イマドキのエンジニアの勉強事情

第3回 勉強会に行ったら世界が広がりました

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

本連載では,現在執筆中の技評SE選書には掲載していない,オリジナルのコンテンツをお届けしています。IT技術者が勉強をする場合のゴールとして,技術を身につけて自由自在にその技術を使えるようにする,というものがあると思います。今回はそれとは別の到達点として「転職」を取り上げたいと思います。勉強会を通じて適職を見つけ,転職をした人が周りに何人もいます。彼らを見てみると,転職が成立した条件として,次の3項目の共通項がありました。

  • 実力,もしくは将来のための勉強の習慣を身につけた
  • 自分の実力や将来性をきちんとアピールできた
  • 受け入れ側のニーズとマッチした

今回は,勉強会に参加し転職のチャンスを掴んだお二人と,その転職先の社長さんを加えた三人の方々に,勉強や勉強会について語っていただきました。話に夢中で写真を撮り忘れました。文字ばかりですみません。

佐藤治夫さん(twitter:@haru860)
株式会社ビープラウド代表取締役。日頃は経営者とエンジニアの二足の草鞋を履く。2007年9月からWeb系技術勉強会であるBPStudyを開催し,毎月1回開催を続けている。
URL:恵比寿で働く社長のアメブロ
岡野真也さん(twitter:@tokibito)
Pythonコミュニティで主に活動している。Djangoフレームワーク向けの携帯電話開発支援ライブラリの開発や,Windows用のPythonの統合開発環境であるPyScripterの翻訳などを行っています。
URL:偏った言語信者の垂れ流し
文殊堂さん(twitter:@monjudoh)
社長からは「@monjudohは架空の人物なので!」と言われていますが,Twitterにたまに書かれる,労働,転職に関するつぶやきは示唆に富んでいて,筆者(渋川)の周りのごく一部で評判がいいです。
URL:文殊堂

本記事を書いた筆者(渋川)と,今回のインタビューをお願いした岡野さんとはPython Developer Campというイベントで,文殊堂さんとはPython温泉という勉強会で知り合いました。それぞれ,フリースタイル形式で2泊3日という,本当にプログラミングが好きな人しか来ないだろうな,という勉強会でした。また,転職の受け入れ側として,ご自身もBPStudyという勉強会を立ち上げられている,佐藤治夫さんにも来ていただきました。

勉強会に行ったきっかけ

渋川:今日は勉強本の取材の一環として,勉強会などを通じて転職をした人に,動機やきっかけを聞きたいと思います。後は採用した側の方にも勉強会で会う人はどこが違うのか,という点についておたずねしたいと思います。勉強会で目立っているPythonの人は「さあ勉強しよう」という人がいないですよね?いつでも勉強しているイメージです。今まではどんな勉強をされてきましたか?

岡野:Smalltalkという言語を使って,大学の時にゲームを作りました。Pythonに触れたのは大学の時。Ploneというコンテンツ管理システムを大学の研究室のホームページ用に入れたのですが,Ploneは難しかったのでDjangoに移行しました。確か2005年ですね。それまでウェブの開発というと,Delphiを使ってCGIを作成したりしてました。CGIなのに,URLの最後が.exe(笑)とか。

就職した会社がRailsをやっていて,そこでRubyを始めました。その時にオープンソースカンファレンス2006北海道があり,それが初めて行った勉強会というかコミュニティ活動です。勉強会に行くようになったのはそれからです。

渋川:RubyKaigi2008の時に,Ruby札幌の方から「Rubyの勉強会でPythonの話をする岡野というやつがいる」というようなことを聞きましたw。

岡野:Ruby札幌の立ち上げもそのころだったと思います。Pythonのコミュニティへの参加は,まずはチャットなどに参加して,本州のイベントに行くようになりました。夏のPython温泉の最終日に,主催者の中居さん(@voluntas)に紹介されて,東京の品川のスターバックスで治夫さんと面接をしました。

佐藤:中居さんがずーっとしゃべってましたよねw。

渋川:東京と札幌では勉強会は何か違う点はありますか?

岡野:オープンソースのイベントでは,ユーザ(利用者)とデベロッパー(開発者)の2つの立場の人がいるのですが,全体的な人数が少ないせいか,開発者寄りの人と知り合いになるチャンスは少ないですよね。そのため,(開発側の人間としては)東京は勉強会の数も多く,開発者が多い勉強会もあって刺激があります。あとは,札幌の方は懇親会は夜ではなくて,スープカレーを食べながらランチで行うことが多かったです。安いし,夜だと参加できない人もいるので。

渋川:懇親会の方が大切という方もいますよね。昼にというのは初めて聞いたケースですがいいですね。

文殊堂:懇親会はポロリがあるから楽しいです。

渋川:確かに,懇親会でお互いいろいろさらけ出してから勉強会をすると,場が暖まるのも早そうですよね。

岡野:Ruby札幌では,懇親会のあとの勉強会の中でも自己紹介タイムもありました。札幌で厳しかった点は,場所がなかなかない点。お金を取ってしまうと人が来なくなってしまうという点です。

渋川:文殊堂さんはどうでしょうか?

文殊堂:JavaとJavaScriptをやってきました。最近は若手IT勉強会に行って,JavaScriptについて語ったりしています。それまでは,有名な人が見れるということで,ミーハーな感覚でオブジェクト倶楽部や,Shibuya.JSなどに参加していました。

本格的に勉強会に行くようになったのは2年ほど前からで,きっかけは1000スピーカー(趣旨などはhttp://d.hatena.ne.jp/amachang/20080107/1199707365参照)というイベントで,jQueryの話をしたことです。その時は,仕事に対して不安も感じていたりしたので,視野を広げるために他のコミュニティにも行きまくろう,と決意しました。amachangさんのストーキングをしてPython温泉に行ったら,岡野さんから転職した話を聞きました。それで興味を持って,BeProudが主催しているBPStudyという勉強会に参加して,その懇親会で(佐藤)治夫さんと話をして,転職することになりました。

オブジェクト倶楽部のWebページ

オブジェクト倶楽部のWebページ

佐藤:(文殊堂さんはハンドルネームで活動しているので)本名で「この人どうですか?」と聞いたら反応がなかったので,ハンドルネームで周りに再度聞いてみたら「いいんじゃないですか?」と返ってきたので採用することにしましたw。

まとめ

  • 1つの勉強会に行き始めると,そこから芋づる的に輪が広がり始める。

著者プロフィール

奥乃美(nomico)

IT系企業に勤めて仕事にアップアップの日々に,藁をも掴む気持ちで始めたGTDに味をしめ,その後突っ走って過ぎること早数年。研鑽内容についてはブログのworks4Lifeにて展開中。現在は,GTDの理解を日本で深めるためにmixiでGTD勉強会も開催中。

ブログhttp://works4life.jp

GTD勉強会http://mixi.jp/view_community.pl?id=3013597


渋川よしき(しぶかわよしき)

社内SE。ソフトウェアを中心に,ライフハック,インラインスケートなど,様々なコミュニティの運営に関わってきた。日本XPユーザグループには設立準備の時から。現在メインのコミュニティはとちぎRubyとPython温泉(系)で,ドキュメントツールのSphinxのコミュニティの設立準備中。趣味は技術文書の翻訳とLT。

Twitter:@shibukawa

ブログhttp://blog.shibu.jp

コメント

コメントの記入