[自転車イラスト紀行]徒然走稿

第十八回「自転車のおきどころ」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

画像

鶴岡八幡宮の大きな鳥居をくぐると,太鼓橋の横に守衛さんが立っていた。

「すいません。自転車置き場はどこでしょうか」

守衛さんは,いい年をした男(妙齢の女性と花盛りの娘もいたが)が数人,自転車を押しているのを見て,ちょっとびっくりしたような仕草を見せた。

「自転車ですか……すいません。自転車置き場というのは無いのですよ」

今度はこちらが,これだけ有名な観光スポットに自転車置き場無いのか,と,かなりびっくりしたような顔をしていたのだろう。「申し訳ありません。でも,こちらに自転車を置いておいても大丈夫な場所がありますから,どうぞ」

と,先に立って案内をしてくれた。

大丈夫な場所への道中も,守衛さんは自転車置き場が無いことをしきりに謝ってくれた。

鎌倉市では,マイカーの観光客に対して,市街地から離れた駐車場に車を停めて江ノ電やシャトルバスなどの公共手段を利用する"パーク・アンド・ライド"を呼びかけている。エコロジーと混雑解消のために,パーク・アンド・ライドをよびかけているのであるから,自転車での市内観光は公共交通の利用と併せてもっと推し進めていいはず。

鎌倉の行政よ,人のいい守勢さんに謝らせたり,便所の脇にあるメンテナンス用の資材置き場の前に自転車乗りを案内させたりさせてはいけない。

鎌倉では,この後も何軒かの観光スポットで自転車の置き場に悩まされた(親切な守衛さんは各ポイントに配置されてはいなかったのである)。寺院や神社の境内は,諸車進入禁止,であるから自転車置き場は備える必要はないのです,といわれてしまえば,その通りかもしれない。でも,レンタサイクル屋も営業が成り立つようなエリアを持つ観光地は,もっと自転車に優しくてもいいのではないだろうか。

観光地に限らない。繁華街だって同じ事だ。

自転車に優しくしないと,大変な不幸を招くことになるのを皆,気づいていない。

僕は東京の郊外に住んでいる。買い物はひとつ隣の街に出かけることが多い。我が家から最寄りの駅まで歩くと30分近くかかる。駅まで自転車でいく事を考えると,隣の街まで自転車で行ってしまった方が早い。早いのだから,当然,自転車で出かける。そして,自転車を停める場所に頭を抱えることになる。

繁華街の外れに駐輪場がある。ここは露天で管理人もいない。鍵をきちんと掛ければ管理人なんていなくてもいいじゃないか,と思われるかもしれない。でもほら,良く見回してみてください。あの,フェンスにがっちりとした鍵で停められているマウンテンバイクのサドルが無い。こちらのロードは前輪が無い。此方を見れば,照明のポールにホイールだけが残されている。

熱心なパーツ泥棒は,ペダルやハンドルだって盗っていってしまうことがある。

駅前に屋内の駐輪場があるにはある。

そこには管理人も常駐している。これなら,たとえ有料であっても,ここに停めたい。停めたいけれど,こういうところの大半は月極契約のスペースであり,わずかな臨時駐輪スペースは朝から埋まってしまっていることが多い。

仕方なく,自転車をばらして輪行袋に詰め込んで,混雑している休日の大型商店の中を,人に自転車をぶつけつつ徘徊することになる。わけはなく,買い物を中止して戻ることになる。

そんなことを繰りかえてしていると,もう自転車で出かけるのが嫌になる。最寄り駅まで自転車で行ってもいいのだけれど,週末くらいは通勤用ではない自転車に乗りたい。駅までお気に入りの自転車で出かければ駐輪場に悩むのは同じ事。通勤用の自転車で遠出するのも嫌だ。

かくして買い物に出かけるのが嫌になる。嫌になっても必要なものはあるから,いきおいネットで探して購入することになり,隣町の繁華街は貴重なお得意を失って寂れてゆき,僕は運動不足に陥って体を害する。

こうしてひとつの街が滅び,ひとつの命が危機に瀕する。

どうです。大変な事になってしまったでしょう。

道も街も観光地も寺も神社も,もっと自転車に優しくして,みんなで幸せになりましょう。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com

コメント

コメントの記入