ライフハック交差点

第13回 GTDの生みの親 David Allenさんインタビュー特別編(1)GTD の深層に迫る:David Allen さんが語る「思考」の秘密

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「いま」「ここで」できることに集中する最速の仕事術「Getting Things Done(GTD)」の著者であるDavid Allenさんが先日来日し,滞在先のホテルで独占インタビューを行いました。

GTDはいわばライフハック・ブームの火付け役といえます。GTDの解説本は全世界30カ国に翻訳されており,来年には初となるGTD国際会議の開催が予定されているなど,その勢いはとどまることを知りません。私自身,一人のGTD実践者として,David Allenさんのファンとして,このインタビューは非常に意義深いものとなりました。

90分のインタビューの話題は,GTDの全般の質問に対する答えから,GTDと関係した哲学的なこと,ユビキタス社会におけるGTDの役割,日本への進出についてなど,多岐にわたりました。途中からは奥様のKathryn Allenさんも熱心に参加され,充実したものになりました。

そこで今回,「GTDの生みの親 David Allenさんインタビュー特別編」と題して,5回に分けてこのインタビューの様子をお届けしたいと思います。

まず第1回は準備編として,インタビュー冒頭で雑談として始めたクリエイティブな仕事とGTDについて,東洋哲学とGTDについて,そしてDavid Allenさんの考える私たちの「思考法」の秘密についてご紹介したいと思います。

なじみの少ない話題かもしれませんが,GTDに慣れ親しんでいる人にはDavid Allenさんの頭脳の中が垣間見える興味深い話題だと思います。

※GTDについてあまりご存じないという方は,まずgihyo.jpの連載GTDでお仕事カイゼン!」,あるいは実践!GTD~一歩先の仕事管理」,またはLifehacking.jpの火曜日連載「GTD再入門」をご覧いただけると幸いです。

左から,David Allenさん,Kathryn Allenさん,堀 E. 正岳さん

画像

「能率」とは比較的新しい概念

(以下,MH)
「まずは私自身のことを紹介させてください。私はLifehacking.jpというブログを運営していて,ここではライフハック全般,GTDを含む仕事術や,セルフ・ヘルプを題材にした記事を書いています。扱っているのは主に海外のブログの話題などで,それに自分で考えたことなども加えて読者に提供しています。でも日中は,とある大学でまったく違う仕事をしているんですよ」

David Allen(以下DA)
「日中の仕事とブログがまったく違うというのは珍しいね。どのくらいの時間を毎日ブログにあてているんだい?」

MH:
「毎日2時間ほどです。今は国内外の130ほどのブログとニュースを中心に情報を集めて,そこからなるべく読者にとってインパクトの大きい記事を一つだけ探すとしたらなにか,というふうにしています」

DA:
「それは大変な仕事量だね(笑)」

MH:
「私がそもそもGTDや,ライフハックに興味をもったのも,自分が大学という特殊な場所で仕事をしていたからなんです。少なくとも日本の大学では,多くの研究者が忙しすぎるか,あるいは時間をもてあましているかのどちらかで,ストラテジーが足りないような気がしています。私はそのことに罪悪感を感じていて,ビジネスマンが日常使っている仕事術が一つの回答にならないかと思ったわけです。あまり同僚には広められていないのですが(笑)」

DA:
「なるほど。一つ覚えておかなければいけないのは,特にアカデミックな仕事では,仕事を速く仕上げるということは,それが『完璧』であることを求められるということだよ。逆に締め切りのぎりぎりで提出すれば,その気になれば『完璧』にできるけれども,その時間がなかったんだということを装うことができるわけさ」

MH:
「クリエイティブな仕事をしている人もそうですよね?『早く出すからには,良いものだという自信があるんだろう?』というプレッシャーがあります」

DA:
「その通り。さもないともっと良いものをつくる時間があったのに,なぜそれをしなかったんだい?と怠慢を疑われるからね。だからこの分野ではおかしな心理が働いていて,非効率的な人と思われる方が,見かけ上怠惰な人間だと思われるよりも良いということになってしまうんだ」

MH:
「あまり大声でいえませんが,私はそのように受け止められそうなときには,仕事をぎりぎりに仕上げたふりをして,実は1週間もまえに終わらせていたという手を使うことがあります。たぶん,これはライフハックと呼んでもいいですよね」

DA:
「それはいい手だと思うよ(笑)。私は,こうした人間の癖というのは昔私たちが農耕をしていたころの名残なのなのではないかと思う。そのころは,人々は『今日中にやろう』と自分たちに言い聞かせた全てのことがたいていその日のうちにできていたんだ。だから『やるべき事がすべて片付いていなくてもよい』という安心感はそもそも私たちの文化的な心理には織り込まれていないものなんだ。『やらなくてはいけない無数のことから,重要なものを選択をする』といった考え方も,これまでの文化になかった」

「そもそも『優先順位』という考え方自体が比較的新しい概念なんだよ。今では辞書に載っていると思うけれども,50年前には英語のprioritize『優先順位をつける』という単語はまだなかったとはずだよ。それまではset prioritiesというのが正式な言い方だったんだけれども,prioritizeという動詞はまだなかった。こうした文化的なビリーフ・システム(belief system)や,それが私たちをどのように無意識的に変えるのかという問題は,いつも私を魅了するんだ」

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入