Androidケータイの歩き方

第65回 メディアプレイヤーとしてのAndroidタブレット(3)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Google Playに変更されました

唐突な発表でしたが,Androidマーケットの名称が「Google Play」に変更になりました。Androidを古くから知る者にとっては,Androidの名称がなくなってしまうので,少し惜しい気もしますが,そんなことは気にしないと言わんばかりに,マーケットアプリは,早々にアップデートが行われて「Playストア」となりました。

名称変更に伴い,アプリの購入だけではなく,Playストアから映画のレンタルが可能になっています。国内は,アプリの購入と映画のレンタルだけに留まっていますが,海外では「Google Music」や「Google eBookstore」もGoogle Playに統合されているので,iTunesに近い形で運営されています。

国内でもGoogle Musicが開始になれば,Androidケータイの可能性をさらに広げることになるはずなので,早々の開始を期待したいところです。

もうひとつの選択肢

今回も引き続き,メディアプレイヤーとしてのAndroidタブレットを取り上げます。

前回は,DLNAサーバの動画を再生するアプリとして「Skifta」を取り上げました。

Skiftaは,日本語化されているので安心して使うことができますが,まったく不満がないかと言えば,そういうワケでもありません。

まず,Android 4.0用に最適化されたアプリではないと言う点です。

Android 4.0用に最適化されてなくても,動作には問題ありませんが,できれば,最新のユーザインターフェースをまとったアプリを使いたいと考えるのが人情です。

もう一点は,時々,起動に時間がかかるところです。僅かな時間ではありますが,それでも積み重なると気になるもので,アプリを立ち上げるのが億劫になってしまいます。

そこで,もう1つの選択肢として,Playストアでも評価の高い「BubbleUPnP」を検証してみます。

BubbleUPnPのインストールと初期設定

BubbleUPnPのインストールは,「Playストア」アプリを起動して,「bubbleupnp」をキーワードにして検索を行います。検索結果の先頭に「BubbleUPnP」が表示されているはずなので,タップしてインストールします。

Playストアの検索結果,赤枠で囲っているアイコンをタップしてインストールする

Playストアの検索結果,赤枠で囲っているアイコンをタップしてインストールする

初回起動は,「What's new」のタイトルで,更新履歴が表示されるので,内容を確認して画面下にある[Ok]ボタンをタップします。次に,[Internet streaming]として,インターネット越しに,動画や音楽の再生を行う設定画面が表示されます。今回は,ローカルネットワークのDLNAサーバから動画を再生するので,[Skip]ボタンをタップして設定を省きます。

初期設定はこれで終了です。しばらくすると,[Local Renderer]のタイトルで,コンテンツの再生画面が表示されるはずです。

BubbleUPnPの起動画面。黒を基調としてスッキリしたデザイン

BubbleUPnPの起動画面。黒を基調としてスッキリしたデザイン

DLNAサーバと動画の再生方法を指定する

初期設定を終えたら,次は,動画を保存しているDLNAサーバの指定と,動画の再生方法を指定します。

設定は,画面下の[DEVICES]をタップします。

画面の右側の[SELECT LIBRARY]に,接続可能なDLNAサーバが表示され,左側の[SELECT RENDERER]に,動画を再生する端末を指定します。筆者の場合は,[DEVICES]で「Media Server」を選択して,[SELECT RENDERER]は,端末で動画を再生するので「Local Render」を選択します。これで,DLNAサーバの動画を再生する準備が整いました。

動画を再生してみる

それでは,動画を再生してみます。

画面下の[LIBRARY]ボタンをタップします。フォルダ一覧が画面に表示されます。動画は,[Video]になるので,タップして次へ進みます。[All Video]ですべての動画ファイルを一覧表示し,[Folders]でDLNAサーバのフォルダが構成が表示されます。

動画をブラウズしている様子。上部の広告は,ライセンスを購入することで消去できる

動画をブラウズしている様子。上部の広告は,ライセンスを購入することで消去できる

動画ファイルをタップすると「Skifta」と同様に,動画再生するアプリを選択する画面が表示されます。BubbleUPnPには,動作再生機能が無いので,外部の再生アプリを使うと言うワケです。筆者は,ainol Novo 7 Paladinで標準添付されている「Media Player」を使って動画を再生するので,それを選択します。これで動画の再生が始まります。

動画再生アプリを選択している様子。[Use by default for this action.]をチェックすれば,毎回同じアプリが使われる

動画再生アプリを選択している様子。[Use by default for this action.]をチェックすれば,毎回同じアプリが使われる

癖のないユーザインターフェースと軽快な動作

メディアプレイヤー系のアプリは,癖の強いユーザインターフェースを持つものが多く,これまで得た経験値を活かすことができず,ストレスを感じるものが多くあります。BubbleUPnPは,癖の無いユーザインターフェースで,軽快なうえに安定して動作するので,気持ち良く使うことができます。

唯一の難点と言えば,日本語化されていないことですが,初期設定さえ終えてしまえば,毎回同じ操作をするだけなので,難なく使えるはずです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

コメントの記入