モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第40回 「ハートが描ける会議」どうしたらできる?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

こんにちは。グラフィックファシリテーターのやまざきゆにこです。すっかりご無沙汰してしまいましたが,⁠ハート」の絵の話の続きをしていきます。

企業に蔓延する「ハートが描けない会議」

グラフィックファシリテーションで「ハート」が描けるという現象はとにかくイイんです,という話を前々回から紹介していますが,会議でメンバーの気持ちが1つになっていく話し合いには必ずグラフィックの上に「ハート」の絵が描けてきます。

しかし,多くの会議では,ハートが描けず困っていました。

みんなの思いがバラバラで,見ている方向もバラバラで。なかなか話し合いがまとまらない。共通の未来が描けてこない。議論が堂々巡りで平行線。いつまでも一体感が生まれない。とりあえず結論を出しても,参加者から納得感が得られない。そのうち立ち消えてしまうプロジェクト…。

これらはどれもグラフィックファシリテーションの観点からすると「まだハートが描けていない」状態でした。実際,わたしがそこにいたら,何かモヤモヤとしたものから抜け出せないもどかしさに「う~ん…ハートが描けてこない…」と唸っているはずです。

このような話をすると,会議の主催者やプロジェクトリーダーの方に必ず聞かれるのが「では,どうしたら会議でハートが描けますか」という質問です。

そこで今回は,そんな方たちと普段,事前にどんな打ち合わせをしているか紹介したいと思います。とにかく,ハートの絵は待っていても描けないのです。事前にどれだけ「ハートの描ける話し合いを設計するか」が鍵なのです。

ハートを描くには「暗い絵」を描かせてほしい

事前の打ち合わせで,わたしがいつも会議の主催者にお願いしているのは「<暗い絵>を描かせてほしい」ということです。

暗い絵とは,愚痴や不満や弱音といったネガティブな発言で描ける絵です。ハートを描くために,いつもわたしは「ネガティブな発言が聴こえてくるよう会議を設計してほしい」といっています。

というのも,ネガティブな発言がまったく聴こえてこずに,<明るい絵>しか描けない会議では,全然ハートが描けないからです。

ある会社の研修でのこと。その日のテーマは「会社の10年後のありたい姿」についてです。話し合いは一見,とてもうまく進んでいるように見えました。

  • 「世の中に新しい価値を提供し続けている」
  • 「お客さまに頼られる存在になっている」
  • 「グローバルな企業になっている」
  • 「オンリーワン」
  • 「ブランド力がある」
  • 「就職したい会社ランキングトップ10に入っている」
  • 「職場へ行くのが毎日楽しい」etc...

明るく前向きな発言が並びます。自然と絵巻物もそれなりに明るい絵になります。実際,その日もみなさんはその絵巻物を見て「明るくていいね」といいました。

しかし,描いているわたしにはどうも手応えが感じられません。どこか他の会議で描いたものばかり。いい絵が描けたとは思えてきませんでした。

明るく前向きな発言ばかりでは,ハートは描けてこない

グラフィックの中にハートが描ける会議では,たとえば議論をしていた社員の人たちからこんな声が聞こえてきます。

  • 「私たちにしかできないことはコレだよね」
  • 「我々の会社だからできることはコレだよね」

いろんな企業出身者が集まるプロジェクトでもそれは同じです。

  • 「われわれはこのために集まっているんだ」

ハートの絵を指差して,こうした発言も聞こえてきます。

  • 「これが私たちのDNAだ」
  • 「最近忘れかけていた大事な思い」

ハートが描けたとは,つまり,その場にいる人たちが「心からそうありたい」と思える共通のものが見つかった状態です。会議が終わった後も「そうありたい」とその人たちの行動まで変えてしまうぐらいの力があります。そして,そんなときの絵は決まって「その会社にしか描けない絵」が描けています。それはとても「個性的」ともいえる絵です。

けれどこの日の絵巻物は,社名を変えれば別の会社の企業ビジョンにも使えそうな絵。⁠個性的」とはいえませんでした。そして実際,そんな絵巻物を見ている人たちからは「どの絵もいい絵だね」という声は聴こえてきても,⁠わたしたちが目指すところはコレだよね」という声は聴こえてきませんでした。

どの絵も明るくて悪くないのだけど,⁠本当に心からそうありたい」とその会社の人たちの気持ちをかき立てる絵は絞られてこない。当然ハートの絵も描けていません。

ハートが描けない,つまり「心からそうありたい」と思える共通のものが見つからないまま,会議が進むとどうなるか。ほとんどの場合,あるとき突然ネタ切れのように会話が止まります。このときも「世の中に新しい価値を提供し続けている」その先に,どんな未来が広がるのか,具体的な話は語られてきませんでした。ハートという原動力がないので,みなさん想像力を掻き立てられてこないといった感じです。みなさん「う~ん」と腕を組んで黙ってしまいました。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入