楽しい仕掛け満載のSNS型英語学習サイト「iKnow!」の魅力に迫る!

第5回 ポッドキャスト,モバイル,そして WiiでもiKnow!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回はiKnow!サイトで最近新しく公開された学習アプリケーション「BrainSpeed」,「iKnow!ポッドキャスト」,「iKnow!モバイル版」などをレポートしたいと思います。

BrainSpeedでドキドキする英語学習をしよう!

今年の1月30日に,新しく発表された学習アプリケーションBrainSpeed(ブレインスピード)ですが,これにはビックリしました。学習というよりゲームです。パソコンでもできるのですが,なんと人気のNintendo Wiiのインターネットチャンネルでもできるのです。筆者は残念ながらWiiを持ってないので,Wiiではやっていませんが,これならきっと,遊び感覚で家族や友達と楽しくできるでしょう。

BrainSpeedをWiiでする説明

BrainSpeedをWiiでする説明

脳のスピードと集中力をアップ

この新アプリBrainSpeedのキャッチコピーがいいですね。「皆さんは,ドキドキする英語学習をしたことありますか?」まさにこの言葉がBrainSpeedの説明にピッタリです。簡単に言えば,英単語の意味を選ぶ2択ゲームなのですが,とてもスピード感がありドキドキします。まさに記憶の研究を重ね,遊び心も兼ね備えた,Team iKnow!だから生まれたアプリケーションだと思います。サイトの説明によりますと,次の特徴があるようです。

  • 反射的に答えを出す力を鍛えて記憶定着を促進する
  • 英単語を視覚的に捉え,脳に潜在している記憶をゲーム感覚で呼び起こす
  • 脳のスピードと集中力をアップさせる

BrainSpeedをやってみよう!

BrainSpeedはiKnow!サイトでマイページのメインタブを選んだときに表示される,マイコース一覧画面から,希望コースの学習アプリ項目にある,BSボタンをクリックすると,別ウィンドウでアプリケーションが立ち上がります。

マイコース一覧画面

マイコース一覧画面

また,目的のコース画面を表示している状態で,学習アプリのアイコンのなかよりBSボタンをクリックすることでも起動できます。

BrainSpeedアイコン画面

BrainSpeedアイコン画面

BrainSpeedアプリの初期画面では,真ん中に大きなロゴがあり,右上のスピーカーアイコンで音を消すことができます。ロゴの左のランキングアイコンで,現在のランキングを見ることができ,右の友達を招待するアイコンで,友達に簡単に紹介メールが送れるようになっています。下に日の丸とアメリカ星条旗の国旗がありますが,星条旗アイコンをクリックするとメニューが全部英語に変わります。このあたりの細かいところがいいですね。真ん中のPlayボタンをクリックしてゲーム開始です。

BrainSpeed初期画面

BrainSpeed初期画面

BrainSpeedはスピード勝負!

やってみたらわかりますが,急いで答えを選択しないと,すぐにタイムアウトになり,何回かミスをしたり,タイムアウトになるとゲームオーバーです。出題される単語,フレーズは,iKnow!アプリやDictationで学習してきたアイテムです。最初は,こんなの英語の学習じゃないと思ってましたが,いやいや何度も同じアイテムが出てくるもんですから,復習にもなり,忘れかけていた英単語が,より記憶に定着してくれる気がします。筆者はゲーム世代ではないので,こういうスピードの要求されるゲームは得意ではありませんが,ゲーム好きの若い人ならきっとハマります。この学習ゲームで遊びながら,親から「ゲームばっかりやってないで,勉強しなさい!」と言われたら,「これ勉強や!」と言いましょう。

BrainSpeedゲーム動画

BrainSpeedで記録される数字はベストスピードとベストスコアの2つです。できるだけ速くマウスで正解をクリックし,できるだけミスなく,長い間回答を続けて,スコア更新を目標にがんばってください。ちなみに,ランキングにはとても信じられないような高スコアの人達が並んでいます。きっとすっかりBrainSpeedにハマっていると思われます。

著者プロフィール

藤野信男(ふじののぶお)

現在は滋賀県でパソコン教室を経営・講師。

国際航空貨物関連の会社を退職後,好きな英語で国際交流をするためネットで知り合った多くの外国人旅行者(数百人)に自宅をショートステイ先として提供。その後,1997年に現在のパソコン教室を開業。近年また英会話学習熱が出てきたため,仕事の合い間にLingQなどのオンライン英会話スクールや海外インターネットラジオ,そしてiKnow!などのサイトでe-Learningを楽しんでいる。今後はIT教育だけでなくPC・インターネットを使った英語教育にも力を注ぎたいと思っている。

URLhttp://ameblo.jp/nobuo2006/

コメント

コメントの記入