[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第二回「梅雨」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

雨もまた良し。
そうね,良しかな。 良い雨具が一緒なら。

見上げれば夏近しの青空,でも天気図は雨具の携行を強く訴えている。走行距離,総標高差※1と自分の力量を考えるに,どう考えても低気圧の発達に巻き込まれる可能性が大きい。雨具を待たなくてはならないな,となる。

この時期の自転車走行と雨具はお友達以上の関係になります。

このお友達以上というのが結構負担……じゃない,かさばるのですね。

毎年の事ながら「どんな雨具が良いのかなあ」と考える。

フロントバックやデイパック一個で出かける日帰りツーリングの時は少しでも荷物を減らしたい。良いものになると,動きのための立体裁断や通気性を高めるベントレーション,素材自体も撥水・通気性を高めるために何層にもなっている生地を使ったりしているから,コンビニで売っているポリ袋みたいなレインスーツのようにザックのサイドポケットに放り込んで,というわけにはいかない。

「でも,良いものはそれだけの価値がありますよ」,てなことも言われるけど,実際に使ってみると,「そうかなあ」と思う。

数年前のこの時期,富士山一周走で,樹海から朝霧高原に抜けた。とたん,土砂降りに見舞われたーー天気が良ければ高原を抜けて白糸滝まで一気に下るこの道は一周コース中最高に気分の良いところなのですーー。どうしても勢いのつく直線の下り道は,雨粒をより濃密にした。風圧と水圧で前はよく見えず,呼吸も苦しくなってアップアップ。まるで自転車に乗ったまま溺れているようだった。雨具の内も噴き出す汗で湿度100%のヌルヌル状態。外から叩きつける雨粒もいつか進入経路を発見したらしく,肌に浮いたあたたかいヌルヌルの水溜まりを,雨粒の冷たい流れがツーッ,ツーッ,と幾筋も伝わって,いや,その気持ちの悪さったら……。

結局この日は一周をあきらめ,土砂降り煙る街道筋に赤地に白ヌキ欧文の看板を頼もしげに掲げた某アパレルショップで,着替え一式(靴下,下着まで)とツバのついた帽子を買い込み,富士市まで下って輪行※2した。

これくらいずぶ濡れてしまうと,ベントレーションも何層にも重なった素材も追いつかないーー気温が低いとまた違うーー,ポリ袋雨具を着ているのとほとんど変わらない状態になる。

雨具の素材はとても重要なことなのだろうけど,この時期の自転車ツーリング(動き重視の林道走などは別として)の場合,素材より形態で雨具を選んだ方がいいんじゃないかと思う。

で,おすすめ。

伝統のポンチョタイプです。

ポンチョタイプにレインパンツ(+マッドガード)の組み合わせがベスト※3)。

テルテル坊主スタイルはダテじゃない。背負っている荷物も,フレームもフロントバックやサドルバック※4も覆ってくれます。雨が降らなくても食事時のシートに使えるし,宿に泊まるときは自転車カバーになる。万が一,野宿,という自体に追い込まれてもツェルト※5として活躍してくれるでしょう(そんな状況には追い込まれたくないが)。

立体裁断がなんだ,三層構造がなんだ,やはり古くから使われてきたものは素晴らしいのだ。

と,いいつつ,今年も梅雨空の下,レインウェアのカタログをながめながら「お,フロントベントレーションが追加されいるじゃないか」「体温の上昇を感じ取って通気孔を広げる新素材かあ」などと,新製品から新製品へと追いかけてしまう新しモノ好きがいるのでした。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入