モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第1回 議論を“絵”にしてます!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

議論を“絵”にするって?

はじめまして。企業の会議や研修に立ち会って,その場で「議論をにしていく」仕事をしている,グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこ,と申します。

と,いきなり名乗っても「グラフィックファシリテーターって何?」「議論を絵にするってどうやって?」とほとんどの方に聞かれますので,まずは写真をご覧ください。

上の写真は,NTTグループ企業の研究者やプロデューサー,営業の方々などバラエティ豊かな面々が毎回集まる『知恵の和ワークショップ』という場でグラフィックファシリテーションを実践している様子です。今回特別に掲載許可をいただきました。

企業の会議や研修,勉強会に立ち会うことが多く,なかなか具体的な内容までお見せすることができないんですが,私の場合は,こんな感じで描いてます。(“私の場合と書くのは,グラフィックは人それぞれ個性あるものと日頃から感じるので,これはあくまでも私=ゆにのグラフィック…という気持ちからですが)なんとなく「議論をにする」というイメージはつくでしょうか?

会議に“水森亜土”がいる感じ!?

通常,ワークショップでの私の立ち位置は,メインのファシリテーターのかたわらで,ひたすら壁に向かって黙って絵を描いています。

「そんなにずっと描き続けて疲れない?」と聞かれることも多いのですが,とにかく私にとっては楽しくてたまらないこの仕事。見たことのない方には「会議に水森亜土がいる感じです」と言って説明したりもするんですが,そう聞いて「なんとなくイメージつくね」と思ったあなたは,もしや30代以上の方ではありませんか?

というのも,ちょっと話がそれますが,最近,水森亜土さんを知らない若手社員に多数遭遇(ガ~ン)。一方で「え?! 歌って描けるの?!」「ガラスに描いちゃうの?!」と,いらぬ誤解も招くので,最近この一言で表現することはすっかり自粛気味です…。ともかく,「楽しく描いているんだな」ということを感じていただけるとうれしいです。

ただ,実際は鼻歌を歌う余裕すらありません。その都度,議論の目的もテーマも業界も違ってきますし,展開も読めませんので緊張感は高いです。特に,先ほどの『知恵の和ワークショップ』にいたっては毎回,最新の研究,技術に関する内容がほとんどなので,参加した当初は「無線ってナニ?!」「UWB? うるとらわいどばんどぉ~?ってナニ?!!」といったところから本当にドキドキでした。

しかし担当の方から「いろんな立場の方が来られますからね」「研究者であっても専門外のテーマであれば初めて聞く内容の場合も多いんですよ」という言葉をかけていただき,「私のグラフィックも一役買えるんだ」と感じて参加させてもらっています。

共通言語に「グラフィック」

私のグラフィックを活用していただく多くの場合,様々なバックグラウンドを持った人が集まる「場」に呼ばれることが多いようです。例えば,年次が違う,専門としている職種が違う,事業部が違う,国籍が違う,クライアントを交えたプロジェクト会議という場もありました。

上の写真は,「日本語を書いても読めない」という参加者が半数を占めている国際色豊かなワークショップでした。私自身日本語を使わず描くという貴重な体験をさせてもらいましたが,「これぞ究極のファシリテーショングラフィック?!」と,グラフィックだけで伝わる世界はちょっとした感動体験でした。まさにグラフィックが共通言語になった瞬間。海外の方が特に「わかりやすい」「記憶に残る」と喜んでくれたのが印象的でした。

参加者の人数は5~6人の会議から20人~40人,100人超の研修やワークショップと規模も様々です。その中で「共通のビジョンを描きたい」「顧客(ユーザー・カスタマー)をもっと具体的にみんなでイメージしたい」「議論にもっと広がりを持たせたい」 といったことから,にしてほしい」と声をかけていただいています。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

  • 外国人との会議で実施するのを見てみたい!!

    ゆにこさんの知り合いが同じ職場にいて、朝礼で紹介して頂きました。これだ!!異文化コミュニケーション、特に外国人との仕事上の会議ってほんとのところ、伝わってるのかな?って思うことないですか?日本人同士だってちゃんと分かってないのに。日本人vs外国人の構図になってる話し合いに、優秀な通訳が必要なのはもちろんですが、言葉以外のチャンネル、たとえば絵があれば・・・それも、会議資料のようにある意味予め意図された絵でなく、リアルタイムにかつ中立的に話すそばから生成される活きた絵があれば・・・考えるだに素晴らしい!!

    Commented : #10  岩木 (2007/07/03, 11:23)

  • いいね!

    うちでやってもらおう!

    Commented : #9  たにもと (2007/06/29, 00:29)

  • 議事録とは違う何か

    わたしもなまで見せてもらったことがありますが、確かに“絵”にするとなんか違いますね。

    議事録とは全然違う記録が残る。

    スポーツニュースのハイライトシーンみたいな感じなのかなあ?

    やっぱりそれは傍から見てると「切り取る」ってゆうふうに見えちゃいます。

    それにしてもゆにさんは文章もお上手ですね。わかり易い言葉使いです。左脳が右脳的に機能してるから、とか?

    Commented : #8  くろめがね (2007/06/22, 20:12)

  • わかりやすいなぁ

    僕はゆにのグラフィックファシリテーションをなまでやってもらったけど、いやびっくり!帰ってきて他の人に伝えようと思っても、なんとも伝えられない。このページはわかりやすくていいなぁ。

    Commented : #7  しろわに (2007/06/19, 16:28)

  • 活躍の場が広がっていますね!

    素晴らしいですね!
    今度、MR会でも紹介してみましょうよ

    やっぱり、絵になるのは、皆さん感動するので、伝播するスピードが速いですね

    それは、社内でも同じことだと思います

    Commented : #6  鈴木利和 (2007/06/14, 09:15)

1ページ(1/2)    

コメントの記入