エンジニアのためのイベント映像活用方法

第2回 WebカメラとCamTwistを使ってUstream配信をする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

1回目の記事はいかがでしたでしょうか? ⁠ライブ中継をおこなう」と言うと大仰に聞こえますが,実は「⁠アカウントを作って)スタートボタンを押すだけ」で始めることができるのです。

ただ,前回の方式では,SkypeやFaceTimeのように「自分を映して誰かに話しかける」というスタイルには適していますが,勉強会などのイベントにおいて「講演者を映す」という用途にはあまり向いていません。

MacBook Airの画面を講演者に向けて配信できないことはないのですが,正しく配信できているかどうかの確認ができませんし,何より配信(録画)のスタート・ストップすらまともに操作できません。

そこで2回目の今回は,MacBook Airに外付けのWebカメラを繋げての配信を解説します。

なお,今回から,この連載用のハッシュタグを#eventstreamingとしたいと思います。ご意見・ご感想などあれば,ぜひお知らせください。

Webカメラでの配信

「Webカメラ」という言葉ができた頃には「Webに繋がったライブカメラ」という意味だった気がしますが,最近では「USB端子へ接続するカメラ製品」的なニュアンスでも使われています。この記事でもこちらの意味で「Webカメラ」という言葉を使っていきます。

このWebカメラを使った配信方法を解説します。とは言っても,MacBook Air内蔵のカメラを使って配信をしてみた方なら,実は既にWebカメラを使っていたことになります。MacBook Air内蔵のFaceTimeカメラは,内部でUSB接続されているWebカメラに他ならないからです。

つまり,基本的には,内臓のカメラを使うか外付けのカメラを使うかの違いでしかありません。

Webカメラは数千円から一万円程度で購入できるできるものがほとんどですが,価格の他にも対応機種について気にしておきましょう。

ここではMac OS X対応のものを選択するのが良いのですが「Windows用」と売られている製品でも,付属ソフトがWindows用しかないというだけで,本体のカメラはMac OS Xでも利用可能というWebカメラもあります。付属ソフトに魅力を感じている場合は別ですが,カメラとして使いたいだけなら,このような製品を選ぶというのもひとつの手です。

最近売られているのは,UVC(USB Video Class)に準拠したカメラがほとんどだと思いますので,Macでも普通に使えるものも多いはずです。Webカメラが世の中へ出たての頃には,メーカーの独自規格の製品もあり,今よりも「情報収集または賭け」が必要な世界でした(笑)

今回はこの連載のために,Logicool HD Webcam C310を購入してみました。このWebカメラの対応OSは「Windows Vista,Windows 7またはWindows 8(32または64ビット)⁠となっており,Mac OS X対応とは記載されていません。

では,このカメラを使ってライブ配信ができるかどうか試してみましょう。

MacBook AirのUSB端子にカメラを接続します。

図1 Logicool HD Webcam C310

図1 Logicool HD Webcam C310

この状態でUstreamへログインし,ブロードキャスター(配信コンソール)を起動します。画面の下部にある,ギアの形をしたアイコンをクリックすると「詳細設定」などの設定パネルが出てきます。

設定パネル左側には,映像と音声のそれぞれの入力を切り替える選択フォームがあります。フォームをクリックすると映像には「Logitech カメラ」⁠音声には「Logitech Camera」という選択肢がそれぞれ出てきました(なお,⁠Logitech」とは,このWebカメラの製造メーカーであるスイスLogitech社の名称です。⁠Logicool」は日本におけるLogitech社のブランド名称です)⁠

図2 ブロードキャスターのカメラ選択画面

図2 ブロードキャスターのカメラ選択画面

思っていたより,あっさり認識されてしまいました。この状態でWebカメラを使っての配信ができる状態になっています。

原稿を執筆する前には,このステップではカメラが認識されずに,次に紹介する「CamTwist」というソフトウェアを利用して「カメラが認識されました!」と説明するつもりだったのですが,想定が見事に崩れてしまいました(笑)

気を取り直して,CamTwistの紹介へ移りたいと思います。

CamTwistのインストール

CamTwistは,複数の映像ソースを切り替えたり,映像ソースへリアルタイムにエフェクトをかける(映像効果を合成する)ことのできるMac OS X用の無料ソフトウェアです。

図3 CamTwist Webサイト

CamTwist Webサイト

このソフトウェアを使うと「Ustreamのブロードキャスターでは認識されないWebカメラ」が使える場合があるので,その実例として「Logicool HD Webcam C310」を購入してみたのですが,前述のとおり,あっさり認識されてしまいました。

残念ながら実際の例をお見せできなくなってしまったのですが,もし,ブロードキャスターで認識されないWebカメラがお手元にあるなら,CamTwistを試してみると良いかもしれません。

CamTwistのWebサイトから,最新版をダウンロードします。

図4 CamTwist ダウンロードページ

図4 CamTwist ダウンロードページ

ダウンロードしたディスクイメージファイルをダブルクリックし,展開された「CamTwist.pkg」を実行します。OS X 10.8の場合は,ファイルをダブルクリックしても実行できないはずなので,コントロールキーを押しながらファイルをクリック(もしくは右クリック)し,コンテキストメニューの中から「開く」を選択して実行してください。

図5 CamTwist インストール

図5 CamTwist インストール

一連の処理が終わると,アプリケーションフォルダにCamTwistがインストールされていることが分かります。

著者プロフィール

鈴木則夫(すずきのりお)

株式会社クロコス所属ではあるものの,本連載と業務とは特に関係がない。

個人的な興味として,勉強会やカンファレンスのUstream配信を行なってきており,ときおり「KaigiFreaks(配信班)」の名の元に活動している。

「suzuki」というアカウントを取得するのが好き。

Web日記:http://suzuki.tdiary.net/
Twitter:@suzuki
GitHub:https://github.com/suzuki

コメント

コメントの記入