だれも教えてくれなかったコンテンツビジネス儲けのしくみ

第1回 コンテンツビジネスは報われない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

コンテンツビジネスを成り立たせる3つの機能

米田芳樹(よねだ よしき)の脳裏には,ある人物の文章が鮮烈に焼き付いている。

⁠1つの企業体がインターネットプロバイダ,システムプロバイダ,パブリッシャーの3つの機能を持っているのが現在だ。コンテンツクリエイターからコンテンツを受け取ってそれをパブリッシュし,適切なシステムでインターネットを通して配信する。この3つの機能はいずれ分離する。まず最初に,インターネットプロバイダ機能が切り離される。次の時代に主導権を握るのはシステムプロバイダだ」⁠

米田が中学生の頃,佐久間真茂留(さくま まもる)という人物のブログで読んだ文章だ。当時は,まだニフティやビッグローブは巨大な存在であり,その2つのサービスは,佐久間の言う3つの機能を提供していた。それが近い将来分化するというのは,2つのサービスの衰退を予言したようなものだ。それだけではない。当時始まったばかりのiモードのサービスの将来性も否定している。⁠iモードは,三位一体の旧来型ビジネスモデルが最後に咲かせたあだ花」という位置づけだ。その言葉どおりのことが起きた。

そして米田が大学を卒業する頃からシステムプロバイダとパブリッシャーの機能分化が加速した。FacebookやGoogle,Amazonなどはサードパーティのパブリッシャーの作ったアプリやコンテンツへ門戸を開き,彼らのプラットフォーム上で課金できるようにしていった。

28歳になった今,米田はあの文章の先見性に畏怖しながらも,釈然としない日々を送っていた。佐久間真茂留は,米田が中学生の頃にコンテンツビジネスをスタートさせ,その後15年間成長も衰退もせず,年商数億円中規模のビジネスを続けていた。栄枯盛衰の激しい業界にあって珍しいことではあるが,はたして褒められるようなことなのかどうかわからない。実力があるなら会社はもっと成長しているはずだ。佐久間という人物の真価を計りかねていた。

─⁠─ 佐久間さんは理論家としては先見性を持った有能な人かもしれないが,実務家としてはあまり優秀ではないのかもしれない。

 そんな気持ちも抱くようになった。

米田は大学で経営学を専攻し,マーケティングのゼミを取った。おかげで,統計も勉強することになり,データ処理のためにいつの間にかコンピュータを操り,プログラミングできるようになっていた。就職にあたって,Web開発やデザインの仕事につくことも考え,実際受けもしたものの,佐久間の言葉を思いだし,コンテンツビジネスに身を投じた。そして佐久間が予言したとおり,システムプロバイダとパブリッシャーの時代になった。  システムプロバイダとパブリッシャーの機能分化が進んだ後,なにが起きるのだろう。コンテンツクリエイターがビジネスの舞台でスポットライトを浴びることになるかもしれない。

そんなことが本当に起こるのだろうか? 起きるとすればAmazonやGoogleのビジネスモデルは変更を余儀なくされる。米田は勤務先のメデューサデザインのある,渋谷の道玄坂上のテナントビルに向かって歩きながら考えていた。

突然うしろから肩をたたかれ,はっとして振り向くと,ショートカットの美人が米田に向かって微笑んでいた。パンツスーツにシャツという出で立ちに凛とした顔立ちは,やり手のキャリアウーマンという印象を与えるが,人の心を溶かす極上の笑顔も合わせもっている。米田の所属するコンテンツ会社の社長だ。すでに40代半ばのはずだが,まったく年齢を感じさせない。

⁠米田さんは,ぼんやりしていることが多い。なにを考えているの?」⁠

独特の抑揚のない,少し鼻にかかった声を聞くたびに少し緊張する。毎日,顔を合わせているのに,これだけは慣れない。人の心をくすぐるなにかがある。

⁠おはようございます。特になにかを考えているわけではないんですけど,仕事のこととか,これからのこととかなんとなく頭に浮かんでくるだけでして」⁠

⁠いろいろなことに思いをはせるのはよいことです。でもね,道玄坂はある程度注意していないと,予想外のトラブルに見舞われることもある」⁠

そのとおりだ。渋谷の道玄坂はいつでも人が多い。特に朝の出勤時間帯は混み合う。米田のようにぼんやり歩いていると突き飛ばされることもある。

⁠はあ,注意します」⁠

⁠今日の配信分のニュースチェックは?」⁠

話題は業務の話に移った。

⁠昨晩,だいたい終わらせたので深夜の情報をチェックするだけです」⁠

米田は,ネットマーケティングに関するニュースサービスを担当していた。毎日,最新情報を確認し,海外提携先の記事をチェック,翻訳する。大きな儲けはないが,手法人の固定客がついているので,堅く利益を生んでいる。ルーティーンワークだが,日々新しいなにかが起きているという手応えがある。

3人のチームで仕事をしており,チーフの川崎はコンテンツと営業の両方について権限と責任を持っていた。川崎の下で実務を担当するのが,内山と米田だ。32歳の内山はある出版社の雑誌編集部からの転職,米田は新卒で入社した。

毎日必ずニュースを配信しなければならないのは,正直しんどい。なぜ,シフト制を敷くなど,もっと余裕のある態勢にできないのだろうと思うことも少なくない。自分の会社に限らず,コンテンツ制作者は常に時間や予算に制限のある仕事をしている。システムプロバイダもパブリッシャーもコンテンツなしには成立しえないはずなのに,どうしてなんだろう? それは米田がずっと抱いている疑問だった。

社に着くと,米田は社長室に入る社長と別れ,大部屋のコンテンツ制作室に入った。すでに内山が席に着いていた。IT系企業は朝遅くに出社し,深夜まで働いているイメージがあるが,この会社では午前10時始業で,時間厳守となっていた。時間との勝負とも言えるニュース記事を配信している以上,当たり前なのだが,それでも珍しいことには変わりない。米田は自席に着くと,すぐにニュース配信の準備を開始した。

午前中の配信を終えると,午後は明日の分のニュースのピックアップと編集だ。いつも夕方にはひと段落ついて,ほぼ定時に退社できる。

著者プロフィール

一田和樹(いちだかずき)

11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。

シンクタンクにてIT関連市場調査,製品開発を担当,独立後,インターネットプロバイダなどIT企業の役員,社長を歴任。人材育成にも長け,社長を務めた会社の社員の半数が起業した。

2010年島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。サイバーセキュリティミステリを中心に執筆,その他,ファンタジーやマンガ原作などもこなす。筆が速いことと,多彩な芸域が特徴。

@K_Ichida

コメント

コメントの記入