まだチャンスはあるのか?Firefox OSレビュー

第4回 Firefox OSのApp Store「Mozilla Marketplace」に迫る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回は,Firefox OSがリリースされた後に重要な存在となる,アプリ配信プラットホームの「Mozilla Marketplace」を取り上げます。

店舗準備中のMarketplace

手持ちのNexus SにFirefox OSをインストールした頃は,Marketplaceアプリを起動しても工事中でしたが,Android向けのプレビュー版公開をキッカケにして,Firefox OSからもアクセス可能になっており,Marketplaceの商品棚には,Firefox OS向けのアプリが並びはじめています。

予想を裏切らない作り

Marketplaceアプリを起動すると,画面上部に,3つのアプリアイコンボタンが,その下にカテゴリボタンが並びます。カテゴリは,Book & Reference,Business,Education,Entertainment & Sports,Game,Health & Fitness,Lifestyle,Music,News & Weatherの9種類に分けられています。

シンプルでわかりやすいデザインのMarketplaceアプリ

シンプルでわかりやすいデザインのMarketplaceアプリ

いずれかのカテゴリボタンをタップすると,その配下に登録されているアプリの一覧が表示されます。一覧のアプリをタップすると,アプリ紹介の画面に切り変わります。この紹介画面には,最上部には,アプリ名とアイコンが表示されて,⁠Free]のボタンが並びます。その下は,アプリのスクリーンショットと説明,さらにその下には,ユーザのレビューが表示されます。

筆者が確認した限りでは,⁠Free]と表示される無償アプリばかりですが,有償アプリが配信されれば,Freeの表示が金額になるのかもしれません。Marketplaceで配布される有償アプリは,iOSやAndroid OSと同じように,販売額の何割かをMozillaが徴収することになり,これを新たな収入源とすることになるのではないかと想像します。

アプリのインストールは,⁠Free]をタップします。

インストールを確認するダイアログが表示されます。⁠Yes]をタップすると,端末にインストールが始まり,終了するとホーム画面にアプリアイコンが表示されます。アプリアイコンをタップするとアプリが起動するのは,標準アプリと変わりありません。

Marketplaceで公開されているアプリの詳細を表示したところ

Marketplaceで公開されているアプリの詳細を表示したところ

Marketplaceアプリは,想像の範囲内で動作するので,操作方法は,App StoreやPlayストアを一度でも使ったことがあれば,これまで得た経験を活かして,楽に使いこなせるようになります。こうしたアプリは,奇抜な演出より,わかりやすく・使いやすいことが重要だと思うので,Marketplaceアプリの仕上がりには好印象を持っています。

Firefox OS向けアプリがどれだけ増えるか?

Firefox OSがリリースされていないので,Marketplaceに登録されているアプリ数の話をするのは,時期尚早ですが,ひとつずつ試していける程の数しか登録されていません。

Firefox OS向けアプリは,HTML5で開発を行います。

インターネットで公開されているモバイルサイトがHTML5で書かれているならば,いくばくかの修正作業で,対応アプリが用意できると考えることもできます。となれば,潜在的なアプリ数はかなりあると言え,数の心配は無用かもしれません。ただし,ユーザビリティの観点で見ていくと,サイトごとに,それぞれの解釈で作られています。これを,Firefox OSの流儀に習った物へと改修するとなれば,それなりの工数が必要となるはずです。

iPhoneのアプリが開発できるようになったころ,Objective-Cを使うプログラマが増えるのだろうか?と疑問に感じましたが,プラットホームに十分な魅力があれば,障害にならないことをAppleが証明しています。今回のFirefox OSは,Mozillaで頑張る皆さんの腕の見せどころと言うことではないでしょうか。

有償アプリの決済方法は?

現在のMarketplaceは,無料アプリしかありませんが,有料アプリも登場してくるはずで,その決済方法が気になるところです。

国内で行われているような,通信事業者がコンテンツ料も徴収する仕組みは,世界的に見ても珍しいケースなので,通信事業者とは切り離して,徴収する方法が考えられているはずです。また,先行するApp StoreやPlayストアは,様々な料金徴収方法が提供されているので,どれだけのバリエーションを持ってスタートを切るのか気になるところです。

ユーザは,スマートフォンに組み込まれたアプリ内で決済することに,慣れはじめており,下地が整いつつあるので,GoogleがAndroidで味わった苦渋をMozillaも味合うことはないはずです。ただし,金銭のやりとりなので,明瞭なシステムが構築されていることは必須で,Mozillaがどのような答えを用意してくるのか楽しみです。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/

コメント

  • タイトルについて

    Mozilla Marketplace の現在の名称は Firefox Marketplace だと思います。
    また,この記事のタイトルだと,Firefox OS 専用の市場と誤解されそうですね。Android でも Windows でも Mac でも,Firefox があれば利用できるわけですが。

    Commented : #1  nemo (2012/12/11, 14:11)

コメントの記入