DBエンジニアに求められるスキルの“理想と現実”

第2回 職種と所属会社はどのようにスキルの差に影響してくるか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

前回は,スキルの定義と,キャリア年数や所属組織の違いによるスキルレベルの差をご紹介しました。今回は職種や所属会社による違いや,伸ばすのがおすすめのスキルをご紹介します。

職種による違いは?

今回,以下の5つの職種に分けて調査しました。

  • DB担当
  • インフラ担当
  • アプリケーション担当
  • マネージャ
  • アーキテクト

まずはDB担当から見ていきましょう。以下のグラフからは,DBスキル的には可不足ないという結果が見てとれます。DBMSのアーキテクチャやバックアップといった,業務上必要な知識は平均以上の値になっています。

グラフ1 DB担当

グラフ1 DB担当

次にインフラ担当のグラフを見てみましょう。

グラフ2 インフラ担当

グラフ2 インフラ担当

オペレーションやバックアップリカバリ,インフラスキル,ドキュメンテーションといった能力は,平均に近い様子が見てとれます。また,DBMSアーキテクチャ,SQL作成,SQLチューニングといった,DBMS固有のところは弱い傾向が見られました。

以降は該当人数が少ないため,参考レベルです。

アプリケーション担当者はインフラスキルが特に低いという結果になりました。DB中心のスキルのため,アプリケーション担当者にはそもそも不利な調査なので当然のことです。

グラフ3 アプリケーション担当

グラフ3 アプリケーション担当

マネージャもITスキルは全般的に低めとなりました。

グラフ4 マネージャ

グラフ4 マネージャ

一方,アーキテクトは高いスコアを出しています。総合力が高い人がアーキテクトを名乗るべきなので,こちらも当然といえます。

グラフ5 アーキテクト

グラフ5 アーキテクト

著者プロフィール

小田圭二(おだけいじ)

『即戦力のOracle管理術』の監修者。

社内技術者教育を約4年,その後データベースのコンサルティングを10年以上経験しているデータベースエンジニア。現在,JPOUG(Oracleのユーザーグループ)の活動に協力している。

ブログ:データベースコンサルタントのノウハウちょい見せ

コメント

コメントの記入