IT勉強会を開催するボクらの理由

第7回 エンジニアなら,一生学び続けるのは当たり前――社内勉強会を重視する社風から生まれたドワンゴ主催「歌舞伎座.tech」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

IT勉強会に突撃レポートし,開始のきっかけや,運営ノウハウなどについてお聞きしていく本連載。もっともこれまでは,有志による手弁当のコミュニティについてレポートを続けてきました。しかし,昨今では企業がより主体的にコミュニティ活動を支援したり,勉強会を主催する例も増えています。そこでは,自ずとコミュニティとのつきあい方や,距離感が重要になるでしょう。

そこで第7回目では「niconico」⁠ニコニコ動画)でおなじみのドワンゴが主催する勉強会「歌舞伎座.tech」をご紹介します。2013年11月14日(木)に開催された「#2」では,歌舞伎座タワー14階の同社セミナールームを会場に,⁠11/14開催なのでC++11/14のお話」と銘打って開催。100名以上のエンジニアが集まる,活気あふれた勉強会となりました。

歌舞伎座タワー内にあるドワンゴ本社大会議室にC++のエンジニア100名余が集まった

歌舞伎座タワー内にあるドワンゴ本社大会議室にC++のエンジニア100名余が集まった

C++国際標準化委員も参加した勉強会

C++は筆者がふだん取材しているような,ゲーム系の開発現場ではポピュラーな言語ですが,Web系のエンジニアにとっては,少々縁が遠い存在かもしれません。サーバ周りではPerlやRuby,クライアント周りではJavaScriptやObjective-Cなどが中心だからです。しかし勉強会を主催する@mesoこと,ドワンゴ技術コミュニケーション室室長の清水俊博さんによると,同社ではサーバなどの基幹部分で,珍しくC++を活用しているとのこと。これに開催日もかけて,C++11/14がテーマに選ばれました。

当日の司会を務めた技術コミュニケーション室室長の清水俊博さん

当日の司会を務めた技術コミュニケーション室室長の清水俊博さん

なお,⁠歌舞伎座.tech」は2013年9月25日(水)にスタートしたばかり。第1回目のテーマは「Scalaを取り巻く世界」でしたが,これも同社がプロダクト開発にScalaを積極的に活用しているから。今後はサービスのテスト手法や,DevOps(開発と運用の相互協力)などのテーマも取り上げていきたいとのことです。

閑話休題。勉強会はC++国際標準化委員会による,2人のゲスト講演から始まりました。技術系ライターで,コミュニティ「わんくま同盟」のメンバーとしても精力的に活動されているεπιστημη(えぴすてーめー)さんと,自由ソフトウェア主義者として知られ,⁠C++11参考書:C++11の文法と機能』などを執筆された江添亮さんです。

C++国際標準化委員会のゲストを迎え,会場は盛り上がった

C++国際標準化委員会のゲストを迎え,会場は盛り上がった C++国際標準化委員会のゲストを迎え,会場は盛り上がった

C++国際標準化委員会のゲストを迎え,会場は盛り上がった

επιστημηさんは「C++11 : variadic template のご紹介」と題して,C++11で追加されたvariadic templateの使用法について紹介。テンプレートパラメータパックや,ファンクションパラメータパックの展開方法,関数やクラスの使い方などを解説しました。また,ライトニングトーク枠でスマートポインタのunique_ptrに関する情報も補足されました。

江添さんは「C++14の新機能」と題して,⁠実行時サイズ配列」⁠汎用lambdaキャプチャー」など,現在も小改訂が続いているC++14の新機能と,その背景について解説しました。講演内容は2013年10月13日(日)に発行されたばかりの,C++のドラフト規格に基づくもの。文字どおり最新情報のオンパレードで,書籍などでは得られない,勉強会ならではの内容となりました。

C++は1983年にC言語の拡張版として開発が開始され,今日まで細かい改訂と標準規格化が続いています。C++11は2011年に制定された最新版で,正式名称は「ISO/IEC 14882:2011」⁠現在も小改訂が続けられ,一般的にC++14と呼称されています。しかし実際の開発現場ではまだまだ,以前のバージョンが使用されているのが現状です。そのため,両者の講演は最新情報に興味があるエンジニアには,打って付けとなったようです。

勉強会の後半では@ArcenFaustusことドワンゴの朝倉輝さんと,ドワンゴのグループ会社で,PS VitaやWii Uなどのコンソールゲーム機でniconicoのビューワ開発などを手がけるキラテスの西江みのるさんが,開発現場から見たC++11について講演しました。

講演会の後半ではドワンゴ側での事例や運営体制などが明かされた

講演会の後半ではドワンゴ側での事例や運営体制などが明かされた 講演会の後半ではドワンゴ側での事例や運営体制などが明かされた

講演会の後半ではドワンゴ側での事例や運営体制などが明かされた

朝倉さんは「C++11でのWeb開発の実情」と題して,niconicoでのC++の使われ方について解説。コメントサーバや動画配信サーバなど,速度や安定性が重視されるバックエンド部分で,C++の使用頻度が高いと言います。ただしサーバ台数が多く,すべての環境を一度に最新版にするのは難しいため,新規開発から先行してC++11が使用される傾向にあるとのこと。とくにチーム開発では開発者の足並みを揃えることが大事で,保守コストも考慮する必要があると指摘しました。

西江さんは既存のプロジェクトとの整合性を保ち,無用な混乱を避けるため,⁠自分のプロジェクトではC++11を使用していない」と切り出しました。実際,開発現場では斬新的な導入が求められるため,⁠変わった点」よりも「変わらない点」が重視されやすいと言います。そのうえで,C++03とC++11ではrevenue referenceの考え方が大きく変わったため,移行時には注意が必要だと指摘しました。

なお,勉強会は午後7時から開始され,午後8時を過ぎたあたりでピザとビールなどが登場。参加者は食べ物や飲み物を片手に,リラックスした雰囲気で聴講を続けました。当日の内容は「dwango エンジニア ブロマガ」で紹介されており,いくつかの講演については,スライドのリンクが張られています。勉強会の模様はニコニコ生放送でも配信され,来場者数で985人,コメント数で1,381件を記録しました。

勉強会の模様がニコニコ生放送で全国に配信されたのも同社ならでは

勉強会の模様がニコニコ生放送で全国に配信されたのも同社ならでは

著者プロフィール

小野憲史(おのけんじ)

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人IGDA日本)代表。ゲームジャーナリスト。3匹の猫の世話をしながら,奥さんの弁当を作って仕事に送り出す日々。

メール:ono@igda.jp
Facebook:https://www.facebook.com/kenji.ono1

コメント

コメントの記入