オープンソースの電子書籍管理ソフト「Calibre」を使いこなそう!

第2回 CalibreでKindleをオフライン・ニュース・リーダーにする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

さて今回はCalibreの最もよく使われる機能の1つである,ニュースダウンロード機能について説明していきます。実際の解説の前に,電子書籍端末でニュースを見るとどう良いのか,どう使ったら良いのかということを説明してみましょう。

電子書籍端末でニュースを見る

電子書籍端末でよく使われているE-Inkのディスプレイですが,見やすく読みやすいことに加え,もう一つ非常に良い点は,消費電力が(液晶などにくらべて)かなり小さいことです。Amazonの製品紹介ページによるとKindle3は2ヶ月間電池が持つなんて記載されてあります。さすがにそれは大げさだと思いますが,僕の経験だと1日数時間の使用で(ワイヤレスを少なめに使って)⁠1週間前後は充電しなくても大丈夫なようです。1週間充電なしで使えるとなると,ずっとカバンの中に入れておいて週末にでも充電すれば十分使えることになりますね。

Calibreで取得してKindleに転送した日本語ニュースソース

Calibreで取得してKindleに転送した日本語ニュースソース

ずっとカバンに入れておくとなると,同じコンテンツでは飽きてくるし短い時間しか取れないこともあるので,もうすこし小粒で色々なコンテンツが欲しくなります。できれば,普段PCでRSSリーダーで読んでいるような内容や,新聞のようなそこそこな長さで毎日更新されるものがあると,ちょっとした時間にKindleの見やすい画面で見れてありがたい。Kindleにはワイヤレス機能があるのでワイヤレスをONにした時に配信されてくると,さらにありがたいわけです(電池を食うので,僕はたまにしかONにしない)⁠

実際AmazonのKindleストアには新聞の配信があります。The New York Timesなどの有名新聞から地方のマイナーなものまで,半額から大体同じ値段程度でKindleで見ることができます。もちろんワイヤレスで配信されるため,家でUSBケーブルを繋がなくても大丈夫です。

Calibreのニュース取り込み機能

Calibreの話に戻りますが,Calibreのニュース取り込み機能を使うと,普段RSSリーダー等で読んでいるニュースやブログ,ウェブマガジン等のウェブ上の定期配信コンテンツの内容を,電子書籍端末に配信して読むことができます。

Calibreのニュース取り込みボタン

Calibreのニュース取り込みボタン

現在Calibre(ヴァージョン0.8.10)のニュース取り込み機能に登録されているニュースソースは全部で976個で,その半数が英語のニュースソースで名前の聞いたことのある英語の雑誌,ニュース等は大抵網羅されています。日本語のニュースソースはまだまだ発展途上ですが,それでも25個あります。日本語ニュースソースで主なものを挙げると,次の通りです。

  • CNET Japan
  • Engadget Japan
  • JBPress
  • 日経ビジネスオンライン
  • 読売新聞
  • 毎日新聞
  • 日経電子版

これらのニュースソースからの取り込みを,すぐに行うことができるようになっています。ぼくとしてはRSSリーダーで読むより電子書籍端末で読みたいと思う,比較的長文のコラム中心の読みものなどを購読しています。この機能は大変便利で,使い始めてからは,Kindleで文字を読む大半の時間をこの機能で取得したものを読んでいます。

取り込みは定期的なスケジュールとして予約することができ,Calibreさえ立ち上がってさえいれば,自動的に毎週1回金曜日とか,毎日1回といった感じに定期的なダウンロードを行うことができます。

ダウンロードされたコンテンツのHTMLは自動的にメインのフォーマット(Kindleの場合には.mobi)に変換され,電子書籍端末へ配信されます。Kindleの場合はUSB接続の他にメールでAmazonへ送り,そこからKindleへワイヤレスで自動配信させるオプションもあり,これを使うと,完全にカバンの中に入れっぱなしでもKindleに配信させることが可能です(ただし,3Gだと使用料がかかるため,無料で行うにはWifiの繋がる所へまで行く必要があります。これはKindleの配信仕様)⁠

ニュース取り込み設定画面

ニュース取り込み設定画面

設定はユーザー名とパスワード(必要なニュースソースのみ)⁠そしてダウンロードのスケジュール(定期的にダウンロードする場合)⁠そして「すぐにダウンロード」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

設定にユーザー名とパスワードが必要なことが多いですが,これはCalibreがダウンロード&コンバートする時にやりやすいようにプリント用ページをよく使う事が原因のようです(プリント用ページをアクセスするのにユーザー登録が必要なサイトが多いため)⁠

著者プロフィール

西村亜土(にしむらあど)

さまよえるプログラマー(?)。

フリーランスで,iPhone開発やAndroid開発,Webアプリ開発などのプログラム開発を行っている。最近は住所不定でよく変わる。第1回を執筆している時点では福岡に居るが来月は鎌倉の予定。ここの所,あまり仕事がなかったので,暇に任せてCalibreの翻訳をやっている。現時点で全3500個中89%完了。あと383個だがんばろー!

Twitter:@adonishi
Web: http://www.sig.or.jp/~ado/

コメント

コメントの記入