択する画面が表示されます。内蔵HDDは,一覧の先頭に表示されている「sda1」になるので選択します。

次に,HDDのファイルシステムを選択します。そのまま使う場合は,[Do not format]を選択します。筆者は,Linuxで使われている[ext3]を選択しています。

ファイルシステムを決定すると,「Are you sure to format the partition sda1?」と表示されて,フォーマット確認のダイアログが表示されるので[Yes]を選択します。

HDDのフォーマットが終了すると,「Do you want to install boot loader GRUB?」と表示されます。これは,ブートローダーをインストールするかの確認ですが,筆者の環境ではインストールしないと起動に失敗しました。

次に,「Do you want to install /system directory as read-write?」で始まる質問ダイアログが表示されるので[No]を選択します。これで,Android-x86が選択したディスクにインストールされます。インストールが上手くいくと「Android-x86 is installed successfully.」と表示されるます。Run Android-x86]を選択して[OK]を選択します。

これで,インストールは完了です。

上手く起動したでしょうか?特別難しいところはなかったと思うので,問題なくインストールできたはず。

次回も取り上げます

今回は,インストールで終わりましたが,次回は,使用感などをご紹介します。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入