IT勉強会を開催するボクらの理由

第1回 ゲーム開発者コミュニティの文化祭「ゲームコミュニティサミット(GCS)2013」はこうしてはじまった!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

IT業界では勉強会をはじめとした,有志によるコミュニティ活動が盛況です。週末には30近くの勉強会が日本各地で開催されることもあるほどです。しかし,中にはまだまだ参加するのに二の足を踏んでいる方も多いと思います。いわんやコミュニティの運営など,雲の上の話と感じられる方が大半ではないでしょうか。

そこで今回からスタートする本連載では,そうしたIT勉強会に突撃レポートし,勉強会を立ち上げたきっかけや,運営のノウハウなどについてお聞きしていきます。もっとも自分もIT業界の人間ではなく,ゲーム業界,それもデベロッパではなく,ジャーナリズム側の人間だったりします。一応NPO法人IGDA日本というゲーム開発者向けコミュニティの代表を務めていますが,はっきりいって門外漢。それだけに第三者的な視点から,コミュニティにまつわる素朴な疑問について聞いていこうと思っています。

ゲームコミュニティが一堂に会する合同勉強会

そんなわけで第1回目に取り上げるのは,自分の守備範囲であるゲーム業界から,2013年6月22日に東洋美術学校(東京都新宿区)で開催されたゲームコミュニティサミット2013です。⁠ゲーム開発者コミュニティの文化祭」を掲げて開催された合同勉強会で,2012年からスタートし,今年で第2回目。当日は約30コミュニティが集結し,最大7トラック,30セッションが開催され,約300名の参加者が集結しました。参加コミュニティもバリバリのゲーム開発系から,スクラムやアジャイル関連の勉強会,学会系,さらには福岡ゲーム産業振興機構といった行政主導の取り組みの紹介で幅が広がりました。

実は開催するまで,こんなにゲーム業界でコミュニティが存在するとは,誰も想像していなかったとの声も

実は開催するまで,こんなにゲーム業界でコミュニティが存在するとは,誰も想像していなかったとの声も

当日最も人気を集めたのは,日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)ゲームデザイン研究会の講演「開発のためのゲーム分析:手法と実例の紹介」です。海外の研究事例をベースに,ゲームデザインを客観的に分析するための手法が紹介され,100名以上の聴講者が見られました。講演者も現役のゲームデザイナーとあって,人気タイトルからの引用も多く,平易でわかりやすかった点が特徴。ゲームデザインの科学的研究は国内では遅れており,ベテラン開発者の勘と経験に多くを頼っています。それだけに参加者には非常に興味深く映ったようです。

産学連携的なセッションが見られた点も特徴でした。DiGRA JAPANでは他に講演「今からでも遅くないDigraJってこんなとこ」⁠ラウンドテーブル「ゲーム研究とゲーム開発をつなぐ」を実施し,⁠ゼビウス」の生みの親として著名な遠藤雅伸氏が議論をリード。ゲーム業界コミュニティによる講演「ゲームデザイン教育の実践」では元バンダイナムコゲームスで,パズルゲーム「もじぴったん」の生みの親である中村隆之氏が登壇。中村氏は現在,神奈川工科大学で教鞭を執っており,ゲーム開発者ならではのユニークな授業作りの一端が示されました。

この他,ゲームのちからで世界を変えよう会議や,NPO法人企業教育研究会では,ゲーム開発技術を医療や教育などの非エンタテインメント分野に応用する,シリアスゲームやゲーミフィケーションについて議論。どちらもゲーム業界以外のコミュニティによるセッションで,現場のゲーム開発者と交流する良い機会になったようです。

専門学校の教室をお借りすることで,大中小とバラエティ豊かなセッションが可能になった。終了後は新宿で懇親会を実施

画像 画像

画像 画像

画像 画像

HDIfes/UXD×開発×ゲーム 情報交換会では,今やIT業界で広く注目を集めるようになったUX(ユーザエクスペリエンス)の概念について,ゲーム開発者向けに講演。このように本勉強会では業界やコミュニティの壁を越えて,さまざまな参加者が入り乱れ,互いに刺激を与え合う場となりました。なお,終了後は特製ハンバーガーに舌鼓を打ちながら,懇親会で盛り上がったのは,言うまでもありません。

この合同勉強会の中核メンバーを担っているのが,GamePM勉強会ゲーム開発環境勉強会⁠ゲーム業界コミュニティ」NADEC⁠NPO法人IGDA日本」という5つのゲーム開発者向けコミュニティの代表です(すなわち筆者もまた,本勉強会の運営スタッフの1人というわけです)⁠いったいどんな背景で,この合同勉強会がスタートしたのか。またコミュニティ活動の意義とは何か。各代表のコメントを交えながら紹介しましょう。

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

コメント

コメントの記入