玩式草子─ソフトウェアとたわむれる日々

第75回 急に出ましたPlamo-6.0

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前回の最後に少し触れたように,メンテナの松木さんの旗振りで,10/24-25に東京,日野市の明星大学で開催されたオープンソースカンファレンス(OSC)2015 Tokyo/Fallに,「Plamo Linux メンテナグループ」名義で出展しました。

筆者自身は都合が付かずに参加できなかったものの,メンテナの松木さんと田向さんが両日とも参加され,ブースはそれなりに盛況だったそうです。次回は番外編として,首謀者(笑)の松木さんにOSCのレポートをお願いしていますのでご期待ください。

OSCに参加しよう,という話になったのが8月下旬,当初から「ブースでインストール用メディアを配布しよう」,という話はあったものの,「どうせなら新しいバージョンを配布したいよね」「それならバージョン6.0を出そう」,という話になったのが9月20日ごろ。そこから急遽Plamo-6.0のリリースに向けた作業が始まりました。

Plamo-6.0の特徴

Plamo-6.0はOSCに合わせてリリースすることになったバージョンで,「それほど大きな変更があったわけではないから,バージョン番号は5.3.2くらいが妥当では?」という意見もあったものの,「せっかくイベントで配布するんだから,キリがいい番号にしよう」ということで6.0に決まりました(苦笑)。

そのため,システムの基本構成は今年の1月末にリリースしたPlamo-5.3.1を踏襲しているものの,その後8ヵ月ほどの更新を反映して,バージョンが上がったパッケージや追加した機能も多数あります。以下ではそれらのうちの主要なものを紹介します。

linux-4.2.3 カーネル

メンテナの田向さんのおかげで,メジャーバージョンの上がったlinux-4.x(4.2.3)カーネルを採用できました。もっとも,4.2.3カーネルがPlamo-6.0で突然現われたわけではなく,Change.Logを見ると「3.18.21」「3.19.8」「4.0.9」「4.1.7」「4.2.1」「4.2.2」とバージョンアップを重ねて「4.2.3」に辿りつかれたようで,日々の努力に頭が下がる思いです。

加えて,コンソールに日本語を表示するuniconパッチ,ファイルシステムを透過的にマウントするaufsパッチなども引き続き採用しているので,uname等で確認しないとカーネルのメジャーバージョンが上がっていることに気づかないくらいの使い勝手になっています。

とは言ってもいくつか気になる変化もあり,たとえばfdisk -lで接続されているHDDのリストを見ようとすると,従来は表示されなかったramdiskが/dev/ram0から/dev/ram15まで表示されるようになって,接続したUSBメモリを確認したりするのが少し面倒になりました。

# fdisk -l
ディスク /dev/ram0: 4 MiB, 4194304 バイト, 8192 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト

ディスク /dev/ram1: 4 MiB, 4194304 バイト, 8192 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
...
ディスク /dev/ram15: 4 MiB, 4194304 バイト, 8192 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト

ディスク /dev/sda: 2.7 TiB, 3000592982016 バイト, 5860533168 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
ディスクラベルのタイプ: gpt
ディスク識別子: FEF666B4-0E0A-463D-92F6-0931B306861A
...  
ディスク /dev/sdb: 3.8 GiB, 4042260480 バイト, 7895040 セクタ
単位: セクタ (1 * 512 = 512 バイト)
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスクラベルのタイプ: dos
ディスク識別子: 0x6b8b4567

たぶん,カーネル4.0になったあたりで行われた変更と思いますが,その理由や影響等はよくわかりません。普段使いにはそれほど影響ないとは思うものの,grubconfigやliloconfigでブートローダのインストール先を選ぶ際などには注意が必要です。

Mate-1.10

植竹さんにメンテをお願いしているMateデスクトップ環境を1.10シリーズに更新しました。このバージョンからヘルプ画面も表示されるようになりました。

図1 Mate-1.10の画面

図1 Mate-1.10の画面

Mateデスクトップ環境は,元々はGNOME2の後継としてGTK+2に依存していたものの,最近はGTK+3への移行も進み,GNOME3とは異なった方向へ進化を続けているようです。

Xfce-4.12

コンパクトなデスクトップ環境Xfceも4.12に更新しました。

図2 Xfce-4.12の画面

図2 Xfce-4.12の画面

2015年2月にリリースされたXfce-4.12は,2012年4月のXfce-4.10以来,約3年ぶりのリリースになったものの,バージョン番号が示す通り漸進的な更新で,見た目やUIに関わるような大きな変更は行われなかった模様です。しかしながら,XfceのサイトにあるXfce-4.12ツアーを見ると,さまざまな改良点が紹介されていて,こういう積み重ねが重要なのだと改めて認識しました。

なお,Plamo-6.0のDVDイメージでは,xfceのテーマやアイコンパッケージに収録漏れがあって,それらが白紙のアイコンで表示される問題が指摘されています。これらのパッケージはFTPツリー上では追加されているので,get_pkginfo等で必要なパッケージをインストールしてください。

MesaLib-10.6.7 + xorg-server-1.17.2

xorg-server-1.17も2度ほどメンテナンスリリースを重ねて落ちついてきたようなので,Plamo-6.0ではMesaLib-10.6.7と合わせてxorg-server-1.17.2を採用することにしました。

X Window Systemの場合,Xプロトコルのバージョンが変らない限り,サーバとクライアントは独立に更新できるものの,Xorgサーバを更新するには各種ライブラリと共にマウスやキーボード,ビデオカードを操作するモジュール化されたドライバ類などを合わせて更新しなければならないので,更新が必要なパッケージはかなりの数にのぼります。加えて,最近のXorgサーバは3D処理にOpenGLを使うので,OpenGLをOSSとして実装したMesaLibと連携する必要がありますし,MesaLibはカーネルのDRM(Direct Rendering Manager)機能を用いてそれぞれのビデオカードを操作するので,カーネルのDRM機能やそれを利用するためのlibdrmパッケージにも目配りが必要です。

そのようにあれこれ気を遣いながら更新しても,Xクライアント経由でユーザに表示される画面は何も変わらない,というのはなかなか辛いところです(苦笑)。

firefox-41.0.2/thunderbird-38.3.0

リリースサイクルが高速化されたfirefoxを追いかけるのは大変ですが,メンテナの加藤さんが頑張ってくれています。

図3 Firefox Nightyly 41.0.2

図3 Firefox Nightyly 41.0.2

加藤さんにはセキュリティ回りの更新もお世話になっています。

LibreOffice-5.0.2

LibreOfficeも最新の安定版5.0.2に更新しました。起動画面や初期メニューが更新されて,ずいぶんcoolな印象になりました。

図4 LibreOffice-5.0.2

図4 LibreOffice-5.0.2

Plamo LinuxのLibreOfficeパッケージは,LibreOfficeプロジェクトが配布している公式なRPMパッケージをtxz形式に変換しただけで使っています。特定のディストリビューションを前提とせず,さまざまな環境で利用できるように考慮してパッケージ化してくれているLibreOfficeプロジェクトに感謝します。

UEFI/GPT対応

カーネルやfdisk/cfdiskは以前からGPT(GUID Partition Table)に対応していて,3TBのHDDをGPT形式でフォーマットしてデータ用に使うことはできたものの,UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)機能には対応していなかったので,GPT形式のHDDを起動ディスクにはできませんでした。

今回,インストーラもGPT形式に対応し,grubにUEFI対応機能を持たせたので,GPT形式のHDDからも起動できるようになりました。この作業にはメンテナの名倉さんの試行が参考になりました。

もっとも,インストーラの対応が不十分なので,GPT HDDからの起動には多少の手作業が必要になります。そのあたりの情報はDVDイメージに収めているREADME_GPT.pdfという文書にまとめているのでご参照ください。UEFI/GPTに関しては,この連載でも改めて紹介しようと思っています。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたものの,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSの世界にどっぷりと漬かってしまいました。最近は田舎に隠棲して半農半自営な生活をしながらソフトウェアと戯れています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html

コメント

コメントの記入