グルーピングで楽に覚える情報処理試験用語

第3回 電子メールで使うプロトコル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

分野

カテゴリ

テクノロジ系技術要素

ネットワーク

今や電子メール(eメール)は,コミュニケーションツールとして欠かせない存在になっています。Outlook Expressなどのメールソフトを使えば,ボタンのクリックだけで簡単にメールの送受信ができますが,その裏では様々なネットワーク技術が使われています。

ITパスポート試験や基本情報技術者試験では,メールソフトの設定画面などでよく見かけるプロトコルの名称やその機能に関する問題が出されています。

プロトコルとは?

インターネットは世界中に広がる巨大なネットワークです。全世界の人々がインターネットを共有するために,技術上の様々な約束事(通信規約)が決められており,これをプロトコルと呼びます。

このプロトコルは,インターネットに接続しているサーバどうしがやり取りを行ったり,サーバとつながっているユーザのパソコンとのやり取りなどに使われています。

メールが届く仕組み

インターネットとの接続に使われるサーバにはいくつかの種類があります。データの転送を行うFTPサーバ(エフティーピーサーバ)や,Webページを提供するWebサーバなどがありますが,メールの送信や管理・転送を行う機能を持つサーバはメールサーバといいます(1つのサーバが複数の機能を兼ね備えている場合もあります⁠⁠。

作成したメールが相手先まで送られる仕組みを図で見てみましょう。

 メールが届く仕組み

図 メールが届く仕組み

送信者がメールソフトで作成したメールを送信すると,まず自分の所属するネットワークのメールサーバが受け取ります。自宅でインターネットに接続している場合には,契約しているインターネットサービスプロバイダ(略してプロバイダと呼ばれることが多い)のメールサーバが受け取っています。

メールサーバは,送り先のアドレスを確認して,受信者のネットワークに近いサーバにメールを転送します。いくつかのサーバ間で転送されたメールは,最終的に相手が所属しているネットワークのメールサーバに送られます。

受信側のメールサーバには,ネットワークに所属しているユーザごとにメールボックスが用意されており,受け取ったメールはそれぞれのユーザのメールボックスに保存されます。受信者が受信操作を行うと,保存されたメールが受信者のコンピュータへ転送されてくるのです。

メールの送受信に使うプロトコル

メールが送信されてから受信者の手元に届くまでに何段階かの操作がありますが,ここではこれらの操作の際に使われるプロトコルを説明しましょう。

SMTP(エスエムティーピー:Simple Mail Transfer Protocol)

送信者からメールサーバへの送信,また,サーバ間のメールの転送に使われるプロトコル。

POP3(ポップスリー:Post Office Protocol version 3)

受信者が,メールサーバに保存されたメールをダウンロードして受信するためのプロトコル。

IMAP4(アイマップフォー:Internet Message Access Protocol 4)

POP3を使った受信では,メールボックスに保存されたメールがすべて受信者のパソコンにダウンロードされる。しかし,IMAP4にはメールボックスの管理機能があり,メールの件名や送信者のアドレスを見て,メールごとに受信や破棄を選択することができる。

MIME(マイム:Multipurpose Internet Mail Extensions)

画像や音声などのマルチメディアデータを添付ファイルとして電子メールと一緒に送るときなどに用いる拡張機能。MIMEに暗号化機能を持たせてセキュリティを高めたS/MIME(エスマイム)も使われている。

名前解決(DNS)の仕組み

メールの宛先を示すメールアドレスは,(アットマーク)の左側にあるユーザ名と,右側にある所属している組織(ネットワ-ク)を表すドメイン名の2つの部分でできています。

  • ユーザ名@ドメイン名

メールアドレスは,インターネットの内側では2進法(0と1)で表される数列IP(アイピー)アドレスという)で処理されています。しかし,人間には読みづらく覚えにくいため,IPアドレスの代わりにアルファベットや数字で表現するメールアドレスを使っているのです。

メールアドレスとIPアドレスとの変換を行う名前解決の仕組みをDNS(ディーエヌエス:Domain Name System)と呼び,DNSサーバがこの役割を担っています。

著者プロフィール

原山麻美子(はらやままみこ)

情報処理試験対策の書籍や雑誌等の企画・執筆・編集など,長年に渡りIT関連全般の出版に携わる。専門学校の講師や受験対策講座(ラジオ)でのアドバイザー経験もあり,受験者への具体的で細やかなアドバイスは,わかりやすくて実践的だと好評。


自動採点機能付き 問題演習ソフト DEKIDASS デキダス

おすすめ書籍

ネスペの剣 25−ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説

ネスペの剣 25−ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説

ネットワークスペシャリスト受験者に厚く支持されている過去問解説書「ネスペ」シリーズの最新版が装いを新たに登場! 合格には過去問...

平成29年度【春期】【秋期】 基本情報技術者 合格教本

平成29年度【春期】【秋期】 基本情報技術者 合格教本

ご好評いただいている基本情報技術者試験の定番テキストの改訂版です。2016年5月30日に更新された最新のシラバスVer.4に完全対応し,...

ネスペ 27 礎 -ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説

ネスペ 27 礎 -ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説

ネットワークスペシャリスト試験午後対策の定番書『ネスペ』シリーズの27年度版です。27年度試験「午後Ⅰ・午後Ⅱ」に的を...

平成28-29年度 ITパスポート 試験によくでる問題集

平成28-29年度 ITパスポート 試験によくでる問題集

最新の出題傾向からテーマ分けを行い,各テーマごとに基礎知識~典型的な出題パターンを用意し,見開きベースで問題の解説や周辺知識...

【改訂版】要点早わかり 応用情報技術者 ポケット攻略本

【改訂版】要点早わかり 応用情報技術者 ポケット攻略本

応用情報試験者試験対策本のなかでは珍しいコンパクトなサイズが好評の「ポケット攻略本」を最新のシラバスおよび試験の出題傾向に合...

お試し試験ランキング

  • dairy
  • weekly
  • monthly

dairy

  名前 回数 ポイント

weekly

  名前 回数 ポイント

monthly

  名前 回数 ポイント