『電網恢々疎にして漏らさず網界辞典』準備室!

第30話 『歌麿 夢と知りせば』デパスに溺れたITプロレタリアートの悲哀は時代が安田講堂事件から秋葉原通り魔事件に変わったことを示唆し,サイバー自動迎撃システム=モンスターマインドは誤検知によって世界大戦の引き金となる。

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分
  • 「今回の実験の結論としては,この方法は有効であるということでよろしいんですね」

盛り上がる篠田をあえて無視する形で,内山が和田に確認した。デパスに溺れたITプロレタリアートの悲哀を訴える篠田のぼっちシュプレヒコールはむなしくこだまする。

  • 「はい。室員全員に現象学的還元を施して,用語辞典を作りましょう」

和田の言葉に,歪莉とささやきあっていた水野が顔を上げた。

  • 「この非人道的な実験をまだ続けるというのですか?」

水野が声を荒げると,篠田もここぞとばかりに拳を張り上げた。

  • 「権力の横暴だ。室長代理! ここは七三一部隊ですか? あなたは『悪魔の飽食』をやろうとしているのか?」

レトロ左翼をこじらせた老人は面倒くさい。放っておくと学生運動の思い出を語り出しそうだ。時代は,とっくの昔に安田講堂事件から秋葉原通り魔事件に変わっている。

  • 「七三一部隊? ⁠悪魔の飽食』⁠ なんのことですか? また向精神薬の話ですか?」

日本の事情に疎い堕姫縷が,和田の顔を見る。和田は腕を組むと,深いため息をついた。

  • 「七三一部隊は旧日本陸軍関東軍防疫給水部本部のことです。⁠悪魔の飽食』は,その部隊が大陸で人体実験を繰り返したというドキュメントですが,内容にねつ造されたものが多いと言われています」

和田が淡々と答える。

  • 「ウソじゃない! 真実を隠蔽しようとする工作だ。作者の森村誠一先生は防弾チョッキを来て執筆していたんだぞ」

篠田は顔を赤らめて抗議した。和田がわざとらしくあくびをしてみせる。

  • 「まあ,当時ベストセラー作家だった森村先生が,あえてタブーに挑んだのは素晴らしいと思いますし,これによって見えなかったものが見えたという側面もあります。ただ,まあいろいろ問題はあったようです。真相は闇の中ですね」

和田の身体からふわっと独特の甘酸っぱい香りが漂う。精神が高揚した時に発生する香気は嗅いだものの精神を落ち着かせる効果がある。左翼や戦争の話は,たくさんだ。

篠田の頬の赤みが薄れたのを見た和田は,持ち前のスルー力を発揮した。

画像

  • 「それで,次の実験ですが……」

篠田は,まだ実験を続けるのか! と吠えようとしたが,その機先を制して,

  • 「……篠田さん,あなたにお願いします」

和田は篠田の鼻面に人差し指を突きつけた。

  • 「なっ」

意表を突いた展開に,篠田は言葉を飲み込んだ。

  • 「怖いんですか? ご自慢の防御機構とやらに自信がないんですか?」

和田が揶揄するようにかすかな笑みを浮かべてみせると,篠田の頬が再び紅潮した。

  • 「おもしろい。我が平坦主義のウェアラブル・ファイアウォールと自動迎撃システムに挑戦しようと言うのですね。受けて立ちましょう」

篠田はいとも簡単に和田の煽りにのった。炎上商法もかくやという見事な技。

  • 「よろしい。では,やってみましょう。ねえ,内山さん」

和田が横目で見ると,内山は得たりとうなずく。

  • 「自動迎撃システムは論理的には可能ですが,僕の知る限り実戦配備されて成果をあげた事例はありません。世界最大の自動迎撃システムは,アメリカのモンスターマインドだと思いますが,エドワード・スノーデン氏は誤検知により世界大戦を誘発しかねないと懸念をあらわしていました」

内山は冷静に篠田に返した。

  • 「ふむ,自分の知っていることが全てだなんて思わない方がいいですよ。でも,本当にいいんですか? 一般人でもあれだけ負荷がかかったんですよ。鉄壁の防御機構を持つ私にダイブしたら,倉橋さんは再起不能になってしまうかもしれません」

それでも篠田は,歪莉のことを忘れたわけではなかったらしい。

  • 「大丈夫です。その点については,内山さんに確認しました。やはり,これ以上,悪くなることはないそうです」
  • 「にわかには信じがたいが……」
  • 「僕の見立てというか,計算結果を信じるならば,彼女は入院が必要な程度の問題を抱えています」

内山はさらりと衝撃的な事実を告げた。

  • 「止めろ! 彼女は普通だ」

水野が叫んで内山につかむかかろうとすると,歪莉が止めた。

  • 「水野さん,いいんです。私もそう思っていたところなんです。お医者さんに行かなきゃって……」

歪莉の言葉に,堕姫縷が吹き出した。水野が目をむく。

  • 「ごめんなさい。ここぞという時に,口癖が出るなんてさすが歪莉さんって思いました」

堕姫縷が悪びれた様子で言い訳した。

  • 「水野さん,倉橋さん,そんなに深刻に受け止める必要はありません。現代人が,その人生の大半を過ごすのは会社です。ひとり危ない人がいたら,周りもそうなんです。以前も申し上げましたように,私は室員全員が危険水域だと思っています」

和田がフォローになってないフォローを付け加える。

  • 「社長からしてまともじゃないですからね。この間はびっくりしました。退職した社員を天下のマスコミのコラムでこきおろすなんて考えられません。いくら目をかけて,教育したからといって,子供じゃないんですから止めてほしい。日本人のメンタリティは時として私の理解を超えます」

さらに堕姫縷が言わなくてもいいことを口にした。社長の退職社員罵詈雑言炎上騒動は,サイバーシンジツ社員全員が頭を抱えさせた最近のヒットだ。いっぱしの経営者ぶって文化人を目指していた社長の化けの皮がはがれてしまった。

今回登場したキーワード 気になったらネットで調べて報告しよう!

  • 『歌麿 夢と知りせば』
  • レトロ左翼をこじらせた老人
  • 安田講堂事件
  • 秋葉原通り魔事件
  • モンスターマインド
  • ウェアラブルデバイス
  • 七三一部隊『悪魔の飽食』森村誠一
  • 退職した社員をこきおろす社長

和田安里香(わだありか)
網界辞典準備室長代行 ネット系不思議ちゃん
年齢26歳,身長162センチ,体重46キロ。グラマー眼鏡美人。
社長室。頭はきれるし,カンもいいが,どこかが天然。宮内から好き勝手にやっていいと言われたので,自分の趣味のプロジェクトを開始した。

倉橋歪莉(くらはしわいり)
法則担当
広報室。表向き人当たりがよく愛されるキャラクターだが,人から嫌われることを極端に恐れており,誰かが自分の悪口を言っていないか常に気にしている。だが,フラストレーションがたまりすぎると,爆発暴走し呪いの言葉をかくつらねた文書を社内掲示板やブログにアップする。最近では『裸の王様成田くん繁盛記』というでっちあげの告発文書を顔見知りの雑誌記者に送りつける問題を起こした。
口癖は「私もそう思ってたところなんです」⁠

水野ヒロ(みずのひろ)
網界辞典準備室 寓話担当
年齢28歳,身長178センチ,体重65キロ。イケメン。
受託開発部のシステムエンジニアだった。子供の頃からあたりさわりのない,優等生人生を送ってきた。だが,最近自分の人生に疑問を持つようになり,奇妙な言動が目立つようになってきた。優等生的な回答を話した後に「そんなことは誰でも思いつきますけどね」などと口走るようになり,打ち合わせに出席できなくなった。

内山計算(うちやまけいさん)
網界辞典準備室 処理系担当
年齢32歳,身長167センチ,体重73キロ。大福のように白いもち肌が特徴。
ブログ事業部の異端児で,なにかというと新しい言語を開発しようとするので扱いに困っていたのを宮内が連れてきた。
コンピュータ言語オタク。趣味は新しい言語のインタプリタ開発。

篠田宰(しのだつかさ)
実例担当
年齢44歳,身長165センチ,体重48キロ。薄い毛髪が悲哀を感じさせる。
社長室。影が非常に薄く,やる気もない。幽霊のよう人物。ただし脅威の記憶力を持っている。温泉とコーヒーに異常な執着がある。

古里舞夢(ふるさとまいむ)
年齢36歳。身長165センチ,体重80キロ。
受託開発部のエンジニア。極端な無口で人見知り。
和田のファン。何かというと和田に近づき,パントマイムを始める。どうやら彼なりの好意の表現らしいが,和田を含め周囲の全員がどんな反応をすべきかわからなくなる。

綴喜堕姫縷(つづきだきる)
容姿は女性,性別は男性。身長172センチ,体重52キロ。
年齢不詳。カナダ,UBC大学卒業。文化人類学専攻。英語とロシア語が堪能。宮内専務の秘書。その前は,バンクーバー支店長の秘書をしていた。
妖艶な美女。独特の雰囲気で見る者を魅了する。サブカル,特に昔のマンガにくわしい。バンクーバー支店で採用したため,本社には詳細な人事情報がない。

著者プロフィール

一田和樹(いちだかずき)

11月6日東京生まれ。バンクーバー在住。

シンクタンクにてIT関連市場調査,製品開発を担当,独立後,インターネットプロバイダなどIT企業の役員,社長を歴任。人材育成にも長け,社長を務めた会社の社員の半数が起業した。

2010年島田荘司選 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。サイバーセキュリティミステリを中心に執筆,その他,ファンタジーやマンガ原作などもこなす。筆が速いことと,多彩な芸域が特徴。

@K_Ichida

バックナンバー

『電網恢々疎にして漏らさず網界辞典』準備室!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入