玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々

第36回 プロジェクトの分岐と智のゲーム

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

最近,授業の準備で調べものをしていると,⁠協力してHTML5の規格を策定していたW3CとWHATWGが,異なる路線を歩むことになった」旨のニュースを目にしました。

W3C(World Wide Web Consortium)WWWの標準規格を定めている団体で,会費を払った企業や大学,あるいは個人が会員となって標準規格の策定に関わることができます。一方,WHATWG(Web Hypertext Application Technology Working Group)ウェブブラウザの開発者たちが中心となって立ちあげた任意団体で,誰でも参加できるメーリングリストでの議論を通じて,HTMLに新しい機能を追加することを目指しています。

この手の「分岐」は,ソースコードが公開され,プロジェクトへの参加が誰にでも開かれているオープンソースソフトウェア(OSS)の世界ではよく見られる現象ですが,それがHTML5といった重要な規格の世界でも生じているのを見ると,OSS的な活動原理が,ウェブを用いたビジネスの世界の根幹にまで影響を及ぼすようになってきたのだなぁ,という印象を強く受けました。

詳細は後述しますが,以前,W3CとWHATWGが協働してHTML5の規格を策定すると発表した時点で,W3CとWHATWGのパワーバランスの変化に驚いたのですが,今回の両者の分岐の発表はさらに一歩進んで,WHATWGがW3Cを周回遅れにしたような印象を持っています。

そこで今回は「プロジェクトの分岐」という現象を,以前紹介したことのある「智のゲーム」という視点から考えてみることにしましょう。

HTML5とW3C,WHATWG

まずはじめにHTML5を巡る歴史的な流れを紹介しておきましょう。HTML5は,1999年の公開以来,広く利用されているHTML4.01に取って代わる予定の新しいHTMLの規格です。

図1 W3CによるHTML5のページ

図1 W3CによるHTML5のページ

HTML5は2014年の公開を目指して現在も策定作業が進んでいますが,その始まりは必ずしもスムーズではありませんでした。というのも,HTMLの規格を定めているW3Cは,HTMLの規格は4.01で終了として,以後はHTMLをXMLで定義し直したXHTMLの規格作りに傾注していたからです。

XML(Extensible Markup Language)は,HTML同様,SGML(Standard General Markup Language)をルーツにもつマークアップ言語(各種のタグを文書内に埋め込むことで文書の見栄えや構造を記述する言語)です。HTMLはWWWのアイデアを簡単に実現するためにSGMLの要素をありあわせ的に利用して,ブラウザ側に判断を任せる曖昧な部分があったのに対し,XMLではその反省を踏まえて文法構造を厳密に定義し,さまざまな情報機器がインターネット経由で文書データをやりとりする際にも誤解を生じることがないように設計されています。

XHTMLはXMLを用いて記述されたHTMLで,従来のHTMLよりも文書の構造等を正確に表現することができ,WWWの発明者であり,W3Cを率いているティム・バーナーズ=リーが提唱するセマンティック・ウェブにも適用しやすいため,W3CはHTMLに代わる規格としてXHTMLを推進していました。

「セマンティック・ウェブ」とは,ウェブページにさまざまなタグ情報を付与することで,そのページの持つ「意味」を機械的に処理できるようにしようという試みです。この機能が実現すれば, ウェブページを検索する際も,現在のようにキーワードの有無に基づく検索だけではなく,そのページの意味内容をより適切に反映した検索が可能になると期待されています。

W3CはHTMLからXHTMLへの移行を進めるために,XHTML1.0ではHTML4.01の規格をそのまま再定義し,XHTML1.1でもXMLの特徴を活かして機能のモジュール化を進めた程度で,ウェブページに新しい機能を追加するような変更は行ないませんでした。

一方,WWWを日々の仕事に利用しているウェブサイトのデザイナやブラウザソフトウェアの開発者たちは,WWWに求められる役割が増えるにつれ,HTML4.01で定義されている機能だけでは不十分に感じていました。彼らにとっては,HTMLからXHTMLへの移行を進めるW3Cの動きは緩慢で,差し迫った問題を解決する手助けになりません。そこで,ブラウザソフトウェアの開発元であるApple,Mozilla Foundation,Opera Softwareの技術者たちが立ちあげたのがWHATWGです。

図2 WHATWGのホームページ

図2 WHATWGのホームページ

WHATWGでは,公開メーリングリストでの議論を踏まえながら,ウェブページにHTML4.01では定義されていなかった機能を追加するためのWeb Forms 2.0Web Applications 1.0などの規格を提案し,支持者を増やしていきました。

このようなWHATWGの動きに対して,W3Cも「ウェブページに現在求められている機能を」という声を無視することができなくなり,従来の「HTMLは廃止してXHTMLを推進する」という方針を撤回して,WHATWGが提案している規格をHTML5として採用することを決めました。それに伴ない,XHTMLの新版の策定作業は中止し,HTML5の策定に向けた作業をWHATWGと協働で進めることになりました。

W3Cは会費さえ払えば誰でも会員になることができ,会員はワーキンググループへの参加を通じて標準規格の策定に関われることになっています。そのためWHATWGのような活動はW3Cの中から起こすことも可能だったはずです。

しかし,WHATWGの中心メンバーたちは,そのような内側からの活動だけではHTMLを廃してXHTMLを推進するというW3Cの方針を変えることができないと考え,WHATWGという別の組織を作ってそこに人々の注目や支持を集めることで,外からW3Cを動かすことに成功したのでした。

この事例は,生み出した「智」⁠ここでは「新しい規格」⁠が多くの人々に認められることで,その「智」を生み出した人々の影響力が強まり,ついには本来の開発元もそれを認めざるを得なくなる,という「智のゲーム」の典型的な例と言えるでしょう。

最初にも紹介したように,この協働関係はHTML5が正式な規格として決定する前に終了し,今後WHATWGは"living standard"としてHTML5に最新技術を追加していく作業を続け,W3Cはそれらを追認する形でWWWの標準規格を策定することになるそうですが,WHATWG的には「当初の目的は果したので,後の面倒な手続きはW3Cの方で頑張って」といったところなのでしょう。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたものの,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSの世界にどっぷりと漬かってしまいました。最近は田舎に隠棲して半農半自営な生活をしながらソフトウェアと戯れています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html

コメント

コメントの記入