[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第九回「初日」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

画像

家から自転車で小一時間,城跡の山に,初日を見に出かけた。

冷え切った未明前の国道は,元旦だというのに意外に交通量が少なく,年越しをした銀杏たちが,前後のホイールの下でポリポリとつぶれていく音が良く聞き取れるくらいだった。

JR線の駅前を右に折れて,霊園の真ん中の道を一山越える。大きな寺院の脇を入れば城山の入口に着く。

北条氏と秀吉軍,最後の激戦の舞台となったこの山城の夜は,首なし鎧武者がそぞろ歩き,悲運の女官やお姫様が舞踊ったりする怪談話の宝庫,心霊スポットの真打ちにランクされている。なるほど,入口の鳥居からしてなにやら凄みのある感じがするし,急な登山道は敵の侵入を阻むためにくねくねと曲がりくねりながら本丸へと続いている。道端には切り出された石がゴロゴロとしていて,その影から鎧武者が出てくれば首くらい無くても不思議ではない(やだけど)。

しかし,今夜は自転車が仲間と一緒であるし,同じ目的を持った人たちがゾロゾロと登ってゆく。今夜は彼らーー首が無かったりする方々ーーに用事はないのだ(いつもなくていいのだが)。

本丸だった山頂は東に向けて大きく開けている。まだ夜は明けようとしていない。

持参していったワンバーナーにコッフェルをセットして,シャリシャリに凍ってしまったボトルの水を入れる。日本酒をたっぷり加え,ニンニクをひと欠片放り込んで火をつける。煮え立ってきたら,豚バラ肉,下茹でしたほうれん草(下茹でをしておかないとあっという間にアクだらけになる),ネギ,豆腐を使っての『常夜鍋』※1)。仲間のバーナーではお燗をつける。ヤカンに直に酒を入れるからたちまちつくのだ。

それぞれ毛布や寝袋にくるまって,鍋をつつき,フウフウいうほど熱い燗を呑みながら日の出を待つ※2)。「来年はうちもあれだな」,防寒具だけで足踏みをしながら両手をこすり合わせている家族連れの声に,「ふっふっふっ」と,ほくそ笑む。

彼方の稜線にぼうっと明かりの帯が浮かび上がった。明るさが増すにつれ,稜線の手前に海があるのがわかる。そうか,東京湾をはさんで房総半島の向こう側から日が昇ってきているんだ,と,位置的に考えてみれば当たり前のことなのだけれど,考えずにいたものだから,なんだかとても得したような気分になった。

山のシルエットに沿って明かりがのびてゆき,スパッと帯を断ち切るように光が射した。初日の出。パンパン,合掌。

稜線を乗り越えた陽光が,海をスルスルと渡ってくる。街を越え,横一線に並んで歓声をあげている山頂の人々の顔を朱色に染める。誰もが満面の笑みを浮かべていて,もうガタガタふるえている人はいない。

あれがサンシャイン,あれは新宿,こっちが東京タワーで,あ,あれはベイブリッジ,ランドマークタワー。三浦半島がのびて,その先に江ノ島が見えている。傍らの山に目をやるとケーブルカーが走っていた。

振り向いて仲間に何か言おうとした時,斜め後ろの老夫婦と顔が合った。ご主人が「もう何年も夫婦でここに通っているけど,こんなに素晴らしい初日に出会ったのは初めてですよ」と言った。

その顔つきがあまりに良かったので,それ以来,この山城に初日を見に行くのは止めることにした。

などという洒落た理由がなくても,初日の出ツーリングはとんとご無沙汰している。大晦日からの年越しで酒が入ると,朝日はおろか,お日さまが西に傾くまで寝入ってしまうようになったからだ。

それでも,毎年,松の明けない内に初走りは,やっているのです。

今回は毎年恒例の「適度な積雪に轍を残して,富士山を拝む,七転び八起き」なコースをご紹介します。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入