連載

なぜ,エンジニアの採用は難しいのか?

 

  • 第11回(最終回) エンジニア採用の壁を乗り越えるためにすべき5つのこと
    • 気がついたら最終回を過ぎていた!
    • 「すべての能力がそろったエンジニアを安く採用したい」のは当然として,それ相応の処遇ができるのか?
    • 「エンジニアが転職市場からいなくなっている」という山を乗り越えるには
    • 1回やって「うまくいきませんでした」で終わってしまえば,ダメに決まってる
    • エンジニア採用の壁を乗り越えるためにすべき5つのこと

    2013年12月27日

  • 第10回 エンジニア採用の問題点は婚活と似ている
    • 「エンジニアの声に耳を傾けているにもかかわらず,エンジニアの採用に苦戦している」のはなぜ?
    • 出会いがないのに,付き合うことなどできない
    • 「たまたま高額の報酬を得た人がいまの市場価値に折り合わない」のも,「人材を育ててないから足りなくなる」のも当然の話
    • 「在職転職」では転職への切迫感が薄い

    2013年12月20日

  • 第9回 エンジニアを引き寄せる企業になる2つのコツ
    • 「エンジニア出身」の人は,すでにエンジニアではないので,そもそも胡散臭い?
    • 「他社のジーニアスなエンジニアはだれか?」とヒアリングしてみる
    • エンジニアに「注目している企業や,評判のいい企業はどこ?」と訪ねてみる
    • 「働く環境」という言葉にはいくつもの意味がある
    • いいやり方はマネしたらいい。なかなかできないけれど。

    2013年12月13日

  • 第8回 なぜエンジニアは「エンジニア出身」と聞くと安心するのか?
    • 枕で「原稿に草が生えた裏側」を暴露します
    • エンジニアの気持ちは「わかる」「けれども」「会社としては」という思考フローが当然
    • 「共通言語を持っている」というだけで,安心してしまっていませんか?
    • 採用したいなら「エンジニア出身」という言葉を積極活用せよ!

    2013年12月6日

  • 第7回 エンジニアが考える「コミュニケーション能力」と採用担当者が求める「コミュニケーション能力」の間に横たわるもの
    • エンジニアはコミュ障ではない
    • エンジニアは「目的に沿ったコミュニケーション」をするのはうまい
    • エンジニアが考える,「エンジニアに必要なコミュニケーション能力」とは
    • 人事は「エンジニアの考えるコミュニケーション能力」には困惑?
    • 「自分たちの日常の仕事の延長線上にある言葉」でないと,ピンと来ない

    2013年11月29日

  • 第6回 長期的にエンジニアを「転職したい」と翻意させる技術
    • 申し訳ありませんが,本ネタはあまりの過激さにつきお蔵入りとなりました(ただしヒントあり)
    • ブランディングが「中期的」だとしたら,「長期的」にすべきことってなに?
    • 「エンジニアの成長=役職者になる」という考え方はまだまだ主流
    • 「エンジニア出身」というマジックワード

    2013年11月22日

  • 第5回 中期的にエンジニアを「転職したい」と翻意させる技術
    • 編集者に刺され,編集者をさらすのは“ブランディング”です
    • エンジニア出身ではない採用担当者は,自分のわかる範囲でしかブランディングをしない
    • エンジニア向けのブランディングで考えるべき,たった4つのこと
    • エンジニアの気持ちがわかっている人だけが,エンジニアに好かれる

    2013年11月15日

  • 第4回 エンジニアを転職させたいと翻意させる技術
    • いくら転職を煽る広告を出しても意味はない
    • 「知り合いのエンジニアを紹介してよ」と言ってはいけない
    • 「なぜ,人は転職するのか?」を考えれば,ソーシャルネットワークが効果的な理由が見えてくる
    • 友人が働いている企業なら「自分が働いていけるのか」を判断しやすい

    2013年11月8日

  • 第3回 見つからないエンジニアを探し出す技術・リターンズ
    • 「ぶっちゃけ,『見つからないエンジニアを探し出す技術』っていうほどの内容ではないですよね」
    • 「自社で勉強会? 意味あるかわからないし,面倒だからダメ」と考えている採用担当者がエンジニアを流出させる
    • 「エンジニアが幸せになれない企業」と思われたら,いくら待遇を改善しても,昇進させてもダメ
    • 採用担当者もがんばってはいる,けれど

    2013年11月1日

  • 第2回 見つからないエンジニアを探し出す技術
    • 能力に自信がないのは,評価する機会に恵まれていないことの裏返し
    • 「勉強会に参加している=自ら能力の向上に努めようとしている」ととらえる採用担当者も
    • 変な人,使えない人,困った人がやってくるのを防ぐには,採用担当者を巻き込む
    • 「とりあえず接点を持とう」とする採用担当者は落とし穴に落ちる

    2013年10月25日

  • 第1回 エンジニアがなかなか採用できないワケ
    • 「エンジニアがほしいのに,求人がない!」と人事が嘆いている現状
    • 転職したいエンジニアは2割,絶対転職しないと思うエンジニアは1割,残りは?
    • 転職したい人が頻繁に入れ替わるわけではない
    • 「残り7割」にどうアプローチすればいいか?

    2013年10月18日

 

著者プロフィール

サカタカツミ

クリエイティブディレクター。CodeIQプロデューサー。長年,就職や転職に関するサービスのプロデュースやブレーンを務めている関係で,就活や転職には詳しい。著書に『こんなことは誰でも知っている! 会社のオキテ』『就職のオキテ』などがある。

Twitter:@KatsumiSakata