だれも教えてくれなかったコンテンツビジネス儲けのしくみ

第2回 決算が黒字でも,儲かっているとは限らない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

「黒字」「キャッシュに余裕があること」は別物

米田の会社では,3カ月に1回査定が行われ,給与などの待遇が見直される。同時に,担当している仕事についての意見聴取や,今後の希望についても訊ねられる。⁠話し合い」と呼ばれている制度だ。⁠話し合い」では,社長自らが社員とひとりずつ面談する。場所は社内でなく,会社の近くの喫茶店だ。気分を変えて会話するためだという。

渋谷の片隅の小さな喫茶店,人のまばらな店内の隅に,佐久間がノートパソコンを前にして座っていた。その正面に腰掛けた米田は,直近3カ月間の自分の活動について,社長から指摘を受けた。おおむね予想していたような内容だった。社長の話は今後3カ月の課題に移り,それが終わると最後に「米田さんからの質問や要望はなにかある?」と訊ねられた。社長である佐久間は全社員が「さん付け」で呼ぶようにしていた。自分自身も社員を「さん付け」で呼び上下の分け隔てなく意見を言いやすい雰囲気を作っていた。

米田は新しいサービスの企画を会議に出し,社長に「予算の問題で実現できない」と断られたばかりだった。そのことを社長にもう一度確認してみたかった。

⁠この間,提案したプロジェクトをぜひ進めたいのですが,再考をお願いできませんでしょうか?」⁠

佐久間は表情ひとつ変えずに「それは無理。だって先行投資がかかりすぎるもの」と切って捨てた。

⁠こういうサービスを欲しがってる人は多いはずですよ。企画書の中にも書きましたけど,アンケートを取ると『利用したい』って答える人がかなりいます」⁠

⁠うちはできるだけリスクを負わない経営方針なの。収入が確実に見えるものでないと難しい」⁠

今日の佐久間は,普段よりもリラックスして見えるが,言っていることはストレートで厳しい。⁠歯に衣着せぬ」という表現があるが,佐久間の言葉はまさしくそうだった。社員に対してはもちろん,取引先に対しても,ズバズバとストレートにものを言う。時に畏怖を感じるものの,嫌いではなかった。持って回った言い回しをされるのは面倒くさい。

⁠そんな……うちは儲かってるじゃないですか。余裕のあるうちに新しい挑戦をしたほうがいいんじゃないですか?」⁠

米田が言うと,佐久間は軽いため息をもらした。

⁠黒字であることは否定しません。でも,それとキャッシュに余裕があることは別物。正直,そんなに余裕があるわけじゃない」⁠

⁠黒字なのにキャッシュがないって,どういうことですか?」⁠

⁠米田さん,財務諸表上の黒字とキャッシュ残は,ほとんどの場合,一致しないの」⁠

⁠儲かってるのにお金がないって,おかしいと思いますが……」⁠

⁠リアルにキャッシュがどれくらいあるかと,黒字であることは違います」⁠

米田には,さきほどから佐久間が言っていることが理解できていない。黒字=儲かっている=現金もあるという単純な構図が成り立たないと言われているところまではわかるが,それは常識的に考えておかしい。

⁠わけがわかりません。だって儲かっているんでしょう?」⁠

⁠儲かっている……言葉の定義にもよる。帳簿上は,儲かっています。キャッシュフロー上は,ギリギリです」⁠

会計上「儲かっている」けれどお金がないケース

⁠なにを言ってるんです?」⁠

米田は言葉の意味がわからなかった。佐久間は,米田の目をじっと見る。

⁠米田さん,あなたもそろそろ会社の数字について知ってもよい頃かもしれません。ただし,すべてを手取り足取り教える時間はありません。一度だけかんたんに教えます。あとは必要に応じて自分で学んでください」⁠

⁠はい」⁠

会社が儲かっている』と表現できるケースは複数あります。まず,制度会計上,黒字となっている場合……意味わかりますか?」⁠

⁠いえ……財務諸表なら聞いたことがあるんですが,制度会計ってなんでしょう?」⁠

⁠制度会計というのは,日本政府の決めた会計処理方法。日本で企業会計を行う場合は,この方法に準拠する必要があります。この方法で決算して黒字になった場合,⁠儲かっている』と表現することがあります」⁠

⁠ええと,決算で黒字なら儲かってますよね。なにか問題あるんでしょうか?」⁠

⁠制度会計上黒字でも,お金がまったくないケースもあります。お金がなければ,外注費用も支払えませんし,お給料を支払うこともできません。最悪の場合,倒産します,たとえ黒字でもね。黒字倒産という言葉は聞いたことあるでしょう?」⁠

⁠よくわからないんですが……粉飾決算してるってことですか?」⁠

⁠そうじゃないの。ウソなんかついてない。かんたんな例を挙げましょう。

 A社から,Webシステムの開発を1000万円で,4月に請け負って,7月に納品したとします。先方の都合で,支払いは納品2カ月後の9月です。A社の開発のために,臨時で外注さんを2名補強し,毎月1人30万円,2人で60万円を支払っていた。開発期間は4月から7月の4カ月なので,240万円支払ったわけです。

実際にA社からお金が来るのは9月なので,4月から9月の入金まではずっとお金はマイナスの状態です。でも,制度会計上は仕事を完了した7月に売上として計上できますから,黒字です。もう少し細かく言うと,納品まで月割りで売上を立てることもできます。余裕資金が240万円以上なければ,外注さんへの支払いをできずに,開発はストップしてしまいます。納品して請求書を送った7月から9月まで制度会計上は黒字の状態なのに,なにもできない。むしろマイナスという状態」⁠

著者プロフィール

一田和樹(いちだかずき)

11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。

シンクタンクにてIT関連市場調査,製品開発を担当,独立後,インターネットプロバイダなどIT企業の役員,社長を歴任。人材育成にも長け,社長を務めた会社の社員の半数が起業した。

2010年島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。サイバーセキュリティミステリを中心に執筆,その他,ファンタジーやマンガ原作などもこなす。筆が速いことと,多彩な芸域が特徴。

@K_Ichida

コメント

コメントの記入