ライフハック交差点

第16回 GTDの生みの親 David Allenさんインタビュー特別編(4)Web2.0とiPhone時代のGTD

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

新しい時代の新しい仕事術として急速にうけいれられたGetting Things Doneですが,その生みの親であるDavid Allenさんに会ってお話をうかがう前から,私には一つ気になっていたことがありました。

それはGTDが登場して数年がたち,その間に私たちの周囲がめざましく変化してきたことについてです。いまでは世界中のほとんどどこにいても携帯電話で連絡を受けることが可能ですし,インターネットを通じてメールも,カレンダーも,ドキュメントも,どこにでもオフィスを持ち歩けます。

言うなればこのWeb2.0とiPhoneに代表される時代には,GTDの本に書かれていた「オフィス」とか「家」といったコンテキストの厳密な境界は消えつつあるのではないでしょうか?

今回はそんな疑問から語り起こされる「今の時代とGTD」の話題についてご紹介します。途中からDavid Allenさんの奥様,Kathryn Allenさんも参加されています。

「フォーカスの場」をつくる

David Allen(以下,DA)
「私の次の本には『注意を引いているものに注意をしないと,さらに多くの注意(アテンション)を浪費する』と題した章があって,それはGTDを続けるにあたってとても大事なことなんだ」

「GTDでは長期的な人生にかかわるタスクが特に日常のものよりも『重要』とは考えてはいないんだ。『空を飛ぶ』という目的から考えたら,離発着はつまらないことに思えるかもしれないけど,そうした日常の細かいことが適切に処理されていないと,いってみればランディング・ギアが出ない状態で飛んでいるようなもので,遠からず心配でたまらなくなってしまうはずだからね」

(以下,MH)
「そのアテンションについて質問があるのです。いまはどこにいてもユビキタスにインターネットに接続できて,携帯電話で常につながっていられる時代です。あなたがGTDの本を執筆されてから今までの技術の進歩で,最初は明確だった『職場』『家』との間の境目が消えて,常に割り込みが生じる現状があるような気がしてなりません。このことについてGTDではどのように対応すればいいとお考えですか?」

DA:
「一言でいうなら,それは単に『何に注目をしているのか』という話にすぎないんじゃないのかな?たとえば携帯があれば,君はいまオフィスで書類を書いている最中にも友達に電話できる能力を得たわけだけれども,はたしてそれが一番やりたいこと・やるべきことなんだろうか?」

「君の周囲には壁の色から,空気のにおいまで,注意を向けることのできるものは無限にある。携帯やネットだってそれと同じだ。この場でとることのできる行動を増やしてはいるけれども,君自身にとってそれがどんな意味をもっているのかということさえはっきりさせておけば,無に等しいのさ」

MH:
「自分は今やっていることに対する割り込みにどこまで耐えられるのか,どんな割り込みを許すのかという『選択』の問題におちつくということですね」

DA:
「もちろんそれは状況にもよる。このビルがいま非常に激しく揺れたとするなら,私は今は気にとめていない建物の構造だとか,壁の堅さについてとても気にし始めるはずだ。ビルの揺れが,強制的に私の周囲にある情報をある方向性に向けてフィルタリングしたわけなのだよ。災害に見舞われるとかえって心が落ち着いて行動できるということがあるけれども,それはふだんに比べて情報があらかじめフィルタリングされていて,考えるべき事が非常に限定されるからなんだ」

「それと同じで,GTDの『コンテキスト』という考え方はこうしたフィルターのように機能してくれるんだ。携帯もネットも含めて,対応できることが無限にあるなかで『いま』『ここで』『この状況で』やりたい・やるべきと考えていることだけに集中できる仕組みをつくろうということなのだよ」

「でもそれを本当に実行するのは,君自身でしかない。その点だけはどんな自己開発セミナーに行っても同じさ。だからGTDでは相手をしなければいけないタスクをフィルターして減らすことで,実行にむけたハードルを低くしているんだ」

左から,David Allenさん,堀 E. 正岳さん

左から,David Allenさん,堀 E. 正岳さん

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入