ライフハック交差点

第11回 Google Gearsがワークスタイルを変える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

去年の今頃にはまだ存在しなかったツールが,ゆっくりと私たちの毎日を変えようとしています。それは新しく開発された GTDアプリケーションのようにはなばなしい物でもなければ,ベストセラーの本のように耳目を集めるものでもありません。当初は注目されたものの,今は地味にブラウザの中にじわじわと入り込んでいる,縁の下の力持ちのような存在,それがGoogle Gearsです。

Google GearsはFirefoxとIE向けに書かれた拡張機能で,インターネットに接続していなくてもウェブアプリケーションを使用可能にしてくれます。ネットとの間の非同期の通信がなければ動作がままならないのが最近の多くのウェブアプリケーションですが,Google Gearsはネットに接続できない時に,SQLiteデータベースと自前の小さなウェブサーバー・Javascript拡張機能を駆使して,あたかもネットに接続しているかのようにユーザーにウェブアプリケーションの動作環境を提供してくれます。

モバイル接続が以前に比べて安価になった今でも,まだまだ世界の隅々までネットが広がったわけではありません。オフライン機能との上手な付き合いは,時間や労力を節約すると同時に,今までは意識的に避けていたワークスタイルの扉を開いてくれようとしています。

いくつか代表例を選んで,ご紹介しましょう。

Google Reader

情報インプットの手段として一般にも定着し始めているRSSですが,出先でRSSを購読しようとした場合,記事を手元にダウンロードして購読する専用のRSSリーダーを使う必要がありました。

その場合,複数のパソコンの間で既読・未読情報の共有が難しく,ノートパソコンで読んだ記事を,もう一度デスクトップPCでも目にしてしまうことが往々にしてありました。

Google ReaderLivedoor ReaderのようなオンラインのRSSリーダーが定着した一因には,ネットに接続してさえいればどのマシンで購読していても既読・未読情報が一元管理できる便利さがあったと思います。

しかしここでGoogle ReaderがGoogle Gearsによるオフライン使用に対応してくれたおかげで,新しい可能性が生まれました。たとえば次のような,「時間を盗む」情報収集のワークスタイルの道が開いたのです。

  • 自宅で読み,通勤途中でブログの草稿を書き,次にネット環境に接続できたときに記事をアップロードするという流れの作業
  • ネット環境のない移動中にあとで詳しく読むべき記事にスターやタグをつけてゆき,自宅に帰ってからゆっくりと読む

常に創造的なアウトプットを行なうためには忙しくても情報のインプットの流れを絶やさないことが不可欠です。このようなワークスタイルを隙間時間に入れる手順を確立できれば,大きな助けとなってくれます。

Google Docs & Zoho Writer

ウェブアプリケーションの花形と言えば,オンラインのワープロが挙げられますが,先にこの分野でオフライン化に成功したのは本家Googleではなく,Zoho Writerでした。

しかし先月から,英語版を中心としてGoogle Docsでもオフライン利用が可能になり,やっと役者がそろったといったところです。日本語版のGoogle Docsではまだオフライン化が全てのユーザーには提供されていませんので,この機能を早く使いたい人は設定から言語に「英語」を選ぶようにしてください。メニューなどの表示が英語になりますが,機能には変化はありません。

Google Docsのオフライン機能にはいくつかの制限があります。まず現時点では表計算とプレゼンテーションは閲覧のみで,編集することはできません。また文書についても,既存の文書を編集することはできますが,オフライン中に新しい文書を新規作成することはできません。

ユーザーはオフラインで Google Docs を持ち出す前に,ページ右上のステータスが "Synchronized"になっていることを確認しさえすれば,その文書が最新のものであると安心できます。

また,Google Reader に比べて便利な点は,Google Docs をデスクトップにアイコンの形で置いておき,まるでネイティブのアプリケーションのようにダブルクリックでいつでも利用できるようになっている点です。

Google Docsの文書は複数の人で共有し,互いに強調して執筆を行なうことが可能ですが,ここでもオフライン機能は効果を発揮します。たとえば,次のようなワークスタイルが考えられます。

  • 現在作成中の文書を,完成前からチームと共有してフィードバックを得ながら,オンラインでもオフラインでも編集し続ける
  • 飛行機に乗る前にGoogle ReaderとDocsの文書草稿をGoogle Gearsでシンクロしておき,機上で仕上げてから目的地でブログにアップする

「文書は完成してから配布するもの」という考え方に修正を加えなければいけませんが,このスタイルには大きな可能性があります。互いに離れた場所で仕事をしている小規模のチームなどにとっては,アイディアを共有するよいツールとなってくれるかもしれません。

Google Docsの文書の場合,オフライン時に共有している他のユーザーが書き換えた部分と自分の変更点が競合した場合もその部分を把握できますし,変更履歴から誰がどの部分に手を加えているかをモニターすることも可能です。

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入