イマドキのエンジニアの勉強事情

第1回 みなさんの飛躍のきっかけとなった本は?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

心構え・文化

プログラマは文法を覚えるだけではシステムは作れません。金融系のシステムであれば金融の知識も必要となります。ただし,これだけでも不十分で,⁠いいプログラムを作るための心構え」を身につけることで,ユーザ要望にすばやく対応できたり,バグ修正の時に他のバグが混入するのを防いだり,作業の自動化を行ったり,仕事全体のスキルアップが行えます。また,オープンソースなど,独特の文化もあります。

そのような本の中で,圧倒的に強かったのは達人プログラマーです。こちらも関連書も含めて色々出版されています。洋書の⁠Expert Python Programming⁠は言語の本っぽいタイトルですが,技術文書の書き方の説明があったり,継続的インテグレーションの言語に特化したやり方が詳しく説明されていたりして,これも『達人プログラマー』の系列ですね。今後はこのような本が増えてくると思われます。

長い期間,業界に影響を与えてきた本としては,トム・デマルコ,ワインバーグの両著者の著書です。デッドラインゆとりの法則ピープルウェアライトついていますか?コンサルタントの秘密コンサルタントの道具箱…。こちらも単著を一つずつ挙げられている方もいましたし「ワインバーグ全部」という方もいました。古典的なものとしては,人月の神話デスマーチも根強い人気があります。

それ以外でも,Joel on Software”⁠My Job went to Indiaなどの本や,ハッカーと画家Unixという考え方まつもとゆきひろコードの世界などが上がっていました。また,WEB+DB PRESSで連載中の,人物そのものをピックアップしたアルファギークにあってきたも人気があります。

ディープな技術

多くの人にはマッチすることはありませんが,1つの技術をディープに学ぶことで,他のものにも応用可能な足腰の強さに繋がります。とはいっても,挙げられた本が余りにマニアなモノも多くて…。飛躍のきっかけはいろんな所にあるということですよね。⁠はじめてのZ80』⁠PC-88VAテクニカルマニュアル』⁠MC6800/6809のアセンブラ本』PC-9801プログラマーズバイブルVz天国⁠ANSI SCSI規格書』などなど。そういえば,私もロジックICの規格書集や,BeOSのAPIで学んだことは多いです。

Winnyの作り方も,ネットワークの負荷と効率の徹底的な追求ということで,ネットワークプログラミングを考える上では役立つ知識が多いです。

IT以外は?

IT以外の本も数多く挙げていただきました。さすが,普段から読書量が多いだけのことはあります。一番強かったのは,7つの習慣』⁠ドラッカー関連,GTDという仕事術に関するストレスフリーの仕事術ザ・ゴールなどの制約理論(TOC)関連の書籍あたりです。ソフトウェアに近いところではプレゼンテーションZENの支持も多いです。

それ以外でも「風の谷のナウシカ」だったり,⁠浦沢直樹」⁠ワンピース」⁠田中芳樹」みたいな感じだったり,本当に幅広すぎてどうまとめていいのかわからないぐらいです。⁠司馬遼太郎」みたいな歴史物も多かったです。

この連載の今後の展開

そんなIT業界の楽しみ方を伝えるべく現在書籍を執筆中です。小粒ながら良書が揃っている,技術評論社の技評SE選書として発売される予定です。タイトルはまだ未定ですが,これからIT業界に入ってくる人達,業界にはいるけどこれからデビューして活躍していきたいと思っている人達向けの勉強法・勉強会の本になる予定です。著者はGTD関連の勉強会やブログで有名なnomicoさんと,学生の頃からXP,Ruby,C++,Pythonといろんなコミュニティに出入りしている渋川の2人です。ちなみに,イラストをお願いしている, 山本さをんさんからは「本文を流し見させてもらったところ,ITとは全然関係ない人でも役立つ感じ。事例や著者がIT系の人ではあるけれど,普通に一般人でも活用可能な内容になってますー」という言葉も頂いておりますので,多くの人に興味を持ってもらえるとうれしいかも,と思っています。

なお,この連動ウェブサイトでは,本に入れたいけどすぐに陳腐化してしまいがちな内容だったり,誰かと座談会とか(これからお願いする)とか,勉強会のレポートだとか,書籍に収まらなかった内容だとか,本のダイジェストとか,色々記事を書いていこうと思います。読者投稿みたいなのもできたら楽しいかも。今後ともお楽しみに!

著者プロフィール

奥乃美(nomico)

IT系企業に勤めて仕事にアップアップの日々に,藁をも掴む気持ちで始めたGTDに味をしめ,その後突っ走って過ぎること早数年。研鑽内容についてはブログのworks4Lifeにて展開中。現在は,GTDの理解を日本で深めるためにmixiでGTD勉強会も開催中。

ブログhttp://works4life.jp

GTD勉強会http://mixi.jp/view_community.pl?id=3013597


渋川よしき(しぶかわよしき)

社内SE。ソフトウェアを中心に,ライフハック,インラインスケートなど,様々なコミュニティの運営に関わってきた。日本XPユーザグループには設立準備の時から。現在メインのコミュニティはとちぎRubyとPython温泉(系)で,ドキュメントツールのSphinxのコミュニティの設立準備中。趣味は技術文書の翻訳とLT。

Twitter:@shibukawa

ブログhttp://blog.shibu.jp

コメント

コメントの記入