だれも教えてくれなかったコンテンツビジネス儲けのしくみ

第10回 エピローグ メデューサデザインのビジネスモデルの秘密

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

安定の先に何を目指すか

スタッフも増え,社員とアルバイトを合わせて合計で23名になった。社内体制もだいぶ整備され,有能なリーダーも育ってきた。突発的な事故があっても,米田なしで,現場の判断で処理できる。組織として安定してきた。

これ以上成長しなくてもいいような気もした。このままの状態を維持するだけなら,仕事も楽になる。悠々自適の生活を送り,趣味や遊びに時間を割くこともできる。

だが,そこではたと行き詰まった。これといった趣味もやりたい遊びもない。⁠悠々自適の生活」と言えば聞こえはいいが,そんな生活を送る自分をイメージできない。

では,これ以上の成長を望むのか? 上場して世界企業を目指すのか? さまざまな可能性はある。だが,どれもしっくり来ない。米田は佐久間に会いたいと思った。長い間,ほぼ同じ規模の年商で,成長も衰退もせずに会社を維持している佐久間のモチベーションを知りたい。米田の知る限り,特にこれといった趣味はないように思える。独身で家族がいるわけでもない。なにを楽しみに仕事をしているのだろう?

⁠ちょうどよかった」⁠

米田が会いたい旨のメールを送ると,その返信で佐久間はそう書いてよこした。佐久間も米田に相談したいことがあるという。佐久間のおごりということで,銀座1丁目にあるイタリアンの名店に誘われた。米田は,見るからに高そうな内装に怖じ気づいた。

「ワンマン経営」「ビジネスの拡大」を両立させる方法とは

佐久間は米田にシャンパンを勧め,最近の事業についての話を聞いた。前菜が並ぶ頃に,米田は次のステップで迷っていることを話した。

⁠うーん……その悩みは早いと思うな」⁠

佐久間はソムリエに次のワインを指示しながら,首を横に振った。

⁠米田さんの事業には,まだ成長の余地があると思う。その悩みは,成長がひと段落してからでいいんじゃないかな」⁠

⁠そうなんですか?」⁠

米田は意表をつかれた。彼の感覚では,そろそろ上限のような気がしていたのだ。

⁠わからないのは無理もない。具体的なことは後で話すけど,あたしが手伝ってあげてもいい」⁠

⁠え? 佐久間さんが?」⁠

⁠あら? いやなの?」⁠

⁠いや,ありがたいです……でも急な話なので驚いちゃって……」⁠

⁠まあいいから,聞いてちょうだい。あたしが出資するから,増資して,年商を20億円くらいにしましょう。当てずっぽうだけど,それくらいの規模で安定すると思う。ここまでは土屋さんだけで十分だったけど,ここからはあたしも手伝う」⁠

⁠え? 佐久間さんは土屋さんを知ってるんですか?」⁠

⁠ふふふ,彼も元うちの社員。できる子はみんな,あたしの会社を卒業して,自分で会社を作っちゃう。それで,あたしに手伝ってとか,出資してとか言ってくるんだから。光栄だけどすごく忙しい」⁠

⁠僕は,そこまで言ってませんけど」⁠

⁠君は優秀だから,あたしから手伝ってあげたいと思ったの。土屋さんも君のこと褒めてたよ」⁠

⁠もしかして,土屋さんは最初から佐久間さんの指示で動いてたんですか?」⁠

⁠その言い方はあまりよくないわね。まるであたしがフィクサーみたいじゃない。でも,おおまかそういうこと。だって社員でいてくれないなら,出資するしかないでしょ」⁠

⁠なんで直接言ってくれなかったんです?」⁠

⁠甘えるからね。君もすでにわかってると思うけど,知り合いとビジネスをしちゃいけない,ってのは鉄則。だから,知り合いであるあたしは姿を隠していたの」⁠

⁠じゃあ,なんでばらしたんです?」⁠

⁠あなたももう自分で判断できると思ったの。知り合いであろうが,親友であろうが,かまわず判断できるでしょう?」⁠

⁠まあ,そうだと思います。結局,僕は社長の掌の上で弄ばれていたってわけですか」⁠

⁠人聞きの悪いことを言わないの。遠くからあなたの成長を見守っていたのよ。そもそも,あんなにタイミングよく出資者が現れるのって,できすぎでしょ。疑ってしかるべきだったわね」⁠

⁠で,でも,⁠人はまず信じろ』って社長が言ったんですよ」⁠

⁠うん,たしかに言った。あたしもそう思ってるから,ウソを教えたわけじゃない。でも,利用したのも事実ね」⁠

米田には,だんだんわかってきた。佐久間の会社,メデューサデザインはずっと同じ規模だったが,彼女のビジネスは拡大を続けていたのだ。さまざまな会社に出資し,場合によっては役員もやっていた。米田は,佐久間の底の知れなさに唖然とした。

⁠自分でできることはたかがしれてる。人を雇って会社を大きくしてもいいけど,あたしは会社はワンマンがいいと思ってるから,このやり方が1番いいの。それぞれ独立して会社を経営しながら,ゆるく連携する」⁠

⁠でも,統制に欠けるのでは?」⁠

⁠あたしは金儲けをしたいわけじゃない。それはあくまでも1つの目安。時代を変えることをしたい。いえ,時代は勝手に変わっていくのだけど,その最先端にいて,変化を体感したい」⁠

⁠楽しそうですね」⁠

⁠君もね」⁠

⁠あ……わかりますか?」⁠

⁠あたしたちは似たもの同士。きっとうまくやれると思う」⁠

⁠は,はい……」⁠

⁠もう一度,握手をしよう。今度はパートナーとしてのスタートの握手」⁠

佐久間が手を伸ばしてきた。きれいな細い指先には,深紅の中央に星を打った爪がなまめかしく輝いている。短く刈った黒髪の耳元で銀色のドリームキャッチャーのピアスが揺れている。

⁠よ,よろしくお願いします」⁠

米田は身を乗り出して佐久間の手を握った。

アンケートのお願い

本連載の読者アンケートを募集しています。以下からご回答いただければ幸いです。

著者プロフィール

一田和樹(いちだかずき)

11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。

シンクタンクにてIT関連市場調査,製品開発を担当,独立後,インターネットプロバイダなどIT企業の役員,社長を歴任。人材育成にも長け,社長を務めた会社の社員の半数が起業した。

2010年島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。サイバーセキュリティミステリを中心に執筆,その他,ファンタジーやマンガ原作などもこなす。筆が速いことと,多彩な芸域が特徴。

@K_Ichida

コメント

コメントの記入