[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第十三回「ひとまわりしてみませんか」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

画像

新年度,新しい土地で新しい生活をはじめた方々も多いのではないだろうか。

一ヶ月が過ぎ,そろそろ新しい暮らしにも余裕ができたのではないだろうか。

そろそろあたらしい土地を,通勤や通学の途中,休日にゆっくりとながめる余裕が出てきたのではないだろうか。

いえいえ,もう自宅と仕事場の行き来だけ,朝はダッシュ,夜はクタクタ,週末はベロベロで休日はバッタリ,自分が今どこに住んでいるのかという認識すらありません。

そんなあなた,まあ,そう言わずに,次の休みの日,いや,明日の朝少し早起きして,または,いつも会社の近所の居酒屋ですませてしまう夕食を地元のお店で……などなどの道々,ご自身の住んでいる町並みをゆっくりと見回してみてはいかがだろうか。

気づかなかった駅までの近道の緑道やベンチがちょこんとおいてある小さなスペース,民家にしか見えないのに確かに営業しているパン屋や喫茶店。行き止まりだと思っていたら,川にでることのできる路地。新緑になっているけれども,よく見たらりっぱな一本桜,来年はこの桜の下で,あそこのコンビニで弁当と缶ビールを買って一杯やったらとても気分がいいのではないのではないだろうか,などなど,その町を好きになるきっかけをあたえてくれる風景に出会うことができるはず。

なんて,風流ぶって語っている当の本人は,東京の郊外のこの町に住んでかれこれ20年が過ぎているというのに,大して広くもないこの町の中で一度もいったことがない場所が山ほどある。

用事がないんだから,そんなの当たり前じゃん,と言ってしまえばそれまでのこと。

まあ,そういわず。

用事があるのに散歩に出かけてしまう人はいない。

用事を済ませて,体が営業中の看板を下ろしている時に散歩に出かけたり,ポタリング(自転車でそこいらをぶらつくこと)に出かけたりするのだから。

ではでは,ひとまわりしてみようじゃないか,と,こういう暇な行事につきあってくれる自転車仲間に声をかけて,自分が住んでいる町の外周をなるべく忠実にたどってみることにした。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入