IT勉強会を開催するボクらの理由

第5回 ハイスピードで進化する技術へのアプローチを求めて ~関東Firefox OS勉強会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

IT勉強会に突撃レポートし,開始のきっかけや,運営ノウハウなどについてお聞きしていく本連載。第5回目はFirefox OS開発者向けの勉強会「関東Firefox OS勉強会」をご紹介します。2013年10月16日(水)に開催された「関東Firefox OS勉強会 4th WebAppsの陣」にお邪魔して,主催の「meco300」こと高尾安奈さんにお話を伺いました。当日は台風26号の影響が懸念されましたが,会場のGMOインターネット・セミナールームには100名近い参加者が集まり,関心の高さを感じさせました。

Firefox OSにかぎらず,幅広い分野で活動

「関東Firefox OS勉強会」は,もともとモバイル開発者向けのコミュニティモバイルクリエイターズ(仮) 」を背景に発足しました。

「モバイルクリエイターズ(仮)⁠は組込み系やモバイルの初期から活躍され,Androidの「伝道師」としても著名な,kojira氏こと近藤昭雄さんを中心に発足したコミュニティです。⁠OSやプラットフォームの違いをまとめたり,新しい技術を味見してみたり,勉強会を開催するなど,モバイルの開発者・企画者・デザイナーがここさえチェックしておけば,最新情報をキャッチアップできる場作り」というのが,そのミッション。Googleグループ上のメーリングリストで相互交流が行われ,各地で勉強会が行われています。

GMOインターネットで開催された勉強会では学生からベテランまで幅広い層が参加した

GMOインターネットで開催された勉強会では学生からベテランまで幅広い層が参加した

高尾さん自身も,もともと参加者の1人でした。⁠Firefox OSをはじめ,Tizen,SenchaTouch,UbuntuなどのスマートフォンOSが複数発表され,他にもスマートウォッチやGoogleGlassなどのウェアラブルな電子機器が増えており,そのあたりの情報が集積されるのはとても便利だと思ったからです」⁠高尾さん)⁠それが「関西で開催されるFirefox OSの勉強会に行きたい,けど遠い」と,高尾さんがTwitterで投稿したのをきっかけに,気がつけば自分が勉強会を開くことに。⁠関東Firefox OS勉強会」がスタートした瞬間でした。ウソのような本当の話です。

第4回目は「WebAppsの陣」と題して,アプリ開発のポストモータムを実施。電気通信大学の学生である@masawadaさんが「名称未設定」⁠六本木で働くソフトウェアエンジニアの@iizukak(いいづかけー)さんが「Knockout.jsを用いたFirefox OSアプリケーションの開発」⁠全文検索エンジンなどの開発を手がけたエンジニアの@unsoluble_sugar(星影さん)「Firefox OSがモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」と題して講演。加えてFirefox OSの開発元でもあるMozillaから,Mozilla Japanエバンジェリストの浅井智也さん(@dynamitter)が,新しい開発ツール「Firefox OS App Manager」について紹介しました。

なお,タイトルだけを見るとわかりませんが,ふたを開けてみると@masawadaさん,@iizukakさん,@unsoluble_sugarさんの講演は,いずれもFirefox OSでTwitterクライアントを作成するという驚きの内容。会場では「Twitterクライアントは新世代の『Hello, World』なのか?」という会話も飛び出したほどです。

幅広い項目をまんべんなくカバーするTwitterクライアントは学習素材としても優れている

幅広い項目をまんべんなくカバーするTwitterクライアントは学習素材としても優れている

確かに,Firefos OSで画面に『Hello, World』と表示させるだけなら「ホームページを作る感覚」でできるといっても,過言ではありません。内容の重複は想定外でしたが,高尾さんも「Twitterクライアントの開発は『Twitter APIの利用』⁠通信周りの制御』⁠画面の動的な制御』など,様々な処理を駆使して1つの機能が成立します。ライブラリを選択して使用するなど,実装方法も様々ですし,⁠今風』の学習に適した題材なのかなと思います」と振り返りました。

Web技術をベースとしたアプリ開発の実際

開発のアプローチも三者三様でした。@masawadaさんはStreaming APIでタイムラインを読み込み,Firefox OS向けのUIライブラリ,Building BlocksでUIを実装する手法を紹介しつつ,講演内でライブコーディングする荒技に挑戦。残念ながら起動するまでには至りませんでしたが,冒頭からアクセル全開の内容となりました。学生の講演をプロのエンジニアが傾聴していた点も,コミュニティならではの光景だったと言えるでしょう。

これに対して@iizukakさんは,MVフレームワークのKnockoutを用いたTwitterクライアントの開発手法を紹介しました。MVフレームワークを「データバインド機能を中心に,プログラムの構造化をサポートするライブラリ」と位置づけたうえで,Knockoutについて「宣言的データバインドで,動的なビュー書き換えの実装サポートを行うフレームワーク」と説明。HTMLを見ればどこの要素がいじられるのか明瞭なので,デザイナーと分業しやすく,拡張性も高いと評価しました。

実際,@iizukakさんも業務でiPhone・Android向けネイティブゲームアプリの開発に使用した経験があるそうです。Twitterクライアントの実例でも,タイムラインのリスト表示部分でKnockoutを使用したところ,⁠非常に素直に導入できた」と言います。

一方で@unsoluble_sugarさんは,ライブラリを組み合わせてTwitterクライアントを作成する手法について紹介。UIテンプレートの「FxOS Stub」⁠PINコードベースの認証を行う「jsOAuth」⁠タイムラインの表示を行う「twitter-text-js」⁠新規投稿時の文字数をカウントする「charCount.js」などを活用したと言います。またTwitterクライアントのディスプレイガイドラインに沿ったタイムスタンプを行うために,JavaScriptを整形するテクニックについても補足しました。

台風の影響をものともせず,会場には100名近い参加者が訪れ,熱気に包まれた

台風の影響をものともせず,会場には100名近い参加者が訪れ,熱気に包まれた

このように,Firefox OSは「HTML5+CSS+JavaScript」というWeb技術をベースとしており,Webアプリを作成する感覚で開発できる点が最大の魅力です。OS自体もオープンソースで開発されており,全世界でアプリ開発者が急上昇中。開発環境についても,Firefoxのアドオンとして「Firefox OS Simulator」が用意されており,端末がなくてもアプリ開発が進められます。

Firefox OS Simulator上で開発されたTwitterクライアントのデモ

Firefox OS Simulator上で開発されたTwitterクライアントのデモ

しかし,Mozilla Japanエバンジェリストの浅井さんは「Firefox OS Simulator上での開発は,もう過去の話になった」と切り出し,新たにリリースされたアプリ開発・管理環境向けアドオン「App Manager」について紹介しました。コンソール・インスペクタ・デバッガ・スタイルエディタ・プロファイラという5つの機能を持ち,スクリーンショットや自作アプリのインストール,実機の接続とデバッグなども可能。シミュレータと開発環境が分離されたことで,複数バージョンのFirefox OSシミュレータを使用することもできます。また「One more thing」として,中国メーカZTEが提供するFirefox OS搭載端末「ZTE Open」のSIMフリー版についても,実機が披露されました。

Firefox OS搭載端末「ZTE Open」を披露するMozilla Japanの浅井智也さん

画像 画像

Firefox OS搭載端末「ZTE Open」を披露するMozilla Japanの浅井智也さん

勉強会は平日夜の開催で,スタートは午後7時から。20分ずつの講演にライトニングトークという,比較的ライトなスケジュールだったにもかかわらず,内容は大変濃いものとなりました。ライトニングトークでは,新たに発足した「FxOSコードリーディング」の紹介も行われ,さらなるコミュニティの輪が拡大。終了後は浅井さんや他の参加者が持参したFirefox OS搭載端末の周りに多くの参加者が集まり,手に持って感触を試したり,講師に質問をしたり,といった光景も見られました。

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

コメント

コメントの記入