エンジニアをレベルアップさせる「ファシリテーション入門」

第10回 ファシリテーション力をアップさせる方法

2009年2月16日

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ファシリテーション力をあげるには,一にも二にも実践です。本で読んだり,研修を受けただけでは,つかえるようにはなりません。

自転車に乗れるようになるのと同じで,失敗を重ね,何度も転び,それでもやっているうちに,勘所がわかってきます。

ほんとうに使いこなせるようになるには,かなりの実践時間が必要です。しかし一度身に付けたら,一生物のスキルであることは保障します。転びながらも失敗大歓迎の精神でトライしてください。

今回は,ファシリテーションを自分のモノにするための,実践方法のヒントをお伝えしていきます。

どう実践していくか?

身につけるのに有効なのは,なんといっても第三者の視点からのコメントです。自分自身はできているつもりでも,実はできていない事も多いものです。自分以外の視点があれば,それに気がつくことができます。

具体的なやり方を説明しましょう。

1.宣言する

話し合いの参加者に,ファシリテーションの技術を向上させるために,実践するという意図を伝えます。そして話し合いが終わったときに,気づいた点を教えてほしいと,お願いします。

このとき,漫然とお願いするよりは,何点かの観察(意識)ポイントを伝えて,その点についてどうだったか尋ねるのがよいと思います。この方が的確なフィードバックをもらえる可能性が高まります。

「今日は私は聴くことに徹したいと思います。私の聴き方について,会議が終わった後にコメントいただけると,うれしいです。」と,いった具合です。

2.実践する

みんなに宣言した,ポイントを意識して話し合いをファシリテーションします。

3.フィードバックをもらう

話し合いが終わったら,みんなにどうだったか?できていたか?あるいは,できていなかった?の感想・気づきをもらいます。

このときは,どんな厳しい内容でも,感謝を述べましょう。あくまで自分の成長のために,協力してもらっているという気持ちを忘れないことが大切です(ここで感謝をのべないと,二度とフィードバックしてもらえないことになります)。

フィードバックのコツもあわせて説明してもよいかもしれません。フィードバックは見たこと・感じたことをそのまま語ってもらい,良いとか悪いとかの評価はなるべくしないようにがポイントです。どんなに良いフィードバックでも,相手が感情的に受け取れないようでは意味がないからです。

「あまり聴いてもらった感じがしませんでした,まだ充分話をしていないのに,先に進んだように感じましたね」というコメントがもらえたら,「ありがとうございます,どういう風にしたら,もっとよかったと思いますか?」と尋ねてみましょう。

上記1~3を,何回か繰り返していると,短期間にファシリテーション力が向上するのが自分でもはっきり認識できると思います。

フィードバックは非常に有効な手段です。できれば,組織の中で,みんなでフィードバックし合える雰囲気が作れれば,組織の力も向上します。ちなみに上記1~3はファシリテーション力に限らず,いろいろな力をつけるのに有効なステップです。

直接コメントをもらう他にも,気をつける点のチェックリストをつくり,話し合いの最後にチェックしてもらう,アンケート方式でもよいでしょう(こうしたチェックリストをチームで作るのも組織でファシリテーション力を向上させる,非常に良い方法です)。

著者プロフィール

野口和裕(のぐちかずひろ)

13年間の会社員時代,SEとして企業や官庁で各種システムの設計に従事。製造業,建設業,人事システムの構築を数多くこなす。その後,独立しフリーランサーのSEになる。現在有限会社NTX)を設立し,SEの傍らヒューマンスキルの研修を行う。

著書は『SEのための「どこでもやれる力」のつけ方』(技術評論社刊)。3度の飯はお好み焼きでOKという広島人。

ブログhttp://blog.livedoor.jp/facilitator/

コメント

コメントの記入

ピックアップ

EC事業者が注目,.shopドメインとドメイン名をとりまく新たな流れ

インターネットの可能性を広げる新たな動きが,ドメイン名をめぐって起こりつつあります。

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーたちが語る,確実な力を付けるための“質問力”

エンジニア特化型Q&Aサイト「teratail」のトップランカーの方々に集まっていただき,座談会を開催しました。

Webサイトに“安心”をプラス―知らないでは済まされないSSLサーバ証明書の仕組み

いまやユーザといえでも必須の知識となったWeb通信の暗号化と,その信頼性を確保するための「SSL証明書」のしくみについて紹介します。

リクルートライフスタイルの技術力を追え!

ビジネスを拡大し続けるリクルートライフスタイルの技術力を,編集部の徹底取材により紐解きます。

開発スピードに限界を感じたときの処方箋

「JIRA」をはじめとするアトラシアンのツール群。多くのオープンソースソフトウェアを継続して提供する支えとなっている使い易さを探ってみます。

デジタルコンテンツを日本から世界へ―MyCommerceで始める越境EC

自社開発ソフトウェアを海外も含めてオンラインで販売したいというニーズに即したサービス「MyCommerce」を用いて,誰もが手軽に越境ECを実現するためのノウハウを紹介します。

バックナンバー

No12(2009.04)

今回のSoulHackで主に取りあげるのは,梅田望夫の「ウェブ時代をゆく」という本です。

No11(2009.03)

今回のSoulHackで取りあげるのは,阿部謹也の「世間学への招待」と他1冊の本です。

No10(2009.02)

今回のSoulHackで取りあげるのは,山本七平の「空気の研究」という本です。

No9(2009.01)

今回のSoulHackで取りあげるのは,アーノルド・ミンデルの「紛争の心理学」という本です。

No8(2008.12)

今回のSoulHackで取りあげるのは,河合隼雄氏の「カウンセリングを語る」という本です。

No7(2008.11)

特集:2008年度日本OSS貢献者賞受賞者インタビュー

No6(2008.10)

特集:エンジニアの実践的キャリアアップ思考法

No5(2008.09)

特集:事例でわかる,プロジェクトを失敗させない業務分析のコツ

No4(2008.08)

特集:ゼロからはじめるPSP

No3(2008.07)

特集:今こそ使える! プロトタイピング

No2(2008.06)

特集:「開発スタイル」開発法

No1(2008.05)

特集:エンジニアが身につけたい基本スキル 2008

-->