ライフハック交差点

第18回 iPhone 「革命」を代表する新世代の仕事術アプリ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

7月11日にiPhone 3Gが発売されて1ヶ月以上が経ちました。発売当初こそ非常に注目されましたが,いまでは話題も落ち着いてきて,「iPhone,思ったほどでもないな」と感じられた人も多いのではないでしょうか。

しかしiPhone 3Gには遅効性でじわじわと効いてくる,他の携帯にはない大きな特徴があります。それはiPhoneが常にパソコンと連携して使用されることを意識していて,ファームウェアからアプリケーションまで,すべてをアップデートできるという「プラットフォーム」であるという特徴です。

発売されてすぐに指摘されたGPSの不具合や,日本語入力の問題なども,その多くが1ヶ月のうちにアップデートで修正されましたし,iTunes Apps Storeを通じて数多くのサードパーティーアプリケーションが毎日のように登場し,かつアップデートされています。

今回はiPhoneという「携帯以上,ノートパソコン未満」の端末が開いた新しい仕事術アプリ3つの比較を通して,プラットフォームとしてのiPhoneがもつ可能性について見てみたいと思います。

「いま」「ここで」できることを表示する:OmniFocus for iPhone

「やらなければいけないことがたくさんあることはわかっている,でも,『いま』『ここで』できることは何だろうか?」

時間管理やタスク管理の目標は,つまるところこの質問に対してできる限り少ないストレスで答えを出すことです。デビッド・アレンさんのGTDが大きな注目を集めているのも,コンテキストや「次のアクション」といった概念で「いま」「ここで」できることに集中するシステムを作っているからです。Omnifocus for iPhoneはそうしたGTDのシステムをiPhone上に持ち出すためのアプリケーションです。

OmniFocusはもともとMac OS X上で数々の素晴らしいアプリケーションを制作しているOmni Groupの作ったGTDアプリケーションで,それ自体が完成度の高いアプリケーションです。

しかし,いかに便利でもデスクトップアプリケーションですので,これまではMacの前に座っているときしか使えず,せっかく作ったプロジェクトリストやアクションの一覧表を手軽に持ち出すといったことはできませんでした(情報カードなどへ印刷する機能はありますが)。

OmniFocus for iPhoneはこのデスクトップ版のOmniFocusで入力したタスクをMobile MeのiDiskやWebDAVサーバーを通じてシンクロさせる機能をもっています。デスクトップ版で行える操作はiPhone上でもできますので,時間をかけてレビューしたタスクをiPhone上に持ち出すことも,出先で思いついたタスクをiPhoneで入力してMac上へシンクロさせることも可能です。

そして,OmniFocus for iPhoneの最大の魅力は,iPhoneのGPS機能を利用した「位置情報を意識した」タスク管理です。

たとえば,いつも買い物をするお店や,いつも向かう取引先があったとして,そこで実行するタスクを忘れないようにするために「店」「取引先A」といったGTDのコンテキストを作っていたとしましょう。

OmniFocus for iPhoneではこのコンテキストだけのToDoリストを表示することも可能ですが,GPS機能を利用した場合,その店や取引先に近づいたときに,「この近くで実行すべきタスク」としてそのToDoリストがリストの一番上に浮上してくるのです。

私は「職場」「家」とを時々歩いて往復しますが,GPS機能をつけたまま歩いていると,職場を離れて家に帰る中間地点を過ぎたあたりで,先ほどまで「職場」のコンテキストのリストが一番上に表示されていたのが,今度は「家」が上にやってきて,何も考えずとも「次にこの場所の近くでできることはなんだろう?」という答えが一番上に表示されるように作られています。

omnifocus

omnifocus

GPSを利用した携帯端末はこれまでにもありましたが,こうした,位置情報からユーザーに利便性を提供するアプリはなかなか登場しませんでした。OmniFocusに限らず,GPSを利用したアプリが今後数多く登場して,こうした位置情報の価値をさらに深めてくれるはずです。OmniFocus for iPhoneはそうしたニーズを開拓した最初のアプリと言ってもいいと思います。

OmniFocus for iPhoneにはこの他にもモバイル端末であることを意識した,タスクの詳細を音声と写真で説明するという機能があります。急いでいてタスクの詳細をメモする時間がないときには,なかなか重宝する機能です。

著者プロフィール

堀 E. 正岳(ほり E. まさたけ)

ライフハック,GTD,自己啓発などをテーマにしたブログLifehacking.jpの管理者。海外のブログを広く渉猟しているうちに見聞きしたことや考えたことまとめて,ちょっといい話にして紹介するのが何よりの楽しみ。ライフハックとは「自分を変える新しい習慣作り」をポリシーに,日々地味に更新中。

URLhttp://lifehacking.jp

コメント

コメントの記入