モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第47回 その打ち合わせ「9つの表情」で見直してみませんか:絵巻物思考のススメ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

グラフィックファシリテーターやまざきゆにこです。多くの会議で共通して起きている「ちょっと困った現象 GFあるある」第三弾。今回はその対策として,⁠絵筆を持たなくてよいので)⁠頭の中で絵を描く」絵巻物思考をしてみませんか,という話です。

絵に描けない議論でみんな苦しんでいた

会議を絵にしていると「絵に描けない…」と絵筆が止まる瞬間に度々遭遇します。⁠だから議論が進まないんだ」⁠だからみんなの腹に落ちていないんだ」ということを,わたし自身,絵筆を通して初めて知りました。

その話し合いが「絵に描けない」とはどういうことか。その理由はただ1つ。⁠だれ」を描けばいいのかわからないから絵筆が止まるということです。例えば,

  • 「新しい○○機能で/新しくなった○○技術で/新しい価値を提供します」

と,言われても……,

  • それで「だれが」どう嬉しいの?
  • そもそも「だれが」どう困っているの?

と「だれがどんな表情をしているか」が思い浮かばす絵筆が止まってしまいます。

画像

わたしの絵巻物の構造はシンプルで[表情とセリフ]でできています。最多頻度で登場する表情を調べ上げて絞り込んだのが上の表「9つの表情」です。⁠絵に描けない話」とは,⁠だれが」という会話が抜けてしまっているため,こうした[表情とセリフ]まで具体的に描けないことを意味しています。

  • 「だれが」どう困っているのか。⁠Before:ネガ]
  •  ↓ そのサービスや機能で,結果として,
    ⁠だれが」どう喜ぶのか。⁠After:ポジ]

このBefore/Afterのお客さまの[表情とセリフ]が絵にならないので, そのサービスや機能(方法・手段)で何がどう解消されたのかが伝わらない。だから,営業やメンバーから「この新しい○○機能のついた新サービスで新しい価値をご提供します!」と新規提案をされても,お客さまも,社内の上司も,⁠いいね!」とは即答できない……というわけです。

絵に描けるとは[表情とセリフ]に描けるということ

「絵に描ける話」「絵に描けない話」とは何が違うのか。もう少し具体的に紹介します。

例えば,ホワイトボードに箇条書きで「人材不足」とだけ書かれた組織課題。

画像

これだけでは「だれが」どう困っているのか,絵に描けないため手が止まります。

もし,⁠人材不足」という同じ課題を抱えた,A社とB社があったとします。そのときに「だれがどう困っているのか」と問いかけられたら,全く違う返答,つまり全く違う絵が描けるはずなのです。

たとえばA社では,次のような絵が描けるかもしれません。

画像

一方,B社では次のような絵が描けるかもしれません。

画像

課題は同じ「人材不足」という四文字であっても,絵にしてみると伝わってくる情報がまったく異なるのがわかってもらえると思います。⁠だれが」という問いから「絵に描ける話」ができると,新たな問題が見えてきて,これまでと全く違う解決策まで生まれてきます。

「箇条書き」が思考を停止させている?!

もう少し実例を紹介します。多くの会議が,⁠課題」を議論するのが大好きで,よくそれを箇条書きにして,ホワイトボードに列挙しています。

下の絵は,ある組織で「なぜみんなが生き生き働けていないのか」という話し合いから書き出された課題です。

画像

このホワイトボードを眺めながら,次のような改善策が出されました。

  • 一人一人の業務を見える化する
  • 同一フォーマットは部内で共有する
  • システムをリニューアルする
    ⁠他にもいろいろ!)

そして「まずは,一人一人の業務とそれにかけている時間を記録にとって, 一人一人の業務を見える化しよう」という話になりました。

画像

しかし,メンバーからは不満続出。そもそも「仕事量が多過ぎる」という課題を抱えていたのに「さらに業務量を増やすなんて」⁠そもそも上司がメンバーの仕事を把握できていないのは職務の怠慢」といった声が上がったそうです。その結果,⁠従業員満足度はより下がってしまった」と相談を受けました。

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入